無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

東京漢語角の仲間が初詣ボランティアに参加

日本僑報社のプレスリリース2014年 01月 13日

「日本僑報」によると、年も明けた1月の7・8・9日、東京都港区広尾の特別養護老人ホーム麻布慶福苑において新年恒例の初詣が行われ、東京漢語角(中国語コーナー)の仲間が車椅子介助ボランティアとして参加した。
施設に入居している皆さんは、例年近くの広尾稲荷神社まで車いすで行き参拝とおみくじを引いて新たな年の運勢を占っていたが、昨年、一昨年はインフルエンザ、ノロウイルスの流行で中止となったため3年ぶりの初詣となった。
漢語角の仲間は昨年末の餅つきボランティアにつづき今回も中国からの留学生王彤さん(一橋大学大学院)と岩楯嘉之氏が参加しお年寄りと会話をしながら車いすを押した。
初詣に参加した皆さんの平均年齢は90歳以上、今、日中間は好ましからざる関係ではあるが、ボランティアとして参加した留学生の皆さんは国の壁など関係なく、人生の大先輩と素直に心を通わせた。(文・写真、岩楯嘉之NPO法人日中交流支援機構事務局長)

ジャンル
その他
業界
その他
掲載日
2014年 01月 13日
タグ
日本僑報社 日中交流 漢語角

月別掲載数

お知らせ