無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

タグ | "狂言"

やっとかめ文化祭2020、”怪談”に関する伝統芸能を名古屋能楽堂などで上演

やっとかめ文化祭実行委員会のプレスリリース2020年 10月 26日

今年で8回目となる「やっとかめ文化祭」は、名古屋の伝統芸能や歴史・文化に焦点を当て、これらを楽しみ、学び、体験することを通して、その価値に気づいてもらうことを目的としたイベントです。 伝統芸能の舞台上演を行う「芸どころ名古屋舞台」のプログラムは、”怪談”に関する狂言・能や日本舞踊を、常設の能楽堂として日本一の規模を誇る名古屋能楽堂で上演。また”怪談”...

詳細をみる

「名古屋」にまつわる伝統芸能をオンラインで配信、名古屋にまつわる伝統芸能、狂言、ストリート歌舞伎、講談、尾張万歳、名古屋甚句、筝曲

やっとかめ文化祭事務局のプレスリリース2020年 10月 16日

今年で8回目となる「やっとかめ文化祭」は、名古屋の伝統芸能や歴史・文化に焦点を当て、これらを楽しみ、学び、体験することを通して、その価値に気づいてもらうことを目的としたイベントです。 今年はコロナ対策に配慮し、「名古屋」にまつわる伝統芸能を上演する「芸どころまちなか披露」のほとんどのプログラムをオンライン配信します。 地元名古屋の狂言共同社による狂...

詳細をみる

1300年前に作られた高田寺の秘仏、旧国宝・重要文化財の薬師如来像が開創1300年を記念して御開帳

日本の伝統文化をつなぐ実行委員会のプレスリリース2020年 01月 29日

今から1300年前の奈良時代720年に行基によって創基されたと言われる、北名古屋市の醫王山高田寺(いおうさんこうでんじ)。創基当時の作とされる薬師如来像(旧国宝、重要文化財)は、「見る人の心によって変わる」と言われる慈愛に満ちた表情や、生命力を感じさせる衣の表現が特長です。1300年前から人々を魅了し続けてきた薬師如来像は、普段は秘仏とされていますが、開創...

詳細をみる

「お殿さまが見た狂言 三田藩主も楽しんだ日本の伝統芸能」開催のお知らせ(7月3日(日)三田市総合文化センター郷の音ホール小ホール)

能楽と郷土を知る会のプレスリリース2016年 06月 01日

能楽と郷土を知る会(事務所:兵庫県三田市 代表:朝原広基)は、「お殿さまが見た狂言」を平成28年7月3日(日)に、三田市総合文化センター(郷の音ホール)小ホールにて催しますことをお知らせいたします。 お殿さまが見た狂言チラシ_… 「お殿さまが見た狂言」は、江戸時代の十代三田藩主・九鬼隆国(くき たかくに)が、祖父である元八代藩主・九鬼隆邑(くき...

詳細をみる

日本初上陸、フランス発コミックサーカスと狂言のおもしろビジュアルショー「Melanger ! めらんじぇ!」 奇抜斬新でしかもクセになる、ジャグリングも圧巻。

Atelier OGA.のプレスリリース2015年 01月 28日

東京公演補助席追加決定 の アヴィニョン演劇祭「コミック&サーカス部門」グランプリ獲得の フランスのコミックサーカス「ウサギ食べるズ」と 日本の伝統芸能 狂言の抱腹絶倒 コラボレーション。 「 Melanger! めらんじぇ!  」 めらんじぇ=フランス語でごちゃまぜ 象あり馬あり珍鳥ありの茶番ショー、狂言に小踊り、バレエにジャグリング、 インチキ魔術や少々ロックな...

詳細をみる


月別掲載数

お知らせ