無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

最新STEM教育教材「プラダンロボット」シリーズ 気軽に、安くロボット作りやプログラミングが学べます。

埼玉大学STEM教育研究センターのプレスリリース2016年 08月 31日

2016年8月31日(水)
報道関係各位
埼玉大学STEM教育研究センター
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プラダンロボットを提供開始
- プラダンロボットはプラスチックダンボールを用いて作るお手軽なロボット教材です。また埼玉大学STEM教育研究センター開発のマイコンボード「STEM Du」を使ってコントロールすることで初心者から上級者までプログラミングやロボット作りを学習することができます。 -
http://www.stem-edulab.org/htdocs/?page_id=144
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
教育実践研究を手掛ける、埼玉大学STEM教育研究センター(所在地:埼玉県さいたま市、代表:野村泰朗)は、プラダンロボットを、2016年8月31日(水)より提供開始します。
■プラダンロボット
http://www.stem-edulab.org/htdocs/?page_id=144

【背景】
現在、多くのロボット作りの教材・プログラミングの教材が開発されています。ただブロックで説明書通りに組み立てて説明書通りに動かすということで完結してしまうものが多いように感じます。またそういった教材は導入にコストがかかるという点で問題があると思います。そこで実際に説明書通りに作らなくても自分で素材を加工して「いい感じ」に作ることで動かすことのできる、それゆえに工夫しろがたくさんあるという点、また導入コストをなるべく抑えることを目的として「プラダンロボット教材」を開発しました。

【製品・サービスの概要】
プラダンロボットはプラスチックダンボールを用いて作るお手軽なロボット教材です。また埼玉大学STEM教育研究センター開発のマイコンボード「STEM Du」を使ってコントロールすることで初心者から上級者までプログラミングやロボット作りを学習することができます。

<3つの特長>
1:身近な材料で手軽にロボット作りができる。
ロボットのボディはホームセンターなどでも購入できるプラスチックダンボールを使用します。それをハサミやカッターで加工し、両面テープで貼り付ける。そうやってお手軽に作ったものにモーターとコントローラーを取り付けること簡単にロボットルクリに取り組めます。
2:PCなしでもプログラミングの学習ができる。
PCがない環境でもコントローラーの画面とボタンでプログラミングができる環境を準備しています。もちろんPCを使ったプログラミング環境も準備しております。ブロックを使って行う簡単なものと本格的なC++でのプログラミングが行えます。
3:安価にロボット学習が行える。
プラダンロボットシリーズではロボットのボディを身近な素材を使うことで10,000円前後でロボット・プログラミング学習に取り組めます。センサーなどを追加することでより本格的なロボット作りにも挑戦できます。

【今後の展望】
現在。ライントレースロボット、サッカーロボット、宇宙エレベーター、二足歩行ロボット、4足歩行ロボットのシリーズが開発されています。今後さらに3Dプリンターで出力したパーツを組み合わせたりしながらさらにシリーズを増やしていきます。(4足歩行ロボットで一度実施)またそれぞれのシリーズをパッケージ化しワークショップの実施などを通して普及を目指します。

【埼玉大学STEM教育研究センターについて】
本社:〒338-0825 埼玉県さいたま市桜区下大久保255
代表者:代表 野村泰朗
事務局:小山

ジャンル
商品・サービス
業界
教育・資格・人材
掲載日
2016年 08月 31日
タグ
教育 ものづくり ロボット プログラミング教育 STEM

月別掲載数

お知らせ