無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

タグ | "移住"

奄美大島初!集落プロモーション動画で暮らしの魅力を発信

一般社団法人E’more秋名のプレスリリース2019年 01月 25日

一般社団法人E’more秋名(代表理事:村上裕希、所在地:奄美大島龍郷町秋名)は、島暮らしの魅力を発信するために、集落住民の協力により、日々の様子を撮影しながら、移住ファミリー目線のストーリー仕立てで集落のプロモーションを制作し、Youtubeで公開した。 「島暮らし、奄美の日常|龍郷町 秋名・幾里集落PV」 https://youtu.be/aqcJIqJEiQQ 国指定重要無形民俗文...

詳細をみる

「自分にとって大切なことは何?」 茨城県の高校生が首都圏在住の大人と語り合う これからの「キャリア教育 x 地域」プログラムを 茨城県つくば市で2019年1月に実施

一般社団法人社会創発塾 イノライブのプレスリリース2018年 12月 24日

2018年 12月 23日(日曜日) 一般社団法人社会創発塾のプロジェクト、イノライブ(以下、「イノライブ」)は、茨城県のトライアル移住・二地域居住推進プロジェクトの事業の一環として、1月19日、20日に「キャリア教育 x 地域」をテーマにしたイベントをつくばで実施します。茨城の学生が首都圏在住の大人と「自分にとって大切なことは何か?」を共に語り合うことで、自分のキ...

詳細をみる

災害危険度による住居地域の再考についてnoteに掲載

柴田英寿のプレスリリース2018年 11月 10日

我々は利便性を求めて低地に住んでいるが、一般に低地は災害リスクが高い。災害脅威が高まる中、住居地域を再考する必要があるのではないか。 我々はどこに住むべきか? 低災害リスク地への移住についての問題提起を見てみましょう。 https://goo.gl/6WY9pk 地震は地球のヘルニアか。ハリケーンは地球の花粉症か。米国カリフォルニア州の広範囲な山火事は地球のアトピーか。...

詳細をみる

西田尚美が考える、つぎの暮らし。 住宅・インテリア電子雑誌『マドリーム』Vol.22公開 いまの居心地が、つぎの自分らしさ 「移り住まう」

株式会社ブランジスタのプレスリリース2018年 10月 23日

無料で読める電子雑誌を発行する株式会社ブランジスタ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:岩本恵了、証券コード:6176)は、本日、西田尚美さんが表紙の、住宅・インテリア電子雑誌「マドリーム(https://madream.jp)」Vol.22を公開いたしました。 ■ 暮らしスタイルマガジン「マドリーム」 https://madream.jp/  「マドリーム」は、20代後半~40代の男女に向けて暮ら...

詳細をみる

“壱岐島を、ハートで感じる数日間”仕事体験プログラム『恋する島インターン』がスタート ~ゲストハウス運営サポートやテレワークセンターでのノマド起業家体験を通じて、自然豊かな壱岐島で暮らす魅力を体感、移住を促進~

株式会社オンユアマークのプレスリリース2018年 08月 23日

壱岐市生涯活躍のまち推進協議会(会長:白川博一(壱岐市長))は、福岡などから移り住んだ人や壱岐に住まう市民が、生きがいを持ち、生涯を通じて健康で活躍できる“生涯活躍のまち(壱岐市版CCRC)”を推進しています。このたび、移住促進の取り組みの一つとして、仕事体験プログラム『恋する島インターン』を実施します。 協議会が2016年に壱岐市への帰省客・観光客を対象...

詳細をみる

"おせっかいな おっぱい都市"のPR・移住Fair「HIKARism2018~ひかり住む~」を東京都で開催!!

山口県光市のプレスリリース2018年 06月 14日

 首都圏において本市の魅力や特性を発信し、知名度の向上を図るために東京都台東区においてPR・移住フェアを開催します。  当日は、主に本市出身者で構成され、「光市の住み良さ」と「都会の利便性」の双方を認識する「ふるさと光の会」や、光市へ移住された方にもご協力いただき、様々なニーズやライフスタイルに合わせた移住の提案を行います。  また、会場に光市特産...

詳細をみる

秋田県八峰町がお試し移住ツアー参加者を募集 ~寒さバイバイ!あったか~いリフォーム体験~

秋田県八峰町役場企画財政課地域おこし協力隊のプレスリリース2018年 01月 09日

秋田県八峰町は、先輩移住者や地元住民と協力して、移住後の暮らしについて考えることができ、町の魅力を感じられるプログラムを提案する「第6回お試し移住ツアー」の参加者を募集しています。 このツアーは、参加者が、八峰町への移住を考えるきっかけづくりとなることを目的として実施いたします。 <ツアー概要> 【ツアー内容】  ☆寒さ対策おしゃれリフォーム体験 ☆秋...

詳細をみる

竹富町のテレワーク加速へ 日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」と業務提携

株式会社ブルー・オーシャン沖縄のプレスリリース2017年 12月 19日

竹富町のテレワーク加速へ 日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」と業務提携 ~人材育成から業務受託のワンストップ就業サイクルを実現~ 株式会社ブルー・オーシャン沖縄(本社:沖縄県那覇市 代表取締役社長:岩見学 以下「当社」)は、同社が推進する「竹富町移住応援プロジェクト」において、国内最大規模でクラウドソーシングサービスを提供する株式会...

詳細をみる

移住のリアルを語らナイト!いいことも、そうでないことも伝える、移住先輩による本音トーク

氷見市IJU応援センターみらいエンジンのプレスリリース2017年 11月 19日

地方移住がちょっとしたブームになりつつある昨今、様々なメディアやイベントで地方移住の魅力が取り上げられています。 「都会の喧騒やしがらみから離れて悠々自適な生活」 「安い家賃に大きな家」 「大自然に囲まれてスローライフ」 これらは確かに地方の暮らしの魅力。 ですが、住み慣れた土地を離れて暮らすには未知の部分が沢山あります。それは、決して良いことばかり...

詳細をみる

暮らしの体感ツーリズム LOCAL LIFE in HIMI

氷見市IJU応援センターみらいエンジンのプレスリリース2017年 11月 05日

-イベントコンセプト- 氷見市は富山県の北西部、能登半島の付け根に位置する人口約5万人のまちです。定置網漁で栄えた漁師町を中心に、三方を山に囲まれ、いくつもある谷を流れる川沿いには数多くの里山集落があります。この場所に息づく長い歴史と文化の中に若くて新しい息吹を吹き込んでいきたい、先人に敬意を表しつつ新しい時代の新しい文化を皆さんと一緒につくってい...

詳細をみる

人口1000人の里山にJターン女性が 日本初の短期集中型製菓学校を開校

クレーム・エ・メティエのプレスリリース2017年 10月 12日

■「3ヶ月間」「60万円」で、プロ向けのフランス菓子技術が学べる。 ■生徒は作ったお菓子の販売もでき、SNS活用でほぼ連日完売している。 ■校舎は空き倉庫をリノベーションして活用。 東京・新宿で10年間カフェ・焼き菓子工房を主宰し、100人以上の生徒を指導してきた加藤みどり(代官山イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ師範資格/フランス・イッサンジョー国立製菓学校 ...

詳細をみる

伊豆市移住体験ツアー「伊豆市の暮らし方」開催! 11月11日・12日

伊豆市移住情報センター9izu(クイズ)のプレスリリース2017年 09月 28日

今年も伊豆市移住体験ツアー「伊豆市の暮らし方」を開催します!! 開催日:2017年11月11日(土)・12日(日)の2日間 (※同行程。どちらかにご参加ください。) 内容: ●伊豆市でのリアルな暮らし方 ●子育てや学校について、生活費秘話 ●市内空家見学ツアー ●JA「農の駅伊豆」で地場産品をお買い物 …など 対象:伊豆市への移住をお考えの方・伊豆市に興味のある方 定員:各日10名...

詳細をみる

北海道で2番目に少ない村「空き家活用コンペ」開催(改修補助金最大300万円)

一般社団法人ホームタウン総合デザインセンターのプレスリリース2017年 09月 26日

北海道で2番目に人口の少ない村、神恵内村。 2016年の「神恵内村DIYがっしゅく」に続いて、 空き家改修補助金3/4補助(最大300万円)が交付される空き家活用コンペを開催。 それに先立ち、まだ見ぬお宝『神恵内空き家“貸します”見学ツアー』を 10月1日(日)14時に実施いたします。【別日程でも随時受付中】 昨年度、家族連れや若年層にご好評頂きました「神恵内村DIYがっ...

詳細をみる

旭川市で親子を対象にした移住モニターツアーを8月下旬に開催

旭川市地域おこし協力隊のプレスリリース2017年 06月 13日

旭川市では、移住推進のために、自然豊かな環境での子育てを考えている親子を対象に「夏休み親子移住体験モニターツアー」を開催します。開催期間は8月28日から29日の一泊二日で、旭川市郊外の小中学校、旭山動物園、農業体験、農家レストランでの料理などを見学・体験します。また先輩移住者から旭川での生活や教育環境についての話を聞きます。 概要は下記の通りです。 主...

詳細をみる

月別掲載数

お知らせ