無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

保険調剤、アンチドーピング事業、在宅介護事業の新会社設立 「合同会社 みどりや薬局」

合同会社 みどりや薬局のプレスリリース2015年 01月 16日

保険調剤と一般用医薬品販売を行う、みどりや薬局(静岡県島田市)は2015年1月5日(月)に地域の医療ニーズ増加への対応とアンチドーピング需要の創出を目的とした新会社「合同会社 みどりや薬局」を設立いたしました。
当社は調剤薬局事業を強化するとともに、これまで培った医薬品、健康相談アドバイスのノウハウをアンチドーピング事業、在宅介護事業に活用し地域医療、地域スポーツの活性化を目指しております。

アンチドーピング事業について
 アスリートが故意に薬物などを摂取し競技成績を向上させようとするドーピングは近年国内では減少傾向にありますが、故意ではない「うっかりドーピング」が現在問題となっております。また、2020年東京オリンピック開催決定に伴い、国内の様々なレベルのスポーツ大会でドーピング検査が実施され始めております。当社では日本アンチドーピング機構公認スポーツファーマシストを中心にアンチドーピング事業を行い、幅広くアスリート支援をさせていただきたく思っております。

ジャンル
経営情報
業界
美容・医療・健康
掲載日
2015年 01月 16日
タグ
オリンピック 薬局 ドーピング 島田市 スポーツファーマシスト

月別掲載数

お知らせ