無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

NPO日本スターリングエンジン普及協会 「一色尚次賞」の公募を致します! 公募期間:平成26年4月1日~6月末 スターリングエンジンの普及や製品開発、発明・技術開発に卓越した成果・功績上げた個人、団体、製品を顕彰

NPO日本スターリングエンジン普及協会のプレスリリース2014年 04月 12日

プレスリリース
2014年4月吉日
報道機関各位

NPO日本スターリングエンジン普及協会「一色尚次賞」の公募を致します!
公募期間:平成26年4月1日~6月末スターリングエンジンの普及や製品開発、発明・技術開発に卓越した成果・功績上げた個人、団体、製品を顕彰
 
NPO日本スターリングエンジン普及協会(理事長:鶴野省三、本部:東京都千代田区)では、この度、スターリングエンジンの普及や製品開発、発明・技術開発に卓越した成果・功績を上げた個人、団体、製品を顕彰する「一色尚次賞」を創設致しました。
 
本年は第1回の「一色尚次賞授与」を行うため、ここに公募を行います。優れた業績を多数ご推薦賜りたくお願い致します。
 
「一色尚次賞」は「本賞」と「奨励賞」があり、選考対象はいずれも選考基準の第2項(別紙)に記載してありますが、本賞の特徴はスターリングエンジンに関する製品や技術に加えてビジネス活動の成果も含まれることです。
 
また受賞候補者は「選考委員会」が調査しノミネート致しますが、調査力には限界があり、埋もれた成果を発掘するためにご助力を頂きたく「公募」を行うものです。

 1.公募期間 平成26年4月1日~6月末
 2.推薦方法 添付推薦書に必要事項を記載し下記事務局まで「電子メール(郵送も可)」でお送り下さい。
 3.推薦書送付先&お問い合わせ先
   〒101-0047 東京都千代田区内神田1-12-12 美土代ビル3F
       NPO日本スターリングエンジン普及協会 
一色尚次賞選考委員会事務局 江川 正宛て
  e-mail: eco-stirling@kne.biglobe.ne.jp
Tel. 03-6412-9964 FAX 03.-3294-5062

一色尚次(いっしき・なおつぐ)略歴
1922年11月東京に生まれる。1945年9月東京帝国大学第2工学部航空原動機科卒業。同大学特別研究生。1947年4月運輸省運輸技術研究所、船舶技術研究所機関開発第2部長。1957~59年米国MIT留学、Advanced Eng.Degreeを授与される。1960年東京大学より工学博士。1968年4月東京工業大学教授、1983年3月退官。同大学名誉教授。1984年4月~1998年3月日本大学工学部機械工学科教授。この間、日本機械学会第60期会長はじめ学協会の要職を歴任。学会賞多数受賞、著書多数。1999年5月勲3等旭日中綬章受章。晩年はスターリングテクノラリー技術会会長(17年間)、NPO日本スターリングエンジン普及協会名誉会長(7年間)としてスターリングエンジンの発展と後進の育成に情熱を注がれた。
 
■NPO 日本スターリングエンジン普及協会の概要■

・本部事務所:〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目12番12号
       Tel. 03-6412-9964 FAX: 03-3294-5062
・目的 スターリングエンジンの早期実用化・普及に努め、新たな産業を創生
し、環境に優しいスターリングエンジンの特徴によって“バイオマス・
ニッポン総合戦略”が目指す循環型社会の構築に貢献します。
・活動内容  スターリングエンジンビジネスモデル開発とビジネス推進支援
スターリングエンジン利用技術開発支援事業
新エネルギー利用技術の開発支援事業
ビジネス環境整備のための関係法規の整備促進や普及のための
政策提言 普及・啓蒙活動
スターリングエンジンに関するナショナルセンターの構築等
・設立 2006年10月
・理事長 鶴野省三(防衛大学校名誉教授)
・HP http://www.eco-stirling.com/

<内容・取材に関するお問合せ先>
NPO日本スターリングエンジン普及協会事務局:
〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目12番12号  
Tel. 03-6412-9964 FAX: 03-3294-5062

一色尚次賞選考基準
1.授与対象
スターリングエンジンの普及や製品開発、発明・技術開発に卓越した成果・
功績を上げた個人、団体、製品を対象とする。
授与対象は国内に限定しない。

2.選考対象 
 ①製品開発・普及に関する成果・功績
  ・市場開拓・用途開発やビジネスモデル開発に対する貢献・功績。
  ・量産エンジンの開発・・・但し、販売成果を伴うこと。
  ・社会にインパクトを与え、高い評価を受けた製品(=商品)の開発。
  ・スターリングエンジンの普及に顕著な実績・成果を挙げた活動。
 ②発明・技術開発に関する成果・功績
  ・スターリングエンジンのイノベーションに貢献した発明・技術開発・研
究成果。
・量産化に貢献した技術開発。
 ③上記に拘わらず選考委員会が本賞の趣旨に値すると評価するもの。
3.選考方法
 ・受賞候補の調査は選考委員会のもとに調査スタッフを置き、選考委員会がノミネートすると共に、埋もれた成果を発掘するための公募を行う。
 ・受賞対象の決定方法は、選考委員の2/3以上の賛成を得るものとする。
4.表彰
 ①本賞と奨励賞とする。
 ・本賞:「一色尚次賞」。
 ・奨励賞:「一色尚次賞(奨励賞)」
  *(奨励賞)付記は下段とする。  
 ②表彰は、賞状および楯とする。
 ③表彰説明書を作成する。
  ・一色尚次賞の趣旨と一色尚次先生の学者・研究者としてのプロファイル
を準備する。
・受賞者のプロファイル(受章に値する業績)のフォーマットを準備する。

一色尚次賞選考委員会名簿
委員長 濱口 和洋(明星大教授)
委 員 香川 澄(防衛大教授)
一色 正男(神奈川工科大教授)
遠藤 順一(神奈川工科大学名誉教授)
山名 康弘(SE普及協会顧問)
松尾 政弘(SE普及協会顧問)
秋葉 武志(SE普及協会副理事長)
鈴木 年雄(SE普及協会顧問)
事務局 江川 正(SE普及協会理事)

平成25年12月1日制定
NPO日本スターリングエンジン普及協会

ジャンル
経営情報
業界
その他
掲載日
2014年 04月 12日
タグ
スターリングエンジン 一色尚次賞の創設、公募開始 技術開発

月別掲載数

お知らせ