無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

プロジェクションマッピング国際コンペ開催 エントリー受付中!!優勝賞金100万円!

一般財団法人 プロジェクションマッピング協会のプレスリリース2016年 07月 26日

2012年に神奈川県で始まったこのプロジェクションマッピング国際コンペティションは、昨年よ
り新潟市に場所を移し、5日間で約47,000人の観客を集める大きな盛り上がりを見せました。
昨年度は世界15の国と地域から42のエントリーが寄せられ、その中から最終選考に選ばれた
16のファイナリスト作品を上映。世界レベルのプロジェクションマッピングが多くの人々を魅了し
ました。昨年度受賞作品はグランプリがマカオ、準グランプリがメキシコ、3位はブラジルという
結果となり、今年度は日本人のグランプリ、そして上位入賞があるのかにも注目が集まります!

・コンペのご案内→http://www.projection-mapping.jp/?p=1952
・昨年のにいがた☆MINATOPIKA ダイジェスト→https://youtu.be/eBcC0sw4itg

☆グランプリ賞金は100万円☆
本年度は「DOOR」というテーマで、1分~1分59秒以内の作品を募集しています。
用意された映像制作用のフォーマットを用いて、世界共通条件で制作し、
実際のプロジェクションマッピング投影をして審査、グランプリ~3位、その他の賞を決定します。
本年度のグランプリには、100万円の賞金がPMAJやスポンサー企業から送られるほか、
翌年度のゲスト作家として次回開催地への招待と、作品制作がオファーされます。

◆◇◆◇国際コンペの実施概要◆◇◆◇
企画名:1minute projection mapping 2016 in にいがた☆MINATOPIKA
開催日:2016年9月16日(金)~19日(月・祝)の4日間
プレス関係者向け試写会9/15(木)公開審査会、表彰式:9/19(月・祝)
開催時間:18時30分~21時
会場:新潟市歴史博物館 みなとぴあ
主催:にいがた☆MINATOPIKA2016開催実行委員会
企画:(一財)プロジェクションマッピング協会
応募作品のテーマ:DOOR
募集映像の長さ:1分~1分59秒
応募期間:エントリー:7月末日 、ファイナリスト発表:8月末
上映作品数:コンペ作品10~16、ゲスト作品2~3
      1回の全体上映時間:約40~45分程度
ゲスト作家①:BORDOS ArtWorks(ハンガリー)
ゲスト作家②:Neba Studio(マカオ昨年度グランプリ)
来場者予定:50,000~70,000人

◆・◇・◆・◇世界のトップクリエイターや業界の有識者による公開審査を実施◆・◇・◆・◇
ハンガリーのBordos ArtWorks氏をゲスト作家、審査員として招聘!

○ Bordos ArtWorks
ブタペストを拠点に活動するCGクリエイター、VJ、アートディレクター。
世界のプロジェクションマッピング業界を牽引してきた一人で、様々なプロジェクションマッピングの
国際コンペで審査員も務めている。

○ 杉山知之
87年よりMITメディア・ラボ客員研究員として3年間活動。
日本初の株式会社立「デジタルハリウッド大学院」を開学。
現在、同大学の学長そして、デジタルハリウッド学校長を務めている。

○ Neba Studio
昨年度グランプリ受賞チーム。
マカオで活動するメディアアートの製作会社で、プロジェクション・マッピング、インターラクティブアート、
アニメーション、VFXやテレビCMなどを手がけている。セントポール大聖堂や中国家屋のような有名な景観を利用した
幾つかのプロジェクション・マッピングをマカオ市でおこなってきている。

=======総合演出・企画・プロデュース=========

石多 未知行(総合演出、プロデュース)
プロジェクションマッピング協会 代表クリエイティブディレクター、空間演出家、東京芸術大学非常勤講師映像を使った空間演出を
多数手がけ、プロジェクションマッピング協会を立ち上げるなど、日本のプロジェクションマッピング業界を牽引してきた一人。
イギリスを拠点にヨーロッパで活躍していた時期もあり、世界のフェスティバルや国内外のトップクリエイターとの交流も多く、
世界を知るクリエイター、ディレクター、そしてプロデューサーとして、世界レベルのクリエイションを日本で育む活動も展開している。

一般財団法人 プロジェクションマッピング協会とは…
2010年に神奈川県の逗子市でプロジェクションマッピングを実施し、そのプロジェクトのクリエイターメンバーを
中心に立ち上げ。2012年に一般財団法人化し、国内外の様々なクリエイターや技術者とネットワークしながら
大小様々なプロジェクトを多数手がけてきている。
プロジェクションマッピング技術の普及啓発、人材育成など、業界の広がりを作ってきている。

ジャンル
イベント
業界
出版・アート・カルチャー
掲載日
2016年 07月 26日
タグ
新潟 プロジェクションマッピング projection mapping 3Dプロジェクションマッピング 国際コンペ

月別掲載数

お知らせ