無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

屋根工事に特化した見積もりサイト『屋根コネクト』が実施した屋根工事に関する意識調査の結果、18%が価格を重視すると回答

株式会社ファインズのプレスリリース2015年 12月 02日

屋根工事の一括見積もりサイト「屋根コネクト」を運営する株式会社ファインズ(所在地:東京都渋谷区 代表:武吉広大)は、30代以上の持ち家所有者3039人を対象に、「屋根工事に関する意識調査」を実施しました。調査手法はインターネットリサーチ。調査期間は2015年10月1日~10月31日。有効回答数は3039件。

【背景】

雨や風の影響を直で受ける屋根は、日々摩耗しています。十数年も経過すると、経年劣化によって傷み、破損につながり雨漏りなどを引き起こします。
昨日まで何事も無く生活していたのに、突然雨漏りしたなんて方も多いのではないでしょうか?
屋根にも必ず寿命があるので、長く住み続けるためには折を見て新しくしたいものです。
そこで、今回屋根コネクトでは、新しく屋根工事を頼む際に屋根のどこを重視するのかについて、30代以上の持ち家所有者を対象に意識調査を行いました。

【調査結果の詳細】

工事にかかる費用を安くできるのかを重視:553人
屋根のデザイン性を重視:187人
屋根の寿命年数を重視:442人
屋根の性能(遮熱や防水)を重視:350人
その他:1507人
合計:3039人

■半数が「その他」を選択、屋根についての関心度が低い!?

圧倒的に多かったのは、「その他」という意見。ちょうど50%という結果になりました。
この結果は、多くの方が屋根工事をどう判断するべきか決めかねているということではないでしょうか。
屋根は、最低でも10数年は保つものです。普段目につきにくいからこそ、実際に雨漏りなどの被害に直面していないと、なかなか屋根に関心が向きません。
現状、問題なく生活ができていれば、屋根に関してどう応えてよいかわからないものです。

■関心が高い人は「費用」を最も重視する

「その他」に次いで多かったのが「費用面」で18%の回答数です。全体の約2割を占めています。
そして順々に、「寿命年数」が15%、「性能(遮熱や防水)」が11%、「デザイン」が6%という結果になっています。
屋根工事は高額になりやすいので、「費用面」で2割の回答になるのも当然かもしれません。また「寿命年数」や「性能(遮熱や防水)」は屋根そのものの特性です。
これは、費用面にも関わってくるので、屋根材に強い関心のある方が重視すると考えられます。
「デザイン」は屋根の景観を重視する方が多いといえます。屋根の構造や価格面で考えるとデザインは、重要な部分ではないので、少なめなのかもしれません。
以上の結果を見る限り、半数の方はいざ工事をしようと思った時に、寿命やデザイン、性能、価格を重視し関心が強いといえます。

【今後の展望】

屋根工事は持ち家を所有する上で、必ず向き合う必要があります。
屋根は家のてっぺんで、家族を守る盾のよう存在ですが、時間が経つと次第にその力も弱まっていきます。雨漏りになってからでは遅いくらいです。
中古住宅の人気も高まっていく中で、屋根工事への関心も高まっていくと考えられます。
屋根コネクトでは、様々な屋根工事のお悩み相談を受け付けています。
優良工事店での一括無料見積りも日々受け付けていますので、ぜひお気軽にご連絡ください。

ジャンル
調査・研究結果
業界
建設・住宅・空間デザイン
掲載日
2015年 12月 02日
タグ
リフォーム 見積もり 意識調査 屋根コネクト 屋根工事

月別掲載数

お知らせ