無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

人間とロボットは共存可能、過半数の人が評価! AI(人工知能)への関心高まる! AQU先端テクノロジー調査

株式会社AQU先端テクノロジー総研のプレスリリース2014年 04月 02日

報道関係者各位

━━━━━━━━━━━━……‥・・・ ・ ・ ・ ・・‥…━━━━━━
人間とロボットは共存可能、過半数の人が評価
AI(人工知能)への関心高まる! AQU先端テクノロジー調査
━━━━━━━━━━━━……‥・・・ ・ ・ ・ ・・‥…━━━━━━
http://www.aqu.com/ai-enquete/ AI、脳型コンピュータ、知的ロボット需要動向調査
http://www.aqu.com/aqu-news/2014-4-1.pdf ニュースリリース
http://www.aqu.com/ai-enquete/sample-1.pdf 内容サンプル
━━━━━━━━━━━━……‥・・・ ・ ・ ・ ・・‥…━━━━━━

先端技術市場の調査会社、AQU先端テクノロジー総研(AQUARIUS最先端研究所)(代表、子安克昌)は、このたび、AI、脳型コンピュータ、知的ロボットに関するアンケート調査を実施しました。今回の調査では、インターネットを利用して、10代、20代、30代、40代、50代、60代 (均等)、合計2,300人を対象に、3月24~28日に行われました。

その結果、「人間とロボットは共存してゆける」という基本的な質問については、「そう思う」が52.4%となり、2人に1人がロボットを前向きに考えていることが分かりました。「災害対策、介護支援、家事等でロボットが普及する」と考えている人は、76.8%にのぼり、今後、需要が拡大してゆく方向が明確になってきました。

人工知能(AI)の技術に関係する、自動運転車については、「将来、価格など条件が合えば、購入して、利用してみたい」とする見方は、37.8%で、「そうは思わない」という見方を上回りました。いっぽうで、「完全自動運転車でなくても、安全性が増すならそれでよい」とする見方は、59.6%となっており、現状のセンサー等の開発の流れが、現状に沿ったものとして肯定的に見られている点が注目されます。

ところで、産業の大局的トレンドは、農業革命 → 工業革命 → 情報革命と続いてきてますが、次は果たして何がふさわしいか? について質問したところ、結果として、「エネルギー革命」、「医療革命」、「AI革命」が上位となりました。エネルギーや医療は以前より一般的に意識されてきたものですが、「AI革命」はここに来て浮上してきたといえるでしょう。これに続くものとしては、「環境革命」、「細胞革命」、「ロボット革命」、「意識革命」などです。地球環境への取り組みや万能細胞、またロボットへの関心の高さが伺える結果となっています。また「意識革命」については、脳科学や人工知能、そしてまた人間の心、価値観といったものと深く結びついており、今後注目されるキーワードになってゆく可能性があります。

以下、いくつかの注目ポイントについて、お知らせいたします。

—————–

【人工知能(AI)搭載のロボット等に対する見方】

ロボットと人間は共存、共生できるか? というテーマは何かと話題になるものであるが、ここでは、とのように考えているか、について質問した。

「人間とロボットは共存してゆける」という基本的な質問については、「そう思う」が52.4%とほぼ、2人に1人の割合となった。「そうは思わない」は少なく、14.6%であった。全体的には、ロボットを好意的に見ている結果となった。その他、注目したいところでは、「宇宙ステーションや、月などでもロボットが活躍する」79.7%、「災害対策、介護支援、家事等でロボットが普及する」76.8%、「農業、医療などでロボットが普及する」73.0%、「ロボットの普及により、人間の生活は豊かになる」57.5%、と前向きにロボットをとらえている点が注目される。

(※詳細、別途)

【工業革命 → 情報革命 → これに続く革命は?】 

情報革命の次は果たして何がふさわしいのか? まさに現在進行中のものであり、適切な名前は後世の人々により決められると考えられるが、現時点で未来を予測したときに、一般の人々の認識はどのようなものか?について、とらえようとしたものである。

結果として、「エネルギー革命」、「医療革命」、「AI革命」が上位となった。エネルギーや医療は以前より一般的に意識されてきたものであることから、「AI革命」は新鮮に映るといえよう。これに続くものとしては、「環境革命」、「細胞革命」、「ロボット革命」、「意識革命」などがある。地球環境への取り組みや万能細胞、またロボットへの関心の高さが伺える結果となっている。また「意識革命」については、脳科学や人工知能、そしてまた人間の心、価値観といったものと深く結びついており、今後注目されるキーワードになってゆく可能性がある。

(※詳細、別途)

このほか、

【自動運転車に対する見方】
【脳波応用製品の利用関心度】
【期待する分野】
【人型ロボット、遠隔操作ロボット、見守りロボット等の可能性】
【これからの、感動ビジネスについて】

について、質問している。

【人型ロボット、遠隔操作ロボット、見守りロボット等の可能性】

について、協力者より熱いコメントが得られたので、一部について、紹介したい。

【人型ロボット、遠隔操作ロボット、見守りロボット等の可能性】

介護ロボットや見守りロボットへの期待は大きいようだ。たとえば、「一人暮らしの老人の介護から、身寄りのいない高齢者の孤独死の問題に貢献できるロボット開発が進めばよいと思う。」、「見守りロボットで高齢者の生活を助けたい。」といった意見があるように、現場では切実な問題を抱えており、AIを搭載した新しいロボットへの期待が高まっている。
いっぽう、災害地や農業、あるいは宇宙開発・月面活動といった新分野でのロボットへの期待も大きい。自ら学習機能を持つロボットは、新分野を開拓し、人間の活動を大きくサポートしてゆくと考えられる。以下のように、貴重な意見が寄せられた(一部)。

・ 私は介護の現場で働いています。介護の現場は女性が多く、大変な過酷な現状があります。介護ロボットの進歩、普及を期待しています。又、家族が崩壊しており、独居高齢者、子供をあてにできない高齢者も多く、一人暮らしが寂しいと訴えています。家でコミュニケーションを図れ、見守り機能もあり、家事もしてくれるロボットを期待しています。
・ 介護福祉の分野での活躍を期待する。特に一人暮らしの老人の介護から身寄りのいない高齢者の孤独死の問題に貢献できるロボット開発が進めばよいと思う。
・ 高齢化社会に向けて、リハビリや介護の面での活用を願っています。
・ お年寄りや体の不自由な人の行動を支援するロボットは今後必要になると思う。感情の必要ない力仕事や単純作業にはロボットが一番良い。
・ 介護ロボットの発展を最も期待します。介護は力仕事なのにほとんどが女性に負担が多くかかっている現状を変えてもらいたいです。
・ お年寄りの癒しに役立つロボットなどが普及すれば、痴呆症を治せないかもしれないが、ご本人たちの表情が随分柔らかくなると思う。
・ 人型ロボットと遠隔操作ロボットと見守りロボットと分身ロボットを合体させたロボットが活躍すればよいと思う。
・ 災害地などの場所に人工知能を持ったロボットが積極的に操作や支援などに行く。
・ 月面での活動でロボットが活動していると思う。
・ 将来は人工知能が有望視。
・ 自動運転の車が早く実用化されてほしい。

※ 調査結果詳細は、同社の調査報告書「AI、脳型コンピュータ、知能ロボットの開発動向と今後の市場展望に関する調査」(近日発刊予定)に反映される予定となっています。なお、AI、脳型コンピュータ、知的ロボットに関する需要動向調査のみの販売も受け付けております。(ただし、需要動向調査の販売は期間限定で、予定数に達しましたら、締め切らせていただきます。)

http://www.aqu.com/ai-enquete/

※お問い合わせ連絡先
************************************************************
株式会社AQU先端テクノロジー総研
http://www.aqu.com/  
〒260-0027千葉市中央区新田町36-15  
千葉テックビル6F  FLPC
TEL 043-204-1258        
FAX 043-204-1316
子安、那須
info@aqu.com
************************************************************

ジャンル
調査・研究結果
業界
IT・通信[コンシューマ]
掲載日
2014年 04月 02日
タグ
ロボット 人工知能 AI 脳型コンピュータ 意識革命

月別掲載数

お知らせ