無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

モルゴーア・クァルテット 第42回定期演奏会「ここぞとばかりに、モルゴーア!」

株式会社ミリオンコンサート協会のプレスリリース2015年 06月 03日

1992年結成の弦楽アンサンブル、モルゴーア・クァルテットが、来たる6月26日(金)午後7時より浜離宮朝日ホールにて42回目となる定期演奏会を開催します。

メンバーは荒井英治(ヴァイオリン:日本センチュリー響)、戸澤哲夫(ヴァイオリン:東京シティフィル)、小野富士(ヴィオラ:NHK響)、藤森亮一(チェロ:NHK響)と、全員東京のプロ・オーケストラのトップ奏者として活躍、ロマン派の作品から現代音楽、プログレッシブ・ロックまで取り上げる彼らのコンサートには毎回幅広い音楽ファンが詰めかけます。

今回は「ここぞとばかりに、モルゴーア!」と題して、チェコ、日本、ドイツの作曲家の作品を取り上げ、それぞれの音楽に託された影のメッセージを紐解きます。
ヒンデミット作曲/序曲《さまよえるオランダ人》には『下手な温泉楽隊が朝7時に噴水の周りに集まって初見で演奏したような…。』という長いタイトルが付いており、「ワーグナーのオペラ《さまよえるオランダ人》を下手くそな楽隊4人が繰り広げる珍妙な演奏」をイメージしたユニークな音楽です。「当時の新古典主義の間では“脱ワーグナー”が合い言葉で、この曲もワーグナーを揶揄した冗談音楽として捉えられています。でも、実際はワーグナーではなくワーグナーに陶酔していたヒトラー&ナチズムに対して揶揄していた、と捉えるともっと違った聴き方ができると思う。それをぜひ楽しんで欲しい」(荒井英治)

音楽に存在する影の主役を、モルゴーア・クァルテットと一緒に探してみてはいかがでしょうか。

モルゴーア・クァルテット 第42回定期演奏会
日時:2015年6月26日(金)19時開演(開場18時30分)
会場:浜離宮朝日ホール(築地/朝日新聞東京本社・新館2階)
出演:荒井英治(ヴァイオリン)
   戸澤哲夫(ヴァイオリン)
   小野富士(ヴィオラ)
   藤森亮一(チェロ)
演奏:V.ノヴァーク作曲/弦楽四重奏曲 第3番(1938)
    H.クラーサ作曲/弦楽四重奏曲(1921 )
    池辺晋一郎作曲/ストラータⅨ(2012)弦楽四重奏のために
    P.ヒンデミット作曲/序曲《さまよえるオランダ人》
       下手な温泉楽隊が朝7時に噴水の周りに集まって
                    初見で演奏したような…。
料金:一般4,000円、学生2,000円(全席自由)
プレイガイド:朝日ホールチケットセンター 03-3267-9990
       東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650
       e+(イープラス) http://eplus.jp
       ローソンチケット 0570-000-407  
       CNプレイガイド 0570-08-9990
問合せ:ミリオンコンサート協会 03-3501-5638
    http://www.millionconcert.co.jp

ジャンル
イベント
業界
映画・音楽
掲載日
2015年 06月 03日
タグ
クラシック音楽 プログレッシブ・ロック 弦楽四重奏 ヒンデミット

月別掲載数

お知らせ