無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

日本文学フェアー開催。第2弾:iBooks『1万人が選んだ感動の名作集!横光利一』期間限定100円

株式会社 セブンラックのプレスリリース2014年 01月 28日

株式会社セブンラック(沖縄支社:沖縄県那覇市おもろまち)は、日本文学ファン待望の日本文学フェアーを開催しております。
第1弾:iBooks『1万人が選んだ感動の名作集!有島武郎』に続き、日本文学フェアー第2弾として、
菊池寛に師事し、川端康成と共に活躍した天才作家「横光利一」の名作9作品を収録した
iBooks電子書籍『1万人が選んだ感動の名作集!横光利一』を期間限定で特価100円にてご提供いたします。

2014年1月28日(火)~2014年2月6日(木)までの10日間限定にて通常価格350円をフェアー特価100円にて提供します。

新しい手法による新しい感覚の表現を試み、作品に描き込んだ
横光の独特の文章感覚は、80年近くの時を経ても、その新しさを保ち続けています。

<書籍概要>

タイトル:『1万人が選んだ感動の名作集!横光利一』
カテゴリ:ブック・フィクション/文学>文芸
リリース:2013年11月8日(金)
価 格 :通常価格350円(フェアー特価100円)

◇iBookstoreリンク
http://bit.ly/1dcSHNM

30代半ばで「文学の神様」と称された横光の評価は、敗戦を境に地に落ちました。
文壇のトップランナーとして文芸銃後運動の中心にあったことが指弾されたのです。
「戦犯文学者」との汚名を着せられ、多くの弟子、崇拝者が離れていきました。
そんな背景があるにも関わらず、今なお読者を魅了し続ける
非の打ち所のない構成、美しくリズムのある文章、ありありとその情景がうかぶ巧みな描写などは見事としか言いようがありません。

当時の文壇を驚かせ、現代においても色褪せることのない巧みな文章で綴られる
横光利一の作品をご堪能下さい。

◆目 次
 
・蠅
・頭並びに腹
・春は馬車に乗って
・ナポレオンと田虫
・睡蓮
・機械
・上海
・旅愁
・日輪

◆著者略歴
横光利一(よこみつりいち) 1898‐1947(明治31‐昭和22)

小説家。福島県生れ。早大中退。
《文章世界》などへの投稿、富ノ沢麟太郎、中山義秀らとの同人雑誌《街》《塔》を経て菊池寛に認められ、〈日輪〉〈蠅〉を同時発表して1923年文壇に登場。
この前後の作では〈悲しみの代価〉〈御身〉などが注目される。
24年、川端康成、片岡鉄兵らと《文芸時代》を創刊。
既成のリアリズムに対して新しい表現を目指し、新感覚派の文学運動を展開。
プロレタリア文学にも対抗した。
28‐29年にはプロレタリア派の蔵原惟人らとの間で、文学の形式と内容に関して〈形式主義文学論争〉が交わされた。

◆iBookstoreでの電子書籍購入方法
(1)お手持ちのApple端末の「App Store」のアプリを起動
(2)「App Store」から「iBooksアプリ」(無料)をダウンロード
(3)「iBooksアプリ」を起動し、購入希望作品を検索、ダウンロード、購入

※PCの場合
(1)AppleのホームページからiTunesを無料ダウンロードし、インストール
(2)「iTunes Store」で「ブック」を選択。または、購入希望作品を検索、ダウンロード、購入

◆当プレスに関するお問い合わせ先
株式会社 セブンラック
U R L :http://7luck.asia
T E L :098-861-3238
M A I L :r.morimoto@7luck.asia
担 当 :メディア事業部 森本

ジャンル
キャンペーン
業界
IT・通信[エンタープライズ]
掲載日
2014年 01月 28日
タグ
電子書籍 文学 名作集 横光利一 iBooks

月別掲載数

お知らせ