無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

タグ | "作文コンクール"

【2017年の年末報告】日中国交正常化45周年、日本僑報社の刊行書籍

日本僑報社のプレスリリース2017年 12月 26日

【2017年の年末報告】日中国交正常化45周年、日本僑報社の刊行書籍 2017年、日本僑報社から刊行された書籍は、全25点を数えました。これは弊社の年間刊行数の中でも、2015年(26点)、2016年(25点)に並び、過去最多レベルの出版点数となります。 日中国交正常化45周年の節目の年にあたる今年、これを記念する書籍も数多く刊行されました。2017年の書籍を以下の通り、項目...

詳細をみる

世界101人の入賞作品集『「日本」って、どんな国?』が刊行決定!

日本僑報社のプレスリリース2017年 08月 23日

世界101人の入賞作品集『「日本」って、どんな国?』が刊行決定! 【日本僑報社発】日本僑報社はこのほど、初の「日本語作文コンクール」世界大会の入賞作品集『「日本」って、どんな国?』を刊行することを決定した。10月に発売予定。編著者は、国際交流研究所(東京・江東区)の大森和夫・弘子夫妻。 大森夫妻は同研究所設立以来29年にわたり、手作りの日本語教材「季刊誌...

詳細をみる

【日本語作文コンクール】重複応募、他文献からの盗用を固く禁じます―注意事項を追加発表

日本僑報社のプレスリリース2017年 05月 09日

【日本語作文コンクール】重複応募、他文献からの盗用を固く禁じます―注意事項 【日本僑報社発】日本僑報社・日中交流研究所が主催する第13回「中国人の日本語作文コンクール」は5月8日、作品応募の受付がスタートしました(締切:5月31日必着のこと)。  以下の注意事項を厳守の上、どしどしご応募ください。  よろしくお願いいたします。 【注意事項】 ① 応募作品は...

詳細をみる

第12回中国人の日本語作文コンクール応募作品集計と園丁賞発表!

日本僑報社のプレスリリース2016年 06月 16日

第12回中国人の日本語作文コンクール応募作品集計と園丁賞発表! 【日本僑報社発】日本僑報社は6月15日、今年の第12回「中国人の日本語作文コンクール」(主催:日本僑報社・日中交流研究所)の応募作品集計と、団体応募作品数が50本以上の学校に贈られる「園丁賞」受賞者名簿を発表した。 今回の日本語作文コンクールでは、日本に留学経験のない中国人学生を対象として、...

詳細をみる

11名の受賞者が安田奨学財団奨学生の選考に合格!中国人の日本語作文コンクール

日本僑報社のプレスリリース2016年 05月 18日

11名の受賞者が安田奨学財団奨学生の選考に合格! 第11回の最優秀賞受賞者張晨雨さんも 【日本僑報社発】日本僑報社・日中交流研究所が主催し、2015年に開催した第11回「中国人の日本語作文コンクール」で最優秀賞(日本大使賞)を受賞した張晨雨さん(現在、山東政法学院4年)がこのほど、公益財団法人 安田奨学財団(安田隆夫理事長)の2015年度奨学生の選考に合格した。...

詳細をみる

日本僑報社 第11回中国人の日本語作文コンクール優秀指導教師賞と指導教師努力賞を発表!

日本僑報社のプレスリリース2015年 10月 22日

日本僑報社 第11回中国人の日本語作文コンクール優秀指導教師賞と指導教師努力賞を発表! 第11回「中国人の日本語作文コンクール」では、今回の開催から優れた日本語指導教師を表彰する「優秀指導教師賞」「指導教師努力賞」をそれぞれ創設、この度、両賞の受賞者をそれぞれ発表した。 ※ 第11回「中国人の日本語作文コンクール」優秀指導教師賞 http://duan.jp/jp/201571.h...

詳細をみる

日本僑報社編集長 木寺昌人駐中国日本大使と面会、「作文コンクール」の途中経過報告で

日本僑報社のプレスリリース2015年 09月 05日

日本僑報社編集長 木寺昌人駐中国日本大使と面会、「作文コンクール」の途中経過報告で 【日本僑報社発】北京国際ブックフェアに出席するため、北京を訪れた日本僑報社(段躍中編集長)一行は8月28日正午、北京の駐中国日本大使公邸を訪問、木寺昌人大使夫妻と面会した。 今年第11回を迎えた日本僑報社・日中交流研究所主催「中国人の日本語作文コンクール」の後援機関の...

詳細をみる

第十回「中国人の日本語作文コンクール」園丁賞発表 史上最多の4133本

日本僑報社のプレスリリース2014年 06月 20日

6月19日、日本僑報社・日中交流研究所は第十回「中国人の日本語作文コンクール」の園丁賞を発表した。今回は50本以上の作文を寄せた大学(学院)38校(前回は23校)が受賞した。 日本僑報社・日中交流研究所が主催し、日本外務省、在中国日本国大使館などが後援、株式会社ドン・キホーテと朝日新聞社、東芝国際交流財団が協賛する今回の日本語作文コンクールのテーマは、「A...

詳細をみる

多数の行政機関、団体が「第10回中国人の日本語作文コンクール」を支援

日本僑報社のプレスリリース2014年 03月 07日

3月7日、文化庁から「第10回中国人の日本語作文コンクール」に対する後援名義使用の許可書類が日本僑報社に届いた。同コンクールにはこれまでにも、外務省、在中国日本国大使館など行政関係機関だけでなく、日中友好議員連盟、公益財団法人日中友好会館、一般財団法人日中経済協会、日本中国文化交流協会など、著名な日中関連団体からも後援名義使用の許可が得られている。...

詳細をみる

第10回「中国人の日本語作文コンクール」応募作品を募集中!

日本僑報社のプレスリリース2014年 02月 25日

 日本僑報社・日中交流研究所は、今年で第10回を迎える「中国人の日本語作文コンクール」を開催するにあたり、日本への留学経験のない中国人学生を対象にした日本語作文を大募集しています。  すでに「募集要項」でお伝えした通り、今回のテーマは2つあります。1つ目が「ACGと私――なぜ中国の若者が日本のアニメ・漫画・ゲームに魅かれるか」、2つ目が「公共マナーと...

詳細をみる

日本と仲良く、中国若者の思い 『中国人の心を動かした「日本力」』 好評を博す

日本僑報社のプレスリリース2014年 02月 24日

 日本僑報社がこのほど刊行した『中国人の心を動かした「日本力」―日本人も知らない感動エピソード―』が好評を博している。  本書は、2013年で第9回を迎えた「中国人の日本語作文コンクール」(日本僑報社・日中交流研究所主催)の受賞作品集。日中関係の対立が深刻化しているにもかかわらず、集まった応募作は、前年比約1割増となる2938本に上った。本書では、その上位...

詳細をみる

第10回中国人の日本語作文コンクール募集要項発表

日本僑報社のプレスリリース2014年 01月 17日

1月15日、日本僑報社・日中交流研究所は今年の「中国人の日本語作文コンクール」の実施要領と募集要項を発表した。10回目を迎えた今回は、近年の日中関係を考慮した上で、なおかつ両国の相互理解を深めるものをとして「ACGと私――なぜ中国の若者が日本のアニメ・漫画・ゲームに魅かれるか」「公共マナーと中国人――国際会社で活躍する中国人に求められる公共マナーとは」とい...

詳細をみる

第9回「中国人の日本語作文コンクール」授賞式が北京で開催

日本僑報社のプレスリリース2013年 12月 14日

日本僑報社・日中交流研究所が主催する「第9回中国人の日本語作文コンクール」入賞者の授賞式・日本語スピーチ大会が12日、北京にある日本国大使館大ホールで行われた。挨拶に立った在中国日本大使館の木寺昌人大使は、日本語を学ぶ中国人学生に対し、両国の友情をつなぐ架け橋になって欲しいと激励した。 最優秀賞である日本大使賞は国際関係学院の李敏さんの作品「カルタ...

詳細をみる


月別掲載数

お知らせ