無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

タグ | "まちづくり"

ビジネスと持続可能な地域づくりを両立する新事業創出支援サービスの提供開始 共生循環型のまちづくりによる新事業創出モデル-BtoP(Business to Public)model-

ボノ株式会社のプレスリリース2020年 07月 10日

全国の自治体や企業とともに新しい事業の創造やソーシャルデザインを行うボノ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:横山貴敏)と官公庁や全国の自治体の政策立案・展開や企業と連携した新事業創出のコンサルテーションを行う株式会社クレメンティア(本社:東京都千代田区、代表取締役 荒尾裕子)が業務提携を行いましたのでお知らせいたします。 ■概要と背景  新型...

詳細をみる

第1回勉強会「コロナ対策 自治体最前線!」

一般社団法人日本GR協会のプレスリリース2020年 06月 10日

(一社)日本GR協会は、第1回勉強会を6月19日18時よりオンラインで無料で開催いたします! ※配信用URLは当日までにお申し込みいただいた方にご連絡いたします。 このほど、地域課題解決のための良質で戦略的な官民連携の手法であるGR(ガバメント・リレーションズ)の必要性を広め、事例を学び、プレーヤーが繋がる場を作るために、(一社)日本GR協会を設立しました...

詳細をみる

「みんなの想火」 東京オリンピック前夜、【竹あかり】を通じて日本と世界を繋げ!! 2月22日(土)メディア関係者向けプロジェクト発表会を開催

みんなの想火実行委員会のプレスリリース2020年 02月 19日

2020年7月23日オリンピック前夜の全国47都道府県【竹あかり】一斉点灯を通じた、 サスティナブルな次世代のまちづくりのコミュニティ醸成プロジェクトが始動します! <「みんなの想火(そうか)」 プロジェクトとは> 「みんなの想火」プロジェクトは、2020年7月23日、東京オリンピック開催前夜に、全国47都道府県の各リーダー「47サムライ」 が一斉に「竹あかり」 を点灯...

詳細をみる

「自分のお店を開きたい」を今ここで!熊谷初の空き家を リノベーションしたシェアキッチンデンクマルが2/1にOPEN!

シェアキッチン デンクマルのプレスリリース2020年 02月 01日

「飲食店営業」の許可を取得したシェアキッチンです。食品衛生責任者の資格があれば、登録後すぐに自分のお店をオープンできます。 初期投資なく、始められ、独立の準備が可能! →すでに揃っているキッチン、厨房設備、食器、カトラリー 、Wifiなどの利用が自由です。共有SNSで広告も可能です。 空いた時間でも、お店が持てる! →1時間、半日からの利用や、決まった曜日での利...

詳細をみる

東大生と手賀沼のコラボ社会実験「ヌマベ・ビラキ」開催。 湖畔に子供と遊んで学べるアクティビティが集結! 特設ウッドテラスやSUP体験、遊覧船も。

手賀沼アグリビジネスパーク事業推進協議会のプレスリリース2019年 10月 10日

千葉県の柏・我孫子両市にまたがり、都市部に近いながら雄大な自然を有する手賀沼。その水際すぐの環境(=”ヌマベ”)を遊びと学びのフィールドに転換する社会実験イベント「ヌマベ・ビラキ」が、11/3(日)、4(祝)の二日間にわたって開催される。同イベントは東京大学都市デザイン研究室の学生たちが中心となって企画しており、主に子連れやママ世代をターゲットとした10...

詳細をみる

『アーツアンドスナック運動』 上野〜湯島に点在する空きスナックを活かした 歓楽街回遊型アーツイベント初開催

アーツアンドスナック運動実行委員会のプレスリリース2019年 09月 02日

上野から湯島地域にまたがる池之端仲町エリアで、点在する空きスナックを活かした“歓楽街回遊型のアーツイベント『第1回アーツアンドスナック運動-池之端仲町をひらく二日間-』が、2019年9月20・21日に開催されます。界隈が本来持つ文化性や歴史性を、スナックの居抜きスペースなどの独特な空間で、来街者に楽しんでもらおうと企画される初の試みとなります。 江戸時代から...

詳細をみる

発達障害分野で初!日本福祉のまちづくり学会「市民活動賞」受賞

熊本県発達障害当事者会Little bit(リルビット)のプレスリリース2019年 07月 28日

熊本県発達障害当事者会 Little bit(以下当会と称す)は、派生団体であるNPO法人凸凹ライフデザインと、協力団体である「障害児者相談支援事業所発達協働センターよりみち」(以下に団体と称す)と共に、「日本福祉のまちづくり学会」が認定する「第10回市民活動賞」の受賞が決定いたしました! 以下、「日本福祉のまちづくり学会」市民活動賞の説明 http://www.fukumachi....

詳細をみる

震災を自分事にする…設定は大震災後の東京 「復興まちづくりキャンプ2019」開催

復興まちづくりキャンプ2019実行委員会のプレスリリース2019年 06月 27日

 震災の時、避難場所になる公園に、仮設住宅に見立てたテントを張り、 200人が暮らす。こんな社会実験が 7 月 13 日から 3 日間、小金井の都立小金井公 園で行われる。  設定は大震災後の東京。避難所・仮設暮らしを疑似体験し、復興に思いを巡らす。被災者向けの住宅、仮設店舗・診療所・集会所などの仮設の「街」をつ くり、災害時のコミュニティのあり方を考えようとの...

詳細をみる

「みやざき魅力再発見体験」インクルシーブなまちづくり

株式会社インクルシーブデザイン・ソリューションズのプレスリリース2019年 01月 23日

障害者や高齢者と健常者が共につくる商品開発や新規事業開発。このインクルシーブデザイン・ワークショップという手法を使って、来たる2月4日(月)に宮崎県庁企業局県電ホールにて「みやざき魅力再発見体験ワークショップ」を開催いたします。特徴は、リードユーザとして活躍している視覚障害者や車椅子ユーザーなど5名が参加すること。リードユーザの観光(web検索・旅の計画...

詳細をみる

山口県の川棚と長崎県の川棚を結ぶイベント「川棚はさみっと」

GAYUのプレスリリース2018年 10月 25日

瓦そばや温泉で有名な山口県の川棚、 そして長崎県佐世保市の隣にも緑と海の川棚町がある。 どちらも海と山の自然に囲まれ温泉があり、 川棚小学校、川棚饅頭という同名の学校や名産がある。 JRの駅名も川棚駅と川棚温泉駅。 それだけでも驚きだけどお隣の駅名まで読み方こそ違うが小串駅。 このふたつの川棚を結び町を賑やかにしよいうというマルシェが 11月10日(土)11日...

詳細をみる

日常から防災意識を高め、災害に強いまちづくりを推進。 進化した「かまどベンチ」など防災ファニチャーを大幅リニューアル

株式会社コトブキのプレスリリース2018年 09月 21日

株式会社コトブキ(本社:東京都港区、代表取締役社長:深澤幸郎、以下:コトブキ)は、新型「かまどベンチ」「トイレスツール」などより使いやすくなった「防災ファニチャー」を発売し、2018年12月中旬(一部2019年1月)より出荷を開始いたします。合わせて、新カタログ「まちの防災家具 コトブキの防災ファニチャー」を発行いたします。   災害への備えの一つとして、身...

詳細をみる

歴史的な景観のまちで「歩く」楽しみを演出する、「和サイン」を新発売

株式会社コトブキのプレスリリース2018年 09月 13日

株式会社コトブキ(本社:東京都港区、代表取締役社長:深澤幸郎、以下:コトブキ)は、歴史的景観に調和し、趣のあるまち歩きの観光シーンを演出する、日本らしい意匠を取り入れた新製品「和サイン」を発売します。 合わせて、「まち歩き」を意識したこれからの観光地のサイン計画をご提案する新カタログ「コトブキの観光サイン」を発行いたします。   観光立国元年と言わ...

詳細をみる

田舎リノベスクールin邑南町

NPO法人住環境デザイン協会のプレスリリース2018年 08月 10日

10月 田舎リノベスクールin邑南町を開催します 日時 2018年10月6日(土)~10月8日(祝・月) 会場 島根県邑南町 いこいの村しまね   (島根県邑智郡邑南町高水2467-10) 主催 島根県邑南町 協力 NPO法人住環境デザイン協会 参加費 無料(ただし宿泊費や交通費、食費などは自己負担) 募集期間 2018年8月1日~8月31日 邑南町は人々が心豊かに暮らせる木のまちづくり、...

詳細をみる

大型アートの保存庫MASK「Open Storage 2018―思考する収蔵庫―」開催

一般財団法人 おおさか創造千島財団のプレスリリース2018年 08月 10日

:::::::::::::::::::::: MASK [MEGA ART STORAGE KITAKAGAYA] Open Storage 2018 -思考する収蔵庫- 2018年10月6日(土)~8日(月・祝)、11月11日(日) http://www.chishimatochi.info/found/mask/ :::::::::::::::::::: 約1,000m²の元鋼材加工工場・倉庫を活用した「MASK ( MEGA ART STORAGE KITAKAGAYA)」で保管する大型現代アート作品の一般公開「Open Storage 2018...

詳細をみる

月別掲載数

お知らせ