無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

タグ | "テクノロジー"

ケアとテクノロジー -人間らしい思いやりの技術-

一般財団法人 たんぽぽの家のプレスリリース2017年 12月 07日

『ケアとテクノロジー』 ー人間らしい思いやりの技術ー  ロボットなどの「テクノロジー」と、これからの「ケア」について語りあうフォーラムを開催します!    思いやりや気づかいに溢れているはずの家庭や福祉施設の中で、不安や虐待は増えつづけ、ケアの現場から“ 人間らしさ”が奪われています。「支える- 支えられる」という作業的な人間関係だけでは、複雑な感情の...

詳細をみる

最先端の演出企業の秘密に迫る2週間

株式会社テルミックのプレスリリース2017年 07月 25日

TELMIC Néoは2017年8月12日より最大で2週間のインターンシップを開催いたします。 テルミックでも初となる中期インターンシップは、新規市場への男乳に向けての様々な企画提案や、製品開発における製作・プログラミング体験から、実際の設置・オペレーションまで幅広い内容となっています。様々な職種が体験できるため、進路に悩む学生から意欲的な学生まで様々な層をターゲ...

詳細をみる

【池上高志氏・追加講演決定!ウェブサイエンス研究会 オープンセミナーvol.5を6月16日(金)に開催!】

ウェブサイエンス研究会のプレスリリース2017年 06月 06日

池上高志氏(東京大学 教授/ウェブサイエンス研究会 顧問)の講演が決定しました! ウェブサイエンス研究会 オープンセミナーvol.5を6月16日(金)に定員40名で開催します。 「ライフスタイル×テクノロジー」について熱い議論を交わしますので、ぜひご来場ください。 ▽参加申し込みはコチラからお願いします! https://goo.gl/forms/JAz9fpKmIh1h7i0v1 ウェブが生まれて30...

詳細をみる

企業上層部向け特別イベント「常に進化を続ける企業を目指して 〜時代の流れをつかむ〜」開催のお知らせ

NCB Lab.のプレスリリース2017年 05月 11日

21世紀に入ってからも、ビジネスは加速し続けています。 新たなIT技術が生まれ、業務効率を劇的に変えていくなかで、従来のスタイルや既存のシステムが足かせになってはいないでしょうか。 多様化する消費者のニーズに応え続けるためには、古い思考システムや昔ながらのアプローチを捨てなければなりません。 本イベントでは、新しい技術をうまく取り入れ、時代の流れに順応...

詳細をみる

TECH PARTY 〜2016年を締めくくる忘年会イベント開催!〜

アローサル・テクノロジー株式会社のプレスリリース2016年 11月 05日

TECH PARTY 2016年を締める忘年会イベントを開催! ====== こんな方にオススメ! ====== 最新技術やプロダクトを持っている企業と交流したい方! 2017年の技術動向や新しい技術情報をキャッチアップしたい方! IT業界の方々とつながりたい方! とりあえず飲みたい方! ====== 募 集 ====== 一緒に共同開催してくださる企業や協賛企業を募集しております! また、30秒ピッチ...

詳細をみる

小学校でのプログラミング授業の導入、「必要」と感じている親は48.4%。子どもが将来プログラマーになる「賛成」は55.4%。VSNが【子どものプログラミング学習に関する調査】を発表

株式会社VSNのプレスリリース2016年 09月 23日

エンジニア人材サービスの株式会社VSN(本社: 東京都港区、代表取締役社長: 川崎 健一郎)は、小学生以下の子どもを持つ10~40代の男女を対象に、「子どものプログラミング学習に関する意識調査」を実施しました。 調査手法はインターネットリサーチ。 計2,706名から回答を得ました。 ■小学校での「プログラミング授業」、約半数が“必要”と感じている。 理由は「テクノロ...

詳細をみる

立体映像を組み合わせた新しい3DプリンタMiragePrinter

慶應義塾大学のプレスリリース2016年 08月 01日

今回、私どもの開発した新しい3DプリンタMiragePrinterを、 海外の学会(SIGGRAPH2016)で正式発表いたしました。 ■タイトル:立体映像を組み合わせた、新しい3Dプリンター MiragePrinter ■動画:https://www.youtube.com/watch?v=zuEHdAGEybU ■要約:MiragePrinterは、立体映像を組み合わせた新しい3Dプリンターです。3Dプリンタの中に立体映像ディスプレイを配置することで...

詳細をみる

風で動く地雷除去ボール「マイン・カフォン」の後継にドローンを使用した新バージョンが登場

Hassani Design BV/Mine Kafon Foundationのプレスリリース2016年 07月 20日

現在世界には100万発以上の地雷が埋められており、それにより毎日10人以上が負傷または死亡しています。この現状を打破するため、アフガニスタン系オランダ人デザイナー、マスード・ハッサニは、新たにドローンを搭載した無人地雷除去装置「マイン・カフォン・ドローン」を開発しました。 この装置は、地雷原のマッピング、地雷の探知、爆破という3段階を自律して行うため...

詳細をみる

【湘南T-SITEで開催】Apple Design:人々を魅了し世界を変えた、デザインの裏側に迫る -林信行 × 太刀川瑛弼-

KOTO PLANNINGのプレスリリース2016年 06月 29日

多くの人を引きつけて止まないアップル製品のデザイン。 何故、他社はアップルのようなものづくりができないのか。 彼らの製品の、どこが優れているのか。 そして、アップルのような強大な勝者がいる中で、他社はどうデザインを手掛けたらいいのか……。これからのデザインを考える特別対談イベントを、湘南T-SITEにて開催します。 出演は、アップル社上級副社長...

詳細をみる

創刊100周年を記念し、電子版を一新

株式会社日刊工業新聞社のプレスリリース2015年 11月 09日

2015年11月9日 報道関係者各位 株式会社日刊工業新聞社 日刊工業新聞創刊100周年を記念し、「日刊工業新聞電子版」を一新  株式会社日刊工業新聞社(代表取締役社長:井水 治博、本社:東京都中央区)は、既存の日刊工業新聞の3サイト(注1)を統合し、会員制のビジネスニュースサイト「日刊工業新聞 電子版」(htp://www.nikkan.co.jp/)として一新することをお知らせい...

詳細をみる

HRテクノロジーコンソーシアム(LeBAC)は「HRビッグデータが変える採用と組織マネジメントの未来」をテーマ

HRテクノロジーコンソーシアム(LeBAC)のプレスリリース2015年 11月 01日

人事・教育分野におけるテクノロジー活用やデータ分析結果を経営に活かすことを推進する団体「HRテクノロジー コンソーシアム(LeBAC)」のワーキングループである「人事・教育ビッグデータ分析WG」では、2015年11月17日 (火)19:00pm~金沢工業大学大学院・虎ノ門キャンパス人事、HR関係者向けにオープンセミナーを開催します。 2015年11月17日(火)19:00pm~人事・教育...

詳細をみる

【2020年のオフィス像を公開!】オフィス家具メーカーのイトーキが考える、2020年の働き方。「OFFICE VISION 2020」を公開しました。

株式会社イトーキのプレスリリース2015年 09月 10日

株式会社イトーキは、2020年のオフィスや働き方について、プロジェクトチームを作り独自に調査研究。 現時点での成果を、公式サイトにて『OFFICE VISION2020』(http://www.itoki.jp/special/125/vision2020/)として公開しています。 ————— ▼コンテンツ名称:OFFICE VISION 2020(オフィスビジョン 2020) URL:http://www.itoki.jp/special...

詳細をみる

道具に振り回されるな! 「使える」ICTを研究・運用するプロジェクト「教室×ICT実践会」をスタート

株式会社ソーシップのプレスリリース2015年 07月 08日

道具に振り回されるな! 「使える」ICTを研究・運用するプロジェクト「教室×ICT実践会」をスタート 株式会社ソーシップ(本社:神奈川県横浜市青葉区、代表取締役:谷本一樹)は、同社を幹事とするプロジェクト「教室×ICT実践会」を2015年7月8日(水)よりスタートさせます。本プロジェクトは、教室の主役である先生と生徒をサポートするため、真に教室で「使える」サービス...

詳細をみる

デジタルビジネス革新&変革アプローチ「D-bit」サービスの提供開始

ビジネスイノベーションハブ株式会社のプレスリリース2015年 07月 08日

ビジネスイノベーションハブ株式会社(所在地:東京都練馬区、代表取締役:白井和康)は、デジタルビジネスモデルによるイノベーションの実践的かつシステマチックなアプローチ「D-bit(デービット): Digital Business Innovation & Transformation」のサービス提供を開始いたします。 【背景】 近年、テクノロジーを活用したビジネスモデルの革新や変革、新たな価値創...

詳細をみる

月別掲載数

お知らせ