無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

9月1日に「晴耕雨読のある暮らし」をコンセプトとした、 つくばみらい市初の農家民宿をオープンします

合同会社フロンティアファームのプレスリリース2016年 08月 03日

合同会社フロンティアファームは、2016年9月1日に茨城県つくばみらい市に築約50年の空き家となっていた農家住宅をセルフリノベーションし、農家民宿をオープンいたします。

■農家民宿オープンの背景
代表社員の中玉利が市役所勤務時代に感じた、これから縮小社会を迎える上で必要となってくることを広く一般の人に身につけてもらうための施設として、農家民宿をオープンします。

■農家民宿の特徴
都心から1時間程度で訪れられる静かな農村にて、手軽に農作業や農村の暮らしが体験できます。図書室には約10,000冊を蔵書予定(現時点では約2,000冊)

■インターネット上での資金調達について
クラウドファンディングサイト、CAMPFIRE×Tsukubaにて、8月31日まで、支援を募っています。
URL: https://local.camp-fire.jp/projects/view/6883

■オープンファーム&オープン古民家(宿泊、食事無料)
8月1日〜8月31日までの期間、広く一般の方に施設を体験いただくことで、様々なフィードバックをもらい、オープン後の施設運営に活かしていきます。

■農家民宿の概要
名称:農家民宿 南 
住所:〒300-2404 茨城県つくばみらい市南2135

問い合わせ
企業名:合同会社フロンティアファーム 
担当者:中玉利
TEL:070-5370-3394
Email:s-nakatamari@frontierfarm.co.jp
URL: http://frontierfarm.co.jp/

ジャンル
商品・サービス
業界
ホテル・レジャー
掲載日
2016年 08月 03日
タグ
農村 地方 農家民宿 晴耕雨読

月別掲載数

お知らせ