無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

絶景の笠沙美術館で、松元省平写真展「今夜も庭に、星が降る」を開催

南薩の田舎暮らしのプレスリリース2015年 09月 24日

南薩の田舎暮らし(所在地:鹿児島県南さつま市大浦町、代表:窪 壮一朗)は、絶景で知られる笠沙美術館で、写真家・松元省平氏による南さつまの星空の写真展を開催いたします。

南さつま市は旧加世田市時代に環境庁(当時)が主催する「全国星空継続観察」で平成8年日本一になるなど素晴らしい星空を観ることができる地域です。しかし地域外の人にとってはもちろん、地元の人にとっても星空の美しさはあまり注目されていません。そこで、南薩の田舎暮らし(※1)では、南さつま市小湊に関西から移住し当地で星空の写真を撮影してきた写真家・松元省平氏(※2)にご協力いただき、星空の写真展を開催することといたしました。

会場となる笠沙美術館(※3)は、南さつま市が観光の目玉として位置づける「南さつま海道八景」の一つでもある絶景ポイント。東シナ海に浮かぶ沖秋目島(ビロウ島)を望むエントランスが切り取る風景はそれ自体が芸術作品のようで、建物は「ななつ星in九州」などで著名な水戸岡鋭治氏によるデザイン。写真展はもちろん、美術館からの眺望もお楽しみいただけます。

また、会期中の11月15日には、美術館全体を使ったイベント「海の見える美術館で珈琲を飲む会vol.2」を開催し、その一環でギャラリートーク「私の星空散歩」と題して松元省平氏に星空写真の撮影方法や楽しみ方などを語っていただく予定です。

■松元省平 写真展「今夜も庭に、星が降る」
 会期:2015年11月11日(水)〜11月16日(月) 9:00〜17:00 
 場所:笠沙美術館 入館無料

■ギャラリートーク「私の星空散歩」
 日時:2015年11月15日(日) 11:00〜
 場所:笠沙美術館展示室。申込不要。

※ 1 南薩の田舎暮らし
鹿児島県南さつま市大浦町で、柑橘類やアボカドの栽培とともに、旬のものや地域のものを使ったジャムやお菓子などの手作りの加工品の製造販売、その他イベントの開催やデザインにも取り組む。(「南薩の田舎暮らし」は屋号。)
ネットショップ: http://nansatsu.shop-pro.jp/ ブログ:http://nansatz-kurashi.blogspot.jp/

※ 2 松元省平氏プロフィール
1948年、岡山市生まれ。写真家。75年神戸で本格的な写真活動。雑誌・コマーシャル・空撮・報道などが主。写真集『人間の村』他。写真展「神戸物語」「昭和都市」他。
ブログ(星が降る):http://star-nansatsu.cocolog-nifty.com/

※ 3 笠沙美術館
正式名称「笠沙美術館(黒瀬展望ミュージアム)」。平成10年4月にオープン。常設展では、地元出身の画家である黒瀬道則氏の作品を主に展示(「黒瀬」は集落名でもある)。
住所:南さつま市笠沙町赤生木8666-1 電話:0993-63-0990

笠沙美術館へ、遠方からのアクセス
九州自動車道を終点(鹿児島IC)より直進し、指宿スカイラインへ→谷山インター→県道20号線(大坂経由)→南さつま市に入って国道226号線(笠沙・大浦方面へ)→笠沙町玉林で「杜氏の里笠沙」の看板に従い左折→「杜氏の里笠沙」の正面が美術館。(谷山インターから車で約1時間20分)

ジャンル
イベント
業界
出版・アート・カルチャー
掲載日
2015年 09月 24日
タグ
星空写真 南薩 笠沙

月別掲載数

お知らせ