無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

国内ネット通販の利用者は83% 海外通販は9%と伸び悩む/ “ネット通販で購入するもの”男女の違いも明らかに

株式会社Ryo-MAのプレスリリース2014年 07月 01日

近年右肩あがりと騒がれるインターネット通販業界ですが、実際のところその浸透率はどれほどのものなのでしょうか。
実際に調査したところ、「あなたは、国内のインターネット通販を利用したことがありますか?」という質問に対し、 回答者846人中701人(83%)の人が「利用したことがあり、これからも利用したい」と回答しました。
一方、「あなたは、海外のインターネット通販を利用したことがありますか?」という質問に対し、「利用したことがあり、これからも利用したい」と回答した人は、わずか9%という結果となりました。
また、「あなたは、国内のインターネット通販でどのようなものを購入したことがありますか?」という質問に対し、男性は1位「雑誌・コミック・書籍」2位「CD・DVD」 3位「食品・飲料」4位「家電・デジタル機器」5位「アパレル(洋服など)」と商品によっての個体差が少なく、実物を見なくても購入できるものが好まれているようです。

一方、女性は1位「アパレル(洋服など)」2位「食品・飲料」3位「CD・DVD」4位「美容・コスメ・健康食品」5位「アパレル小物(バッグ・靴など)」となっており、男性と比較して自身が身につけるものや、日常的に使用する消耗品が多く購入されていることがわかりました。

◆国内外のインターネット通販に関する調査◆
【調査背景】
本調査は、消費者の国内インターネット通販サイトおよび、海外のインターネット通販サイトの利用率を調査することにより、 消費者へのインターネット通販の浸透率を知ること、また、国内インターネット通販と海外インターネット通販それぞれの購買種目、 利用頻度、平均購入金額を調査し、比較することを目的としています。

【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査対象:全国の10代~70代の男女
総回収数:846名(男性:368名 女性:478名)
実施期間:2014年6月11日~2014年6月17日の7日間

【「国内外のインターネット通販に関する調査」設問一覧】
Q1.あなたは、国内のインターネット通販を利用したことがありますか?
Q2.あなたは、海外のインターネット通販を利用したことがありますか?
Q3.あなたが国内のインターネット通販を始めた(始めたい)理由はなぜですか?
Q4.あなたが海外のインターネット通販を始めた(始めたい)理由はなぜですか?
Q5.あなたは、国内のインターネット通販でどのようなものを購入したことがありますか?
Q6.あなたが国内のインターネット通販を利用する場合、1回あたりの平均購入金額はいくらですか?
Q7.あなたは、どのくらいの頻度で国内のインターネット通販を利用しますか?

Q1.あなたは、国内のインターネット通販を 利用したことがありますか?
(単数回答、回答者数:846人)
 利用したことがあり、これからも利用したい(83%)
 利用したことがないし、今後も利用したくない(7%)
 利用したことはないが、これから利用してみたい(6%)
 利用したことがあるが、今後は利用したくない(4%)

国内インターネット通販サイトの利用について、回答者846人中701人(83%)が「(国内のインターネット通販を)利用したことがあり、これからも利用したい」と回答しました。

5人に4人が、国内のインターネット通販を利用したことがあるという結果となり、全体の6%は「利用したことはないが、これから利用してみたい」とインターネット通販に対して前向きな考えを持っているようです。

一方で、「利用したことがないし、今後も利用したくない」(7%)「利用したことがあるが、今後は利用したくない」(4%)と、10人に1人はまだインターネット通販を利用しての買い物に抵抗を感じているようです。

Q2.あなたは、海外のインターネット通販を 利用したことがありますか?
(単数回答、回答者数:846人)
 利用したことがないし、今後も利用したくない(67% )
 利用したことはないが、これから利用したい(21%)
 利用したことがあり、これからも利用したい(9%)
 利用したことがあるが、今後は利用したくない(4%)

「あなたは、海外のインターネット通販を利用したことがありますか?」の質問に対し、「利用したことがあり、これからも利用したい」と回答した人は全体のわずか9%という結果となりました。

「利用したことがないし、今後も利用したくない」と答える人が67%と全体の約7割にのぼり、国内のインターネット通販と比較しても海外のインターネット通販は、まだ消費者の生活の中にあまり浸透していないようです。

しかし、「利用したことはないが、これから利用したい」(21%)と5人に1人は海外のインターネット通販に興味を持っていることから、今後ユーザーが増えていく可能性が考えられます。

Q3.あなたが国内のインターネット通販を始めた (始めたい)理由はなぜですか?
(複数回答、回答者数:787人)
「国内のインターネット通販を始めた理由」を聞いてみたところ(n=787人)、「実店舗と比べて価格が安かったから」(59%)「自分の都合の良い時間に購入できるから」(48%)「重い荷物や大きな荷物を自宅まで届けてくれるから」(39%)などの回答が多く、実店舗との価格比較や買い物の利便性を向上させることを目的として、国内のインターネット通販を利用する人が多いようです。

Q4.あなたが海外のインターネット通販を始めた (始めたい)理由はなぜですか?
(複数回答、回答者数:279人)
また、「海外のインターネット通販を始めた理由」も併せて調査したところ(n=279人)、こちらは「海外にしかないレア・アイテム」を手に入れたいから」(49%)「商品を少しでも安く手に入れたいから」(43%)「好きなブランドや店舗が海外にしかないから」(17%)と、商品に対してオンリーワン思考の強い人が、好んで海外のインターネット通販を利用する傾向にあるのかもしれません。

Q5.あなたは、国内のインターネット通販でどのようなものを購入したことがありますか?
(複数回答、回答者数:全体701人、男性294人、女性407人)
国内のインターネット通販を利用し、どのようなものを購入しているのか調べてみたところ、1位「食品・飲料」( 49%)2位「CD・DVD」(48%)3位「アパレル(洋服など)」(47%)4位「雑誌・コミック・書籍」(45%)5位「美容・コスメ・健康食品」(38%)が上位にランクインされました。

また、調査結果を男女別にセグメントしたところ、男女がそれぞれ購入しているものに違いがあることがわかりました。
男性(701人中294人)は1位「雑誌・コミック・書籍」(47%)2位「CD・DVD」(46%)3位「食品・飲料」(46%)4位「家電・デジタル機器」(42%)5位「アパレル(洋服など)」(33%)と、商品ごとの個体差が少なく、実物を見なくても躊躇なく購入できる商品が比較的好まれているようです。

一方、女性(701人中407人)は1位「アパレル(洋服など)」(58%)2位「食品・飲料」(51%)3位「CD・DVD」(49%)4位「美容・コスメ・健康食品」(49%)5位「アパレル小物(バッグ・靴など)」(45%)など、男性が購入するものと比較して、洋服や靴、バッグなどの自分自身が身につけるアイテムや、コスメや健康食品などのリピートして購入する商品が売れ筋のようです。

Q6.あなたが国内のインターネット通販を利用する場合、 1回あたりの平均購入金額はいくらですか?
(複数回答、回答者数:701人)
 3,000円~5,000円未満(43%)
 5,000円~10,000円未満(4%)
 3,000円未満(29%)
 10,000円~20,000円未満(9%)
 20,000円以上(2%)

Q7.あなたは、どのくらいの頻度で 国内のインターネット通販を利用しますか?
(複数回答、回答者数:701人)
 1ヶ月に1回程度(35%)
 2~3ヶ月に1回程度(24%)
 2週間に1回程度(15%)
 半年に1回程度(13%)
 1週間に1回程度(6%)
 1年に1回程度(4%)
 1年に1回未満(4%)
 2~3日に1回以上(4%)

国内でインターネット通販を利用する際の1回あたりの平均購入額を調査したところ、43%の人が3,000円~5,000円未満の範囲内でショッピングを楽しんでいることがわかりました。
続いて、5,000円~10,000円未満(34%)3,000円未満(29%)となっており、20,000円以上使うと回答した人は全体のわずか2%と、インターネットで高額な買い物をする人は非常に少ないようです。
また、「あなたは、どのくらいの頻度で国内のインターネット通販を利用しますか?」という質問に対し、「1ヶ月に1回程度」と回答する人が全体の35%と最も多く、休日にショッピングに出かけるように、インターネット通販で月に1回ショッピングをするといったユーザーも増えてきているのかもしれません。

国内に限らず、海外のインターネット通販も併せて利用すれば、「世界中、どこにでも、好きなときにショッピングに出かけられる」とも考えられますね。

【ECのミカタWEB概要】
「ECのミカタWEB(http://ecnomikata.com/)」は、2011年に公開されたEコマース業界に特化したメディアポータルサイトです。
Eコマースソリューションを提供する企業のなかで、注目を集める企業にフォーカスした動画メディア「ECのミカタTV」や、月100本以上のEコマース業界ニュースを配信しています。
他にも、専門家コラムやソリューション提供企業のクレームを集める「EC業界目安箱」といったユニークなコンテンツをはじめ、EC業界全体を簡単に把握できるマップ「EC業界相関図 2014年度版」のダウンロード配信など、日々複雑化するEコマース業界の情報取得に役立つサイトとなっております。

ジャンル
調査・研究結果
業界
IT・通信[エンタープライズ]
掲載日
2014年 07月 01日
タグ
調査 通販 インターネット EC 買い物

月別掲載数

お知らせ