無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

福岡市動物園を支援する三好不動産がはな子に3年目のプレゼント

株式会社三好不動産のプレスリリース2016年 07月 14日

福岡都市圏に賃貸店舗「スマイルプラザ」を18店展開する株式会社三好不動産(福岡市:代表取締役社長 三好修)は、昨年より始めた「福岡市動物園の動物サポーター」として3年目の支援を行うこととなりました。
三好不動産のシンボルキャラクターである「ゾウ」にちなんで、アジアゾウの「はな子」(メス・推定45 歳)を引き続き応援いたします。

今年のはな子へのプレゼントは特製「ごはん箱」。いままではな子のごはんタイムは、草を直接地面に敷いて、好物のフルーツやイモ類等と一緒に食べていました。しかし野生では通常地面の上に餌はなく、比較的高い場所の餌をつかみとることが多いのです。なるべく自然界に近い形で、はな子に餌を食べてもらい、子供たちにも自然に近い姿を見てもらいたいという思いから比較的高い位置に「ごはん箱」を設置、贈ることにしました。

そして今年も、子どもたちをキッズゲスト(ご来賓)として招き、贈呈セレモニーを行います。
セレモニー終了後はキッズゲストに、はな子の寝室だけでなく他の動物の生活をバックヤードから見学できるツアーを開催。これは一般初公開となります。
夏休み最初の土曜日、子どもたちにとって大きな思い出になればと考えています。

<三好不動産から福岡市動物園への支援内容>
1. フィーダー(ごはん箱)
   本来の野生のゾウは地面に置かれたものではなく、高所など自力で探したエサを採食しています。今回のフィーダーは、エンリッチメントと言われる「動物福祉」の立場から、飼育環境をより自然環境に近づけるために設置するもので、はな子が高い場所にあるごはん箱から採食することで、飽きがこなかったり、運動になります。
また、高い場所に置くことにより、今まで見えなかった、はな子の口元をみることができます。
一見、はな子にとって食べにくいように思いますが、はな子にとっても、はな子に会いに来た子どもたちにとっても、楽しい時間を共有できるものと言えます。

<『はな子サポート 贈呈式』概要>

【日時】平成28年7月23日(土)10:00開始
【場所】福岡市動物園 ゾウ舎

【問い合わせ先】
株式会社三好不動産 TEL092-725-5000
担当:川口 :携帯:080ー5523ー2030  e-Mail :keiko-kawaguchi@miyoshi.co.jp
斉藤 :携帯:080ー1530ー9565  e-mail :saito-hiroshi@miyoshi.co.jp

ジャンル
イベント
業界
建設・住宅・空間デザイン
掲載日
2016年 07月 14日
タグ
社会貢献 動物 動物園 福岡市 ゾウ

月別掲載数

お知らせ