無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

設立

合同会社日本鉄道マーケティングのプレスリリース2014年 01月 06日

日本鉄道マーケィング設立 (編集)
投稿日:2014年1月6日
IT業界のノウハウを活用し、地域鉄道と地域企業のマーケティングを支援
地域の活性化を実現します

2014年1月6日

 2014年1月6日、合同会社日本鉄道マーケティング(本店 東京都武蔵野市桜堤3−3−15 代表社員 山田和昭)は12月2日に会社を設立し活動を開始した事を発表しました。国内唯一の鉄道を専門とするマーケティング企業として、実績あるコストパフォーマンスの高いマーケティング手法を用い、国内各地で苦境に立たされている地域鉄道とその沿線企業に実績あるマーケティングサービスを提供し、活性化に貢献します。

今、国内の地域経済は疲弊し過疎高齢化は深刻さを増しています。地域経済を支える地域鉄道は苦境に立たされ、2001年以来東京—姫路間に相当する670キロを超える路線が廃止されました。線路がバスに代わった地域では、ランドマークである線路を失い、高齢者の外出が減り、経済が更に悪化する例もあります。しかし、地域の鉄道事業者の多くは、輸送業務を継続する最低限の人員に絞り込んでいるため、マーケティングや営業に手が回らず、シェアの低下に手だてが打てず、変革への戦略も立案できない状況に追い込まれています。また、地域鉄道を支える自治体や地域は鉄道ビジネスのノウハウに薄く打ち手をなかなか見いだせない状況の中、11月に成立した交通政策基本法では自治体の更なる関与が求められています。

このような社会的状況に鑑み、地域鉄道の体力に応じたマーケティングサービスの提供を通じて地域の活性化に寄与する事を目的に、日本鉄道マーケティングは設立されました。IT業界のノウハウを活用し地域鉄道に適したマーケティング手法を秋田県由利高原鉄道株式会社と共同で開発。マーケティングに関するコンサルティングから地域コーディネート、商品企画、ネットマーケティング、広報支援のサービスを提供。webページは更新が容易でスマートフォンでの閲覧にも対応したシステムを採用し、サーチエンジン対策やFacebookを通じた情報発信により閲覧数を増やします。また、話題を呼ぶ「広報商品」として車窓ビデオと組み合わせた地酒セットやキャラクター商品を開発し完売した実績もあり、プレスリリースやブリーフィング等の広報活動も支援します。地域の活性化と地域鉄道の経営健全化は一体のため、これらのサービスは地域鉄道とともに沿線企業も対象とされます。お試しプログラムでは、以上のサービスが3ヶ月間99,800円という低価格にて提供され、複数の鉄道事業者ならびに沿線企業と商談が進んでおり、公式Facebookページにも業界関係者による書き込みが相次ぐなど、今後の展開が期待されます。

以上

■日本鉄道マーケティングとは
地域鉄道の体力に応じたマーケティングサービスの提供を通じて地域の活性化に寄与する事を目的に、日本鉄道マーケティングは設立されました。IT業界のノウハウを活用し秋田県の第3セクター鉄道由利高原鉄道株式会社と共同で地域鉄道に適したマーケティング手法を開発。サービス範囲はコンサルティングから地域コーディネート、商品企画、ネットマーケティング、広報支援など幅広くカバーします。地域の活性化と地域鉄道の経営健全化は一体のため、これらのサービスは地域鉄道とともに沿線企業も対象とされます。

本社 東京都武蔵野市桜堤3−3−15 代表社員 山田和昭

会社名:合同会社日本鉄道マーケティング(Japan Railway Marketing LLC.)

資本金:120万円
設 立:2013年12月2日
決 算:11月30日

公式Web: http://jrmkt.com
公式Facebookページ: https://www.facebook.com/japanrailwaymkt

TEL:080-6717-0448

○代表社員 山田和昭
1963(S38)生まれ(50歳)、早稲田大学理工学部工業経営学科卒
1987年よりIT業界(CSK, Lotus, COGNOS, SAS) にてシステム開発営業、営業企画、プロダクトマーケティング(商品・販売企画)、カスタマーマーケティング(顧客囲い込み)、コーポレートマーケティング(広報・企業ブランディング)など、販売拡大に関わるマーケティングと営業業務を統括および実施。2012年8月より秋田県 由利高原鉄道 ITアドバイザーとして、ネットマーケティング、商品企画などを行い、業績改善に貢献。
資格 情報処理2種、CISA(システム監査人)、国内旅行業主任者、宅地建物取引業主任者(試験合格)、普通自動車1種免許、剣道初段

■由利高原鉄道株式会社とは
由利高原鉄道(鳥海山ろく線)は昭和60年 第一次廃止対象線区であった国鉄矢島線を引き継ぐ第三セクター鉄道として誕生しました。日本海に面する秋田県由利本荘市の羽後本荘駅から鳥海山の麓である矢島駅までの全長23.0kmの路線で、地域の方々からは公募で決まった「おばこ号」の愛称で親しまれています。観光客からは東北屈指の名山「鳥海山」を仰ぎながら、美田地帯を子吉川に沿って走る素朴で懐かしい車窓と、秋田おばこ姿のアテンダントが人気です。前郷駅では旅客鉄道としては珍しい「タブレット交換」を見る事もでき、これが本州では残り3線区(全国では4線区)のみとなったため鉄道ファンの注目も集まっています。2011年6月に公募で社長に就任した春田啓郎により、旅行業界の経験と鉄道ファンの知識を活かし、秋田おばこ姿のアテンダントを増員し接遇を向上させるとともに、旅行会社との契約を締結し団体客を誘致。さらに鉄道ファンによる企画会議ツアー、こいのぼり列車、由利高原鉄道検定試験など特色のあるツアーやイベントを次々に打ち出しています。

本社 秋田県由利本荘市 矢島町七日町字羽坂21番地2、代表取締役社長 春田啓郎

ホームページhttp://www.obako5.com
Facebookページ http://www.facebook.com/yurirail Twitter @yuri_tetsudou

実績など詳細はプレスリリースページにてご紹介しています。
http://jrmkt.com/?p=130

ジャンル
経営情報
業界
広告・マーケティング
掲載日
2014年 01月 06日
タグ
マーケティング 広報 地域鉄道 ローカル線

月別掲載数

お知らせ