無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

研究費獲得クラウドファンディング「academist」、太古の海洋爬虫類モササウルスの眼を復元する研究プロジェクト始動!

株式会社エデュケーショナル・デザインのプレスリリース2014年 12月 26日

株式会社エデュケーショナル・デザイン(本社:東京都文京区、代表取締役社長:柴藤亮介)は、研究費獲得のためのクラウドファンディング・プラットフォーム「academist」において新規プロジェクトをリリースしました。

クラウドファンディングとは、アイデア実現のための資金をインターネットを通じて不特定多数の支援者から集める方法です。academistは、日本初の研究費獲得に特化したクラウドファンディング・プラットフォームであり、生命科学分野から数理物理分野、テクノロジー分野まで幅広い研究分野のプロジェクトを取り扱います。

今回は、恐竜時代に海中で生息していた「モササウルス」の眼の機構を研究している東京大学大学院・理学系研究科地球惑星科学専攻の山下桃さんが立ち上げたプロジェクトです。

https://academist-cf.com/projects/8/yamashita

トカゲで有りながら水中で暮らしていたモササウルスの生態は、ほとんど明らかになっていません。山下さんは、彼らの「眼」の化石に着目し、今生きているトカゲの情報を手がかりにしながら、モササウルスの眼の構造を復元しようとしています。復元された眼の構造から、彼らの視力や潜る深さ、活動時間を調べて生活様式や行動を解明します。まずは化石から眼を復元するために、国内外の博物館・動物園から標本を入手してデータを取りたいと意気込む山下さん。2年間かけて、200以上の標本を分析する予定です。

支援金額に応じて、研究レポートや論文以外に、「モササウルス」や「眼」をモチーフに山下さん自らがデザインしたオリジナルアイテムをご用意しています。細部までこだわったデザインに注目です。また、博物館の古生物コーナーを解説を山下さんの解説付きで一緒に回るというツアーも、academistでしか得られない特典です!

academistは、個人が研究者を直接支援できる仕組みを作ることで、オープンアカデミアの実現を目指しています。学術機関に所属する研究者だけではなく自由研究で資金を集めたい学生や独立系研究者など、エデュケーショナル・デザインの持つ研究者ネットワークを活かしたサービス提供を図ります。

ジャンル
商品・サービス
業界
IT・通信[エンタープライズ]
掲載日
2014年 12月 26日
タグ
クラウドファンディング 科学 古生物学 サイエンス academist

月別掲載数

お知らせ