無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

Open Storage 2016 ー見せる収蔵庫ー

一般財団法人おおさか創造千島財団のプレスリリース2016年 07月 08日

一般財団法人おおさか創造千島財団は、広さ約1,000㎡・高さ9mの鋼材加工工場・倉庫跡地を活用した「MASK(MEGA ART STORAGE KITAKAGAYA)」で保管する大型現代アート作品の一般公開「Open Storage 2016」を、9月2日(金)から19日(月・祝)まで実施いたします。

3度目の一般公開となる本年は、北加賀屋にある工場跡2会場にて、メインアーティスト・やなぎみわによる《『日輪の翼』上演のための移動舞台車》展示・公演と共に、国際的に活躍する現代美術作家6名の作品展示を開催致します。

MASK収蔵作品である《『日輪の翼』上演のための移動舞台車》は、展開時には高さ約10メートルになる台湾製デコトラで、トランスフォームをしながらきらびやかなステージが現れる、車両型の大型美術作品です。会場は、名村造船所大阪工場跡地。天空を舞うサーカスパフォーマーや、ポールダンサーが次々に登場する台湾式ステージトレーラーでの野外演劇は、近隣の工場地帯の風景をも取り込み、非日常のスペクタクルな体験をもたらします。

また、昨年好評を博した対話型鑑賞プログラムを今年度も実施いたします。

圧倒的な存在感と、我々の想像を凌駕する作品で埋め尽くされる収蔵庫へ、是非この機会に足をお運びください。

【開催概要】

参加作家:やなぎみわ、宇治野宗輝、金氏徹平、久保田弘成、名和晃平、ヤノベケンジ

【プログラム1】「Open Storage2016」一般公開 @MASK

【日時】2016年9月2日(金)~19日(月・祝) 金土日祝のみ、計10日間

【開場時間】12:00-18:00 ※イベント・プログラム開催時は変動、最終日は17:00まで

【会場】MASK ( MEGA ART STORAGE KITAKAGAYA ) 大阪市住之江区北加賀屋5-4-48

【入場料】無料

【プログラム2】 『日輪の翼』大阪公演@クリエイティブセンター大阪  やなぎみわ 収蔵作品関連パフォーマンス

【日時】2016年9月2日(金)、3日(土)、4日(日) 3公演

【開演】18:30 ※開場は開演の30分前

【会場】名村造船所跡地 クリエイティブセンター大阪 (大阪市住之江区北加賀屋4-1-55)

※プログラム1の会場より徒歩5分

【入場料】前売3,000円、当日3,500円 ▼全席自由/入場整理番号付き

【チケット予約】6月1日よりe+(イープラス)にて販売開始 

で検索

パソコン・スマートフォン等から予約購入の上、配送またはファミリーマート、セブンイレブンにてお受取りください(販売は前日まで)。

【プログラム3】 対話型作品鑑賞プログラム

 対話型鑑賞ツアー「アートになんでやねん?!」+鑑賞ガイドブック配布

【日時】9月10日(土)、11日(日)各日12時 未就学児(3歳~6歳)向け/14時 小学生向け/16時 大人向け 各回約45分

【会場】MASK ( MEGA ART STORAGE KITAKAGAYA ) 大阪市住之江区北加賀屋5-4-48

【入場料】無料 (定員あり、事前申し込み制)

(プログラム監修)京都造形芸術大学アートプロデュース学科、アート・コミュニケーション研究センター

主催/企画 :一般財団法人おおさか創造千島財団

企画協力・キュレーター:木ノ下智恵子

協力:京都造形芸術大学ウルトラファクトリー、SANDWICH

助成:芸術文化振興基金、大阪市、公益財団法人 朝日新聞文化財団

ジャンル
イベント
業界
出版・アート・カルチャー
掲載日
2016年 07月 08日
タグ
パフォーマンス 現代アート 野外演劇 ポールダンス 工場跡

月別掲載数

お知らせ