無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ・最短5分のスピード配信

超高速8Kマルチストリーム画像編集用ストレージを発

コンピュータ ダイナミックス株式会社のプレスリリース2016年 02月 17日

平成28年2月16日
第360号

超高速8Kマルチストリーム画像編集用ストレージを発売

RAID製品、バックアップ製品等ストレージ・ソリューションを33年提供しているコンピュータダイナミックス株式会社(〒169-0073東京都新宿区百人町1-21-23/代表取締役:坂本寛/資本金2,700万円)は画像編集用ストレージ 仮想ストレージの新製品CDS-SVM6844D/6854Dの販売を開始します。

CDS-SVM6844D/6854Dの最大の特徴は、従来機器の2倍以上の 12,000MB/sの読み込み、5,700MB/sの書き込みが可能で、8K非圧縮映像の編集用として使用できることです。

CDS-SVM6844D/6854D は、8Kスーパーハイビジョンの超高精細映像のマルチストリームだけでなく、最も高精度な映画用8K映像編集の高フレームレートのシステムに使用することができます。
CDS-SVM6800シリーズでは、ハイブリッド・フラッシュを使った仮想化機能を標準搭載し、高速SSDと汎用HDDを組み合わせ、高速性と大容量の両方を提供することが出来ます。従来、異なる仕様の複数の専用ストレージ- 高速画像編集用、大容量コンテンツの格納用 – に格納することや、高価なソフトウエアを用いるといったことなく、1台のストレージ装置で両方の機能を満たすことができます。

CDS-SVM6844D/6854Dの特長は以下になります。
○ 超高速シーケンシャル性能 12,000MB/s Read、5,700MB/s Write
○ 大容量、高密度 
  CDS-SVM6844D 2U筺体当たり92TB、最大480TBまで拡張が可能
  CDS-SVM6854D 4U筺体当たり480TB、最大 1,984TBまで拡張が可能
  CDS-SVM6844DコントーラにCDS-SVM6854D 筺体を接続することも可能です。
○ 大容量80GBのコントローラキャッシュと併せて、大容量SSDを2次キャッシュとして割り当てることで、高精度レンダリングや8Kのマルチストリームでの送信に利用可能。
○ 8系統のIOインターフェース 16Gb-ファイバチャネル、または1/10Gbイーサネット接続が可能。また、両方の混在が可能で、室内のスタジオでファイバチャネル高速接続、離れたスタジオにはイーサネットといったストレージの共用を行うことができる。
○ 編集途中のコンテンツを瞬時に一時保管するスナップショットバックアップ機能や、異なる編集機器にコンテンツを提供するストレージコピー機能オプションを搭載
○ オンラインで容量拡張、筺体拡張可能なシンプロビジョニング機能を搭載

コンピュータダイナミックス社ではCDS-SVM6844D/6854Dのラインアップで、今後1年間で50セットの販売を予定しています。
 価格は CDS-SVM6844D 92TBモデルが1,500万円、 CDS-SVM6844D 480TBモデルが2,000万円からになります。(金額はいずれも税別価格です。)

ジャンル
商品・サービス
業界
IT・通信[エンタープライズ]
掲載日
2016年 02月 17日
タグ
8K画像編集 スーパーハイビジョン 12,000MBps マルチストリーム ハイブリッド・フラッシュ
今、最も選ばれているプレスリリース配信サイトが利用企業1万社突破

月別掲載数