無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

毎曜日朝昼晩と、1週間で21の表情がたのしめる “タイムシェアカフェ” が京都にオープン!

株式会社A-CONのプレスリリース2016年 02月 22日

このたび、株式会社 A-CON(所在地:京都市上京区烏丸通今出川下ル観三橘 町562 熙春堂ビル3F/代表取締役:谷原秀紀)が、高野川沿いの古いアパ ートの一室をリノベートし、タイムシェアスタイルのユニークなカフェ「リバーサイドカフェ」をオープンします。

「リバーサイドカフェ」は、築約 40 年の古いアパートの 1 室を全面リノベー トして誕生した、小さなカフェ。京都では、町家再生が注目される昨今ですが、 昭和の時代に建築された古ビルの問題も、平行して解決していきたい街の課題です。A-CON では、このような時代背景を鑑み、「Not scrap&build, but stock&shere(ノット・スクラップ&ビルド・バット・ストック&シェア)」 の発想のもと、ヴィンテージビルのあたらしい解釈として、アパート = 暮らす「だけじゃない」、住むことが誇りとなり、訪れる人たちと豊かな時間を紡ぐた めの、美味して楽しいコミュニティスペースを設けました。

▶わたしらしさ、21 世紀らしいはたらき方にトライする、実験場

「リバーサイドカフェ」は、週に1度だけ、自分のアイディアでカフェや食堂、 バーやレストランを運営できる “タイムシェア” スタイル。1枠あたり ¥2,000~4,000程度の低賃料で自分のお店を持つことができる、いわば人生 や料理、働き方の「実験場」。「いつかお店を出したいけど今はまだ準備が足りない、自信がない」という方のチャレンジも大歓迎。店長には、年齢も経験も問いません。「長崎・五島列島の焼酎とうどん」「地元で料理人だった父親のレシピを再現したカレー」「低音熱風焙煎のこだわりコーヒー」「京都近郊のオ ーガニック野菜を使った料理」「イタリア星付きレストランで修行した店長が作 るナポリ発祥のピッツァの原型」など、大学生からカメラマンまで、店主たちの多彩な顔ぶれに加え、メニューも実にユニーク! アパートに暮らす人たちは、その実験を、いちばん近くでワクワクしながら見届けることができます。

▶カフェ管理人が常駐して、店主たちのトライアルをサポート

カフェに併設するブースに管理人が常駐して、日替わり店主をサポート。ご近所さんやアパートの住人、ほかの曜日にまたがるお客さんの縁つなぎに尽力します。また、このブースはリサイクルショップ「ブリッジ」として開かれてお り、誰かにとって不要となった衣料や本などを、必要な別の誰かへと循環させ るストック&シェアの取り組みを行います。

▶料理だけでなく、学びや出会いも味わえるコミュニティスペースです

「リバーサイドカフェ」では、学びをきっかけにまちづくりを推進するNPO法人「京都カラスマ大学」(代表:高橋マキ)とともに「左京まちの縁側学科」 を設立。世代や肩書を問わず、誰でも気軽に参加できるワークショップや講座を通して、より多くの市民がカフェと関わりながら、「Not scrap & build, but stock & shere」の発想にもとづく、21世紀らしい暮らし方とはたらき方、 場のあり方を考える時間を紡ぎます。集う人の発想や行動により、若々しく軽やかで、豊かなコミュニティが生まれる場になることを願っています。

店舗名:Riverside cafe(リバーサイドカフェ)
開店日:2016 年1月 27 日(水)
営業時間:7:00~11:00、11:00~17:00、17:00~23:00(曜日により多 少変動)
所在地:京都市左京区高野蓼原町 25 リバーサイドハイツ 1F 奥
メール:riversidecafe@a-con.jp
facebook ページ:http://www.facebook.com/riversidecafe.KYOTO
Instagram:@river_side_cafe

リバーサイドカフェ管理人:もちき
E-mail:riversidecafe@a-con.jp

ジャンル
商品・サービス
業界
建設・住宅・空間デザイン
掲載日
2016年 02月 22日
タグ
コミュニティ 京都 カフェ シェア リノベート

月別掲載数

お知らせ