無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

タグ | "パフォーマンス"

アップデイトダンス No.63「マネキン 人形論」

有限会社カラスのプレスリリース2019年 06月 01日

______________________________________ 僕の見知らぬ青白い蝋のような手は、伸ばした天使の手のひらのようだった。 光り輝く絵、他人の手の下から出来上がるような絵、染み入るような色と影。 次の瞬間目を開けると、色は消え全てが灰色の濃淡でしかなかった。 形があやふやで不毛な倦怠の時代、思い出をカンナで削り取り磨き上げ...

詳細をみる

アップデイトダンス No.62「青い記録」

有限会社カラスのプレスリリース2019年 05月 11日

実は我々は記憶ではなく記録しつづける身体で生きている 曖昧な記憶より明瞭な無数の忘れ去られた記録 身体記録を知る時だ 光の裏側  無数の記録こそ生命の営み  影に輝く闇 記憶の真っ赤な白い嘘 生き生きとした青い記録 【公演名】アップデイトダンス No.62「青い記録」 【演出・照明・出演】 勅使川原三郎 【会場】カラス・アパラタス/B2 ホール 〒167-0051東京都杉...

詳細をみる

「シナモン」

有限会社カラスのプレスリリース2019年 04月 06日

「シナモン」  ー言葉の破片による動体彫刻ー ブルーノ・シュルツの短編「肉桂色の店」を元に 2016年に創作したダンス作品の再演 構成・振付・演出・美術・照明・衣装:勅使川原三郎 出演:勅使川原三郎 佐東利穂子 村山恵実子 日時:2019年 5月2日(木) 19:30 5月3日(金) 19:30 5月4日(土) 19:30 5月5日(日) 16:00 5月6日(月) 16:00 *全日祝日 *客席開場は開演の15分前 *...

詳細をみる

アップデイトダンスNo.61「泉」

有限会社カラスのプレスリリース2019年 03月 12日

佐東利穂子 初振付作品 「泉」 春 湧き出る無数の輪郭は一つの姿 雪解けの雫が落ちる泉 佐東利穂子 【演出 照明 出演】 佐東利穂子 【会場】カラス・アパラタス/B2 ホール 〒167-0051東京都杉並区荻窪5-11-15 F1/B1/B2 【料金】一般 / 予約 3,000 円[当日 3,500 円] 学生 / 2,000 円 (予約当日共に) 【予約】予約フォーム:https://www.secure-cloud.jp/sf/1551363271ioTsq...

詳細をみる

PORT of CALL Daikanyama Art Gallery Opening Party

EVERGREENのプレスリリース2019年 03月 07日

Cafe & Storeのライフスタイルショップ、ポートオブコールは3/16より2Fギャラリーをオープン。アーティストShinjiro Tanakaがニューヨークで30日の間、毎日路上でのゲリラパフォーマンスをして描かれた絵画を展示します。当日は6pmより本人によるライブパフォーマンスもあります。どうぞご友人をお誘いの上お越し下さい! Shinjiro Tanaka https://www.shinjirotanaka.c...

詳細をみる

櫻井郁也ダンスソロ新作公演『トラ・ラ・ラ』 2019年4/6〜7開催

ダンスアートユニット《櫻井郁也/十字舎房》のプレスリリース2019年 02月 20日

ソロダンスの追求者・櫻井郁也による新たな挑戦。現代に充満する不安や狂気からこみあげてくる衝動やイメージの断片が無秩序に溢れる黙示録的ダンス。ラディカルな世界観とともに展開される研ぎ澄まされた肉体表現が、刺激的なダンス空間を発生させる。櫻井は舞踏のパイオニアの一人である笠井叡に師事したダンサー・振付家で、ポルトガルやルクセンブルクなどの海外招聘や...

詳細をみる

アップデイトダンス No.60「平均律」

有限会社カラスのプレスリリース2019年 02月 20日

「平均律」 バッハのピアノ曲「平均律クラヴィーア曲集」の 壮大な曲目の中からダンスのために 15曲を抜粋しました。 ピアノの純粋音楽が私たちを様々な境地に導き、 澄んだ何かと溶け合う。くっきりとした謎、 きらめく音の結晶は身体をダンスにします。喜び。 勅使川原三郎 【演出 照明】勅使川原三郎 【出演】勅使川原三郎 佐東利穂子 【会 場】カラス・アパラタス/B2 ホ...

詳細をみる

アップデイトダンスNo.59「白痴」

有限会社カラスのプレスリリース2019年 02月 04日

ドストエフスキーの「白痴」から変容したダンス作品「白痴」は、人間の内深くに照射する光によって見える困惑する生の実体である。そこにある静けさは生のふるえ、あるいは冬の凍てついた大地にのぼる一筋の煙。  勅使川原三郎 ———————————————————————————————— 去年につづき今年も「白痴」の上演です。昨秋のパリ公演で大きな成功をおさめた際の鳴り止まぬ拍手がいまだに...

詳細をみる

芸劇 dance 勅使川原三郎『月に憑かれたピエロ』『ロスト・イン・ダンス―抒情組曲―』

有限会社カラスのプレスリリース2018年 11月 24日

        詩情あふれる無調性な音楽世界、       美しく奇妙なダンスによる叫びとささやき 愛、生と死、暴力と音楽、月、道化、声、声、美しくゆがむ身体、、           終わらない奇妙な生が響き、        月とダンスにとり憑かれた終わらない死                          勅使川原三郎 演出・振付・照明・美術:勅使...

詳細をみる

アップデイトダンスNo.55「読書」

有限会社カラスのプレスリリース2018年 10月 17日

「読書」 本を開く 文字を黙って読む 本の世界に入る 読むのを止め顔を 上げると沈黙が現実を包む 静寂から本に戻る 文字の世界が動き 読むのを止める その世界が止まると同時に別の世界が遠くで微か に揺れ 音楽が聴こえ あなたの声が聴こえてくる 勅使川原三郎 【演出 照明】勅使川原三郎 【出演】佐東利穂子 【会 場】カラス・アパラタス/B2ホール 〒167-005...

詳細をみる

「月に憑かれたピエロ」「ロスト・イン・ダンス-抒情組曲-」

有限会社カラスのプレスリリース2018年 10月 02日

月とダンスにとり憑かれた生と死 ダンス作品「月に憑かれたピエロ」はアーノルド・シェーンベルク作曲の同名曲によって構成。 マリアンヌ・プスールの類のない美しく恐れさえも抱かせる強烈な歌唱と 勅使川原三郎と佐東利穂子の激しくも繊細に制御された究極のダンス。超現実的な世界があらわになるミュージックシアター。 同時上演の「ロスト・イン・ダンス」は「ダンスに...

詳細をみる

アップデイトダンスNo.54「幻」 カラス アパラタス 6周年記念

有限会社カラスのプレスリリース2018年 08月 18日

勅使川原三郎と佐東利穂子の活動拠点である東京、荻窪のカラス・アパラタスは今夏6年目に入りました。 6周年を記念した公演の第二弾は勅使川原と佐東のデュエット作品です。 常に新作を上演し、芸術家の現在に触れることのできるアップデイトダンスシリーズ公演にぜひご注目ください。 アップデイトダンス No.54「幻」 演出 構成 出演 勅使川原三郎 出演 佐東利穂子 2018 ...

詳細をみる

勅使川原三郎+KARAS ダンス公演

有限会社カラスのプレスリリース2018年 05月 24日

アップデイトダンスシリーズNo.52「白痴」 【今秋、パリ シャイヨー劇場、フェスティバル ドートンヌ招聘公演、注目と期待!】 ドストエフスキーの「白痴」から変容したダンス作品「白痴」は、 人間の内深くに照射する光によって見える困惑する生の実体である。 そこにある静けさは生のふるえる音響、あるいは冬の凍てついた大地に のぼる一筋の煙。           ...

詳細をみる

初のコラボ演劇公演、両団体代表が2人体制で脚本演出を手掛けます!

空降る飴玉社✖️勝手にユニットBOYCOTTのプレスリリース2018年 05月 18日

『スパゲティ・ヒーロー』  原案   :ODA(空降る飴玉社)  脚本・演出:加藤 薫(空降る飴玉社)        坂口 弘樹(勝手にユニットBOYCOTT) 「何をやっても冴えない」が代名詞の男子高校生【富士見 一志】は、同じクラスの【青砥 逢夢】に片想いをしている。富士見は、幼馴染の【辻 紬実】から、近所の神社が、実は縁結びの神社であることを聞き、願い札に願い事...

詳細をみる

月別掲載数

お知らせ