無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

現代女形神ひろし、世界の恋人・ラテンシンガー「フリオ・イグレシアス」に挑む。新曲「サンバ de HIROSHI」も披露。『神ひろしSHOW』8月&9月ライブ「夏祭り・哀愁メロディー特集」で。

J28スタジオのプレスリリース2015年 07月 24日

 2014年の11月から一年間のロングランを目指して、歌とダンスとトークのエンターテイメントライブ現代女形『神ひろしSHOW』が毎週土日、新宿の『スタジオJ28』(J28スタジオ)で上演中だが、主演の神ひろしが、6月3日に予期せぬ急性胆石性膵炎で入院手術。ライブは6月いっぱい1ケ月の休演になった。
 
 この間、何もできない神ひろしに、総合演出のかわらさきけんじは、ラテンシンガー「フリオ・イグレシアス」の歌い方を示唆、歌手としての方向性をしめし、神ひろし、フリオの世界に挑む事になった。
 
 期せずして、フリオ・イグレシアスは、サッカー選手を目指したこともあったが、交通事故で全治5年の重傷を負い、療養生活時にプレゼントされたギターで作詞作曲して歌に目覚めて、歌謡祭に出場して優勝。
「黒い瞳のナタリー」「ビギン・ザ・ビギン」等のヒット曲で、最も成功したラテンシンガーとして、「世界の恋人」と称された。

 同じく、入院療養中に歌に目覚めた神ひろしは、暗さと明るさの両方のラテン気質を持った日中バイリンガルシンガーとしても注目されたが、「フリオ・イグレシアス」の世界をどのように体現するのか多いに期待される。

 更に,楽曲「すぎ去ったあの日」を提供した岩崎宏康氏が、神ひろしの再出発を祝って、再び楽曲『サンバ de HIROSHI』を提供。
 
 編曲はミュージックステーションの塚田満穂氏と中村晴子氏が担当。
 塚田満穂氏は、1996年に上演された神ひろしのミュージカル『どろろ』(原作 手塚治虫)で作曲・編曲を担当。神ひろしと約20年ぶりの再会となった。

 なお、『神ひろしSHOW』は、基本毎週(土)(日)の上演を目標にしていましたが主演の神ひろしの体調の回復を考えて、11月の最終ライブまで一般参加のメンバーがいる日のみの上演になります。
 ライブ日程は流動的なのでホームページ等で確認が必要。

◎現代女形『神ひろしSHOW』詳細
 http://j28studio.com/archives/3051.html

◎『神ひろし SHOW 』 パフォーマー募集
http://j28studio.com/archives/3048.html

【2015年8月&9月の出演者詳細】


■神ひろし:

・劇団四季出身。関西学院大学卒。日本ジャズダンス芸術協会・日本振付家協会の理事を務めた経歴を持つ。


・新宿J28スタジオ(STUDIO J28)代表。
 http://j28studio.com 

・海外はギリシャ悲劇《王女メディア》主演でブレイク。
現代女形、クロスジェンダーなパフォーマーとしてニューヨークタイムズ(米国)・ガーディアン(英国)・スコッツマン(スコットランド)等、世界の最大手新聞にも大きく掲載される等の注目を浴びる。


・著作『神ひろしのスピリチュアルダンス』


・代表作:
『王女メディア』(原作:エウリピデス)
『ハムレット』(原作:シェイクスピア、芸術監督:かわらさきけんじ)
ミュージカル『モーリス』(原作:E・M・フォースター)
ミュージカル『どろろ』(原作:手塚治虫、台本演出振付:神ひろし)
ダンスオペラ『サロメ』(演出振付:池田瑞臣)
ダンスオペラ『ニジンスキー』(芸術監督:かわらさきけんじ)

●神ひろしAmazon著者セントラル:http://goo.gl/wu5KQq


●神ひろしの人生ストーリ:http://storys.jp/hiroshi.jin

【プロジェクトスタッフ】


■かわらさきけんじ(監修・演出・振付):
 

・西野バレエ団を皮切りに、東宝ミュージカルの『プロミセス・プロミセス』『屋根の上のバイオリン弾き』で活躍。


・劇団四季では『アプローズ』『ジーザスクライスト・スーパースター』の舞台に立つ。


・のち、独自なオリジナルミュージカルで活躍の神ひろしと演劇プロデューサーの妹尾芳文の3名で舞踊演劇団「カンパニーEAST」を結成。

・EASTの芸術監督に就任。
・1996年、1997年、1999年と、3度の海外ギリシャ・キプロスでのEASTの『王女メディア』(神ひろし主演)公演を、演出振付家としてオールスタンディングの成功と喝采に導く。
 http://j28studio.wix.com/east


■妹尾芳文(プロデューサー):
 

・劇団昴・石原プロを経て、SEOプロダクションを設立。

・映画化もされたE・M・フォスターの小説『モーリス』の日本に於ける世界で初の舞台化権を獲得、神ひろし主演で2度の上演
 

・又、2000年2月9日付けで、1999年の「日希修好百年祭」で、本場ギリシャでギリシャ悲劇『王女メディア』の約1ケ月に渡る公演を成した「カンパニーEAST」を代表して、国際親善功労者として、表彰状を授与される。
http://j28studio.wix.com/seopro

【開催概要】


・イベント名:神ひろしSHOW
・ 開催期間 2014年11月から2015年11月までの1年間 

・2015年8月&9月のスケジュール


 基本毎週土日
※[土]pm.6:30 開演
※[日]pm.3:30 開演(昼間のマチネーのみ)

◎30分前開場

★日程詳細(要確認):
 http://j28studio.com/archives/3051.html
・会場:J28スタジオ    
 

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-2-10 栄立新宿ビルB102

・入場料:前売り2,000円(当日2,500円) 
    


【問い合わせ先】


TEL : 050-5876-2635(03-3369-7486)


MAIL: school@j28studio.com

ジャンル
イベント
業界
芸能
掲載日
2015年 07月 24日
タグ
夏祭り サンバ ラテンソング 現代女形 フリオ・イグレシアス

月別掲載数

お知らせ