無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

YKDホールディングス「関西太陽光発電システム施工展」にて初お披露目

株式会社横浜環境デザインのプレスリリース2015年 08月 26日

住宅用から産業用太陽光発電の提案・設計・施工を一貫して行う株式会社横浜環境デザイン(所在地:横浜市、代表取締役社長:池田真樹、以下横浜環境デザイン)は、9月2日(水)~4日(金)インテックス大阪にて開催される「第3回関西太陽光発電システム施工展」に今秋よりスタートするYKDホールディングスとして出展する。
今回はEPCやIPPを事業の柱に持つ横浜環境デザインの他に、傘下グループ会社として、太陽光発電所の認証に関わるO&M、テクニカルデュー・デリジェンスを行うアドラーソーラーワークス(株)とBOSなど太陽光発電の周辺部材の販売業務を柱に持つ(株)SUN FORCE(旧称フォトボルテック)の3社合同で、グループ全体として出展を行う。

■各社出展内容:
・(株)横浜環境デザイン:太陽光発電所の用地募集・販売・仲介
・アドラーソーラーワークス(株):受入検査・テクニカルデューディリジェンス、O&Mサービス
・(株)SUN FORCE:住宅用RECモジュールシステム販売&施工、遠隔監視システムスカイトロンの展示、二相ステンレス鋼架台SUSK-Z2の展示
独・アドラーソーラーサービス と 横浜環境デザインの合弁会社であるアドラーソーラーワークスは、現場での出力測定やEL画像撮影ができるPVテストセンターを展示、実演する。肉眼では発見できないセルのマイクロクラックを高解像度カメラで可視化する。建設前のモジュール検査の重要性を解説する。

■ブース番号:24-6
■太陽光発電システム施工展ご紹介URL&事前アポイントメント:http://goo.gl/fYmuJ2

【株式会社横浜環境デザインとは】 創業18年。2015年度の売上高は、64億円。グループ全体では71億の売上高。横浜環境デザインは太陽光発電専門の施工会社として設立。住宅用、アパート、マンション、公共産業用、メガソーラー案件と幅広く展開(2015年までの施工実績35MW)。現在は特にメガソーラー用地購入からファイナンス・販売・設計・調達・建設(EPC)およびオペレーションとメンテナンスに重点を置いて事業を展開している。

【アドラーソーラーワークス株式会社とは】
太陽光発電先進国ドイツで、長年太陽光発電所向けに各種エンジニアリングサービス、O&Mサービス事業を展開してきたADLER SOLAR SERVICE と 日本の専業EPCとして18年の歴史を有する(株)横浜環境デザインの合弁会社。2015年5月に設立。ドイツをはじめとする欧州で長年の実績ある本格的なO&Mサービスを日本で初めて展開する。資産管理、間違いない発電所建設、発電所転売時の査定など、それらの手段となるサービスを確立している。

【株式会社SUN FORCE(サンフォース)とは】
サンフォースは前身の(株)フォトボルテックの販売、施工研修事業を通して、「健全なる太陽光発電業界の発展に貢献する」という意志を引き継ぎ、販売・施工会社として良質で特色のある太陽光発電システム部材の販売、丁寧かつ迅速な施工に努めており、施工のコストを下げるBOS商材のご紹介をおこなう。

【この件についてのお問い合わせ】
(株)横浜環境デザイン 担当:経営企画室 福村
℡:045-534-6468 Fax:045-534-6467 携帯:090-9158-7828
E-mail :all @ykdesign.co.jp

ジャンル
イベント
業界
素材・化学・エネルギー・運輸
掲載日
2015年 08月 26日
タグ
太陽光発電 太陽光発電O&M 太陽光発電施工 太陽光発電工事

月別掲載数

お知らせ