無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

「日中草の根交流の集い―漢語角350回記念 特別交流会―」、8/3開催へ

日本僑報社のプレスリリース2014年 07月 14日

NPO法人日中交流支援機構(段躍中理事長・日本僑報社編集長)は8月3日(日)午後、東京・豊島区立勤労福祉会館で、「日中草の根交流の集い―漢語角350回記念特別交流会―」を開催する。
主催:NPO法人日中交流支援機構、後援:日本僑報社、日中翻訳学院、日本湖南人会、日本湖南省友の会、滔天会。

これは、「日中間の相互理解・友好交流を促進するには、お互いに相手の言葉で話すことが第一」と2007年8月から東京・豊島区の西池袋公園で開始された、中国語会話の交流サロン「星期日漢語角」(日曜中国語コーナー)がこの夏、満7年350回を迎えるのを記念する集い。
多彩なゲストを迎える特別交流会は、第3部に分かれている。

第1部では、主催者挨拶に続いて、特別ゲストとして、華道家で漢語角支援者の宮崎蕗苳さん(西池袋在住)を紹介する。
宮崎さんは、現在NHKで放映中の連続テレビ小説「花子とアン」の中で、ヒロイン・村岡花子の生涯の親友(仲間由紀恵さん演じる葉山蓮子役)であり、大正3美人の一人といわれた歌人・柳原白蓮(本名・燁子)を母に、孫文の盟友・宮崎滔天の長男・龍介を父に、1925年に生まれる。
当日は、漢語角350回に寄せる言葉をいただく予定。

第2部では、最新著書『「ことづくりの国」日本へ――そのための「喜怒哀楽」世界地図』を日本僑報社から出版した俳優、関口知宏氏の「刊行記念サイン会」を開催。
鉄道の旅で知られる関口氏は、本書において、世界を旅してわかった日本の目指すべき指針として、人間関係のつくり方である「ことづくり」の重要性を訴えている(サインを希望される方は、当日お申し込みの上、著書をお求めください)。
続いて、特別講演として、加藤青延氏(NHK解説委員)が「関口氏と共に過ごした中国鉄道の旅・北京大学と早稲田大学交流の思い出」と題して講演する。

さらに第3部では「自由交流」として、出席者たちに中国語や日本語を使って、自由に相互交流してもらう予定だ。

このほか会場に「展示コーナー」を設置し、「漢語角7年のあゆみ & 翻訳出版の成果とこれから翻訳する中国書籍展」をテーマにした関係資料や書籍などを展示する。

日時、場所、申し込みなどの詳細は下記の通り。
皆様、ふるってご参加ください。

■日 時: 2016年8月3日(日)14:00~16:30(開場13時30分)
■場 所: 豊島区立勤労福祉会館 大会議室(6階)
■参加費: 1人1000円(定員100名先着順)
■申込み: npo@duan.jp
■事務局: 東京都豊島区西池袋3-17-15 日本僑報社内 
TEL:03-5956-2808 
担当:張、岩楯、中村、石

ジャンル
イベント
業界
出版・アート・カルチャー
掲載日
2014年 07月 14日
タグ
日本僑報社 日中文化交流 漢語角 日中民間交流 関口知宏

月別掲載数

お知らせ