無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

1960年代に制作された幻の白黒アニメがKBCから発掘!?

九州朝日放送株式会社のプレスリリース2015年 05月 20日

九州朝日放送株式会社(以下、KBC)は、2015年6月10日(水)19時より、未公開の番組についての発表報告会を特設サイト(http://www.kbc.co.jp/minicontents/)にて行います。

 1960年代と言えば数ある名作アニメを生み出した年代です。
 そんな時代の中で、密かに1967年頃制作されたとされるアニメ作品が50年以上の時を経てKBC九州朝日放送より発見されたらしい!?
 このたび、公開されたメインビジュアルには、今年世界遺産への登録の可能性が高まっている産業革命遺産の一つ、軍艦島(長崎県・端島)と思しき孤島と、それを見つめる頭頂部に角のようなものを生やした少年の後ろ姿が描かれています。
 この少年は、アニメーションの主人公なのか、それともはたまた異なる立ち位置のキャラクターなのか?この孤島を舞台に物語は展開されるのでしょうか? この作品は、KBCのアーカイブしている古い映像素材の中から発掘されたとか、しないとか… 謎のベールに包まれた、本作については真偽を含めて全力をあげて現在調査中です。
 この調査結果の詳細については、2015年6月10日(水)19:00~ 特設サイトにて明らかにしたいと思います。!みなさま、お楽しみに。
【特設サイト】http://www.kbc.co.jp/minicontents/
【九州朝日放送WEBページ】http://www.kbc.co.jp/

ジャンル
商品・サービス
業界
ゲーム・ホビー
掲載日
2015年 05月 20日
タグ
アニメ 世界遺産 軍艦島 KBC

月別掲載数

お知らせ