無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

プロのアイディアと消費者の投票による商品開発企画「1万人※1のカレー会議2016」を開催!!~スプーン一杯のチョイ足しで、カレーの「辛さ・コク」を自分好みに~

株式会社ナックのプレスリリース2016年 02月 02日

ギフトブランド『gissemble』(ギッセンブル)を展開している株式会社ナック(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉村寛)は、消費者参加型商品開発企画の第一弾として「1万人※1のカレー会議2016」を2016年2月4日より開催いたします。

■ 「1万人※1のカレー会議2016」開催 ~きっかけは些細な日常風景~
レストランでカレーを食べている人を見ると、醤油やソースをチョイ足ししている人が意外に多いことに気付きます。チョイ足しで自分好みに楽しむ方が多いようです。

最近ではカレーにチョイ足しするレシピ本が出版されたり、チョイ足し専用の調味料も数多く販売されており、静かなブームになりつつあります。

しかし、既に販売されているチョイ足し調味料は、カレーが「その調味料の味になる」ばかりで「自分好みの味に仕上げる」という欲求を叶えられないものばかりでした。人によって求める味が違うからこそ、自分好みにしたいはず。そんな想いを叶えるため、消費者参加型商品開発を行うことに致しました。

商品開発におけるアンケート調査では、最もカレーで重要視されているポイントは「辛さ」と「コク」であるという結果が出ました。

この二つのポイントに重点を置き、カレーや料理、またそのプロデュースの専門家に「社外商品開発部」として集まって頂き、更にSNS・自社サイトなどで1万人※1の消費者に投票に参加して頂くことによって、専門性とお客様の声を反映した商品開発に挑戦します。

※1:カレー会議2016での投票人数の目標が1万人

■食とプロデュースの専門家を集めた「社外商品開発部」メンバーによる商品開発会議を開催!!
2016年2月4日、今回の商品開発の方向性を決めるため社外商品開発部による会議を開催します。この会議では社外商品開発部メンバーそれぞれの専門知識とアイディアで、「商品タイプ」、「辛さを決める素材」、「辛さのレベル」など、消費者に投票して頂く候補を3~6案まで絞り込み、商品開発の方向性を決定します。

●東京カリー番長 リーダー 伊東 盛 氏 (役割:スパイスブレンド・カレーの専門知識)
1999年結成。“カレー”をキーワードに様々なヒト・モノ・コトとコラボレートするカレーファンタスティック集団。
全国各地のイベントや各種メディアからオファーを受ける「出張カリ~」は600回を超え、作ったカレーは1000種類以上にのぼる。
雑誌・書籍・WEB等でのレシピ紹介やカレー関連商品の監修、飲食店のメニュー開発なども手掛ける他、音楽CDのプロデュースやイベントの企画・立案、DJ、ライブクッキング、トークセッションなどもこなす。

●料理研究家。23番地cook(料理教室) 代表 秋山 直美 氏 (役割:女性目線での料理アレンジ力)
切ったら柄が出てくる『可愛い♡』をテーマにした料理を幅広く展開。単なる料理の技術を学んでいただくための教室ではなく、「感動」を持ち帰ってもらい、お友達や、家族に笑顔を届けてもらえるようなレッスンを企画・運営。デコ寿司、デコパン、デコもちレッスンで、年間のべ1000名以上に指導。人気の理由は、具体的なアドバイスや企画で【私も先生になれるかも?】と夢を後押ししてくれるコト。また、食品メーカーのレシピ考案、テレビ出演を通じての料理の広報活動など料理を通じて多方面で活躍中。

●料理専門プロカメラマン バックス 鈴井 祥仁 (役割:カメラ映えする商品にするためのアドバイス)
Los AngelesとNewYorkにて写真およびデザインの基礎を学び、帰国後つくば市にて飲食店カレーチェーンを開業し、単独店舗から12店舗までのチェーン店を構築。
同時に料理写真の重要性に気づき、飲食専門カメラマン根岸亮介氏の元で研鑽を重ね、料理写真スタジオ 株式会社バックスを設立。TVのグルメ系食のイベント撮影からパッケージのデザインや食品系の広告撮影をはじめ、「食」にまつわる業界を中心に、撮影+販促ツール等のワンストップ制作を行っている。

●管理栄養士・スポーツ栄養士・予防医学士 園部 裕美 氏(役割:食品の安全・安心を担保する専門知識)
病院栄養士、飲食店運営を経て、スポーツ栄養(陸上競技実業団専属栄養士、卓球メダリストサポート等)の分野に携わる。
現在はスポーツの分野で選手や市民アスリートに食事アドバイス、セミナーなどを行う。
日本人にとって和の食事を大切にしてほしい&腸の力をつけることを重要視していることから、みそや納豆を手作りするなど、糀や醤の発酵食ワークショップも開催している。

●元宝塚歌劇団プロデューサー 飯島 健 氏 (役割:今回の企画を総合プロデュース)
慶應義塾大学卒業後、1971年阪急電鉄株式会社入社。
阪急ブレーブス(当時)、宝塚歌劇などの宣伝・広告業務を中心に勤務。阪急ブレーブス50年史編纂を担当。1987年以降、宝塚歌劇団月組・花組プロデューサーを兼務。1989年宝塚歌劇ニューヨークラジオシティミュージックホール公演参加。その後、東京支社、宝塚企画(当時)取締役、シアター・ドラマシティプロデューサーなども担当。阪急電鉄社退社後は、公益財団法人新国立劇場運営財団や東急文化村東急シアターオーブなどでもプロデューサーとして活躍。東京大学大学院非常勤講師、慶應義塾大学アートセンター訪問所員なども歴任。

■1万人※1のカレー会議2016のスケジュール(予定)
「1万人※1のカレー会議2016」は食の専門家のアイディアと消費者の投票により、「カレーにチョイ足しして自分好みの味にする調味料」を開発し、発売を目指します。
スケジュールは下記を予定しています。

【商品開発会議:2月4日】「社外商品開発部」が集まり、商品の方向性を決定
【第1回投票:2月15日】商品タイプ投票
【第2回投票:2月22日】辛さを決める素材投票
【第3回投票:2月29日】辛さのレベル投票
【第4回投票:3月7日】コクを出す素材投票
【第5回投票:3月14日】商品名投票
【第6回投票:3月22日】キャッチコピー投票
【発売開始:3月末~4月上旬】限定セットにて自社サイトにて販売(予定)

■ギフト通販『gissemble』(ギッセンブル)について http://gissemble.com/
『gissemble』とは「gift(贈り物)」を「assemble(組み立て)」するという意味の造語です。「あと少しの満たされない想いをかなえる」ことをコンセプトに、一般的なギフトとは異なり、「あと少し自分好みにカスタマイズしたい」という想いに応える商品を開発・提供しています。

■株式会社ナックについて http://www.nacoo.com/
当社は、1971年に992番目のダスキンの販売ディーラーとしてスタートとし、以降全国2,000店のトップディーラーとして成長してまいりました。現在では、「クリクラ」ブランドの宅配水事業、注文住宅「レオハウス」の住宅事業、など暮らしに密着したサービスを提供しております。2013年からは通販事業の分野にもビジネスを拡大し、全国で100万軒を超えるお客様の「人々の快適な暮らし」を支えるために、さらなる成長を続けております。

株式会社ナック 会社概要
社名 : 株式会社ナック
設立年: 昭和46年5月20日
資本金: 40億円
代表者: 吉村寛
社員数: 連結2,014名 (平成27年9月末現在)
株式上場: 平成11年10月 東証一部上場(証券取引コード9788)
本社所在地 : 東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル42階
電話番号: 03-3346-2111(代表)

ジャンル
イベント
業界
食品・飲料
掲載日
2016年 02月 02日
タグ
ギフト カレー 投票 調味料 カリー番長

月別掲載数

お知らせ