無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

藝大プロジェクト2013 コンサート「テレビ60年と昭和の歩み」

スリーシェルズのプレスリリース2013年 10月 09日

山田耕筰、古関裕而、3人の会、小林亜星、オリンピック、ドリフ、美空ひばり、昭和を彩る名曲を藝大の奏楽堂で!

藝大プロジェクト2013 消える昭和~その時、世界は?
第3回「テレビと音楽~放送から見える昭和」
http://www.geidai.ac.jp/facilities/sogakudou/info/20131012_14_01.html
チラシ http://www.geidai.ac.jp/facilities/sogakudou/info/20131012.pdf

トークイン・コンサート「テレビ60年と昭和の歩み」

総合司会:片山杜秀(音楽評論家・慶應大学法学部教授)
ゲスト:たかしまあきひこ(作曲家)、山本高樹(造形作家)
ナレーション:佐々木正洋
企画協力:新井鴎子、西耕一
演奏:松下功/東京藝術大学音楽学部器楽科学生有志他

2013年10月12日(土)15:00開演(14:30開場)

東京藝術大学奏楽堂
東京都台東区上野公園12-8 東京藝術大学音楽学部構内
JR上野駅・鶯谷駅、東京メトロ千代田線根津駅より徒歩10分
京成線上野駅、東京メトロ日比谷線上野駅・銀座線上野駅より徒歩15分
地図 http://www.geidai.ac.jp/facilities/sogakudou/access.html
※駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください

入場料:2,000円(全席自由)

◆プロローグ テレビ前史~ラジオからテレビへ
 M-1 《JOAKマーチ》(1925)(山田耕筰作曲/久松義恭編曲)
 M-2 《とんがり帽子》(1947)(菊田一夫作詞/古関裕而作曲)
 トーク「戦後の混乱とGHQの占領政策」
◆パート1 テレビ放送開始
 M-3 日本テレビ《鳩の休日》(1953)(深井史郎作曲/松本敏晃編曲)
 M-4 日本テレビ《スポーツ行進曲》(1953)(黛敏郎作曲/松本敏晃編曲)
 トーク「初めての"テレビ体験"」
 時代の証言(VTR):黒柳徹子(女優)
 M-5 NHK《ヤン坊ニン坊トン坊》テーマ(1954)(飯沢匡作詞/服部正作曲/山下祐加編曲)
 M-6 《祝典行進曲》(1959)(團伊玖磨作曲)
 トーク「メディアとしてのテレビ」
 M-7 初期CM音楽傑作選メドレー(山下祐加編曲)
   〈ワ・ワ・ワ・輪が三つ〉(三木鶏郎作詞・作曲)
   〈明るいナショナル〉(三木鶏郎作詞・作曲)
   〈ジンジン仁丹〉(三木鶏郎作詞・作曲)
   〈伊東に行くならハトヤ〉(野坂昭如作詞/いずみたく作曲)
   〈チョコレートは明治〉(いずみたく作詞・作曲)
   〈明治ポリック 水虫出たぞ〉(山上路夫作詞/いずみたく作曲)
 時代の証言(VTR):小林亜星(作曲家)
   〈ワンサカ娘〉(小林亜星作詞・作曲)
   〈清酒大関〉(小林亜星作詞・作曲)
   〈日立の樹-この木なんの木〉(伊藤アキラ作詞/小林亜星作曲)
-休憩-
◆パート2 テレビの黄金時代~ヒーローの誕生
 M-8 《月光仮面は誰でしょう》(1958)(川内康範作詞/小川寛興作曲)
 M-9 テレビ黄金期の番組テーマ集(山下祐加編曲)
   〈夢であいましょう〉(1961)(永六輔作詞/中村八大作曲)
   〈シャボン玉ホリデー〉(1961)(前田武彦作詞/宮川泰作曲)
   〈七人の刑事〉(1961)(山下毅雄作曲)
   〈コンバット〉(1962)(L.ローゼンマン作曲)
 トーク「記憶に残るテレビ番組」
 M-10 《フックト・オン・アニメヒーロー》(渡辺岳夫他作曲/小島里美編曲)
    巨人の星~鉄腕アトム~鉄人28号~マジンガーZ~宇宙戦艦ヤマト~
    狼少年ケン~あしたのジョー~ハリスの旋風~ゲゲゲの鬼太郎~
    魔法使いサリー~ウルトラマン~アルプスの少女ハイジ~天才バカボン~
    科学忍者隊ガッチャマン~タイガーマスク~アタックNo.1
 M-11 NHK《赤穂浪士のテーマ》(1963)(芥川也寸志作曲/福田滋編曲)
 トーク「語られる"昭和の記憶"」
 M-12 《東京オリンピックファンファーレ》(1962)(今井光也作曲)
 M-13 《オリンピック・マーチ》(1964)(古関裕而作曲)
◆パート3 テレビは茶の間の主役
 M-14 たかしまあきひこ作・編曲集
    TBS《8時だョ!全員集合》より〈オープニング・テーマ〉〈盆回り〉〈落ち音楽〉
    《FNNニュース・テーマ》
    《FNNスーパータイム・テーマ》
 トーク「ザ・ドリフターズの人気」
 M-15 《上を向いて歩こう》(1961)(永六輔作詞/中村八大作曲)
 トーク「テレビから生まれたヒット曲」
 M-16 《こんにちは赤ちゃん》(1963)(永六輔作詞/中村八大作曲)
 M-17 《北風小僧の寒太郎》(1974)(井出隆夫作詞/福田和禾子作曲)
 M-18 《昭和枯れすゝき》(1974)(山田孝雄作詞/むつひろし作曲)
 M-19 《UFO》(1977)(阿久悠作詞/都倉俊一作曲)
 M-20 《およげ!たいやきくん》(1975)(高田ひろお作詞/佐瀬寿一作曲)
◆エピローグ 昭和の終焉
 M-21 《川の流れのように》(1989)(秋元康作詞/見岳章作曲/山下祐加編曲)

◇総合司会
片山杜秀(慶應義塾大学法学部教授):1963年、仙台生まれ。各種コラムをはじめ、膨大な量の音楽・演劇・映画評論、書評、ライナーノーツ等を手がけ、特に日本の現代音楽の分野では、独創的な切り口による批評が高い評価を得ている。著書に『近代日本の右翼思想』(講談社選書メチエ)、『未完のファシズム:「持たざる国」日本の運命』(新潮選書)、『片山杜秀の本1~5』(アルテスパブリッシング)他多数。慶應義塾大学法学部教授、東京藝術大学非常勤講師。

◇ゲスト
たかしまあきひこ(作曲家):1943年生まれ。東京藝術大学作曲科卒業後、映画やテレビをはじめメディアを舞台に活躍。故山本直純のアシスタントを務め、代表作に「8時だョ!全員集合」(TBS)など。

山本高樹(造形作家):1964年、千葉県生まれ。昭和の町並みとそこに住む人々をテーマにしたジオラマ作品を作り続ける造形作家。作品集『昭和ヂオラマ館』(メディアワークス)など。

ジャンル
イベント
業界
映画・音楽
掲載日
2013年 10月 09日
タグ
昭和 東京オリンピック ドリフ 黒柳徹子 小林亜星

月別掲載数

お知らせ