無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

「スタ誕」で あの山口百恵を破り優勝! 異色の経歴を持つ地元経営者が『再デビュー』

アイネットグループ(株式会社アイネットコーポレーション)のプレスリリース2016年 03月 04日

地元近江を振り向かせてみたい!30年の沈黙を破り再デビュー
「岩田純明」(当時すみあきくん)は青春時代を、スタ誕で脚光を浴びフォークソングを謳歌し、近江の国に帰郷(滋賀県)。その後、約30年間、芸能活動を封印し会社を起こしました(滋賀県彦根市:株式会社ディスプレイアトム)。現在、店舗内装・看板などの会社や飲食店舗36店舗を運営する会社3社を経営しています。(株式会社アイネットコーポレーション・株式会社シーズダイニング)※いづれも滋賀県彦根市。
「岩田純明」の歌は自分の生まれ育った故郷の歌が多い。本作も地元滋賀を歌っています。岩田は昨今の世相・音楽の類似性の中で昭和に生きた団塊の世代が欲している「昭和の匂い・昭和に忘れ失ってきたモノ」を思い返す楽曲「近江の国の子守唄」と「夏の風」を3月1日発表しました。
「思い出してくださいセピア色の昭和の時代を・・・」
今回発売の『近江の国の子守唄』は岩田が少年時代に住んでいた故郷で、母子が理由は定かではないが父親の実家に子供を引き取られ 母・子 離れ離れになって暮らす事になった姿を見ており、いつも母親が子守唄を歌っていた事を子供心に深く刻まれていて、その事がきっかけで作った歌です。岩田はできればこの歌で得られるものがあれば母子家庭の皆さんに少しでも役立てればと考えています。是非、御社で取上げて頂ければ幸いです。
岩田純明(いわたすみあき)とは
1950年8月31日(現65歳)、滋賀県彦根市生まれ。
1972年12月31日スター誕生第5回優勝
1973年5月25日青山音楽事務所より自作 作詞作曲 「満員電車」「あの頃は」でデビュー
1974年アニメ「ダメおやじ」OP、作詞・作曲、他数曲
1984年店舗内装・看板の会社を起業
2006年飲食事業の会社を起業、現在に至る。
デビューより約6年間、テレビ・ラジオなどで音楽活動。他、作詞作曲作品では「ぜいたくな青春」「それでも生きている」など多数存在する。
収録曲「近江の国の子守唄」は、1963年〜1985年NHK「あなたのメロディー」の採用曲。

ジャンル
キャンペーン
業界
芸能
掲載日
2016年 03月 04日
タグ
レストラン ご当地 滋賀 地元密着 元アイドル

月別掲載数

お知らせ