無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

お買い物に関する調査

アイブリッジ株式会社のプレスリリース2015年 03月 02日

アイブリッジ株式会社(本社:大阪市福島区、代表取締役社長:松田康弘)が
展開するインターネットリサーチサービス“リサーチプラス”では、
約150万人の自社モニター会員を活用し、
以下のテーマにつきまして調査を実施いたしました。

*+*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*+*
               「お買い物に関する調査」
*+*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*+*  
 
リサーチプラスでは「お買い物に関する調査」についての
アンケートを実施致しました。
アンケート対象者は全国に住む、20歳~49歳の男女、合計1200名。
(M1,M2,F1,F2 各300名)

★調査項目★
━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━
1.1年以内のネット通販利用頻度はどのくらいか
2.ネット通販を利用しない理由は何か
3.「衣類(ファッション雑貨を含む)」のネット通販の利用頻度  など全14問
━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━
PICK UP DATA
◆ネット通販利用頻度、年に2回以上86%
2015年2月4日時点で1年以内のネット通販の利用頻度をお聞きしところ
全体の86%がネット通販を利用していたことが分かった。
年齢、性別によっての差はほとんど無く、
最も多いのは「1ヶ月に2・3回程度」で全体の38%だった。

◆ネット通販、「本・雑誌・コミック」の利用は男女ともに高い結果に!
「衣類」「下着・インナー」「化粧品」「本・雑誌・コミック」「食品・飲料」の
ネット通販利用についてお聞きしたところ、「本・雑誌・コミック」に関しては
男性平均約70%、女性平均約68%となり、ともに高い数値となった。
その一方、「下着・インナー」「化粧品」に関しては、
商品の特徴もあり男女で大きく差が出る結果となった。

◆ネット通販が優れている点「時間に関係なく購入できる」が1位
  一方、実店舗は「実際に触れて商品を確かめることができる」が1位
ネット通販と実店舗の優れている点についてお聞きしたところ、
ネット通販は全体平均で「時間に関係なく購入ができる」が1位で約65%、
実店舗は「実際に触れて商品を確かめることができる」が1位で約71%だった。
それぞれの強みが上位に現れる結果となったといえる。
<ネット通販、実店舗「優れている点」ベスト3>
[ネット通販]
1位  時間に関係なく購入できる 64.7%
2位  近くにないお店の商品を購入できる 51.5%
3位  直接、自宅に商品を届けてもらうことができる 50.3%
[実店舗]
1位 実際に触れて商品を確かめることができる 70.6%
2位 その場で商品を受け取ることができる 46.6%
3位 店舗限定のセールなどがある 35.5%

詳細はこちらからご確認ください。
「お買い物に関する調査」
http://www.research-plus.net/html/investigation/report/index84.html

※リサーチプラス調べ(http://www.research-plus.net/)

リサーチプラスとはアイブリッジ株式会社運営する
インターネットリサーチサービス。
約150万人の大規模ネットモニターを保有し、
モニターに対して低価格・低料金でのWEBアンケートが可能!

*+*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*+*  

詳細なデータをご覧になりたい場合は下記までご連絡下さい。

MAIL: r-order@ibridge.co.jp

最後までご覧下さいまして、ありがとうございました。

ジャンル
調査・研究結果
業界
広告・マーケティング
掲載日
2015年 03月 02日
タグ
通販 店舗 ショッピング ネット通販

月別掲載数

お知らせ