無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

P板.com、廃棄基板を無償で引き取り、発生した利益を還元する業界初「廃棄基板 無料回収サービス」を正式スタート!

株式会社ピーバンドットコムのプレスリリース2013年 06月 14日

報道関係者各位
プレスリリース
2013年06月14日
株式会社ピーバンドットコム

P板.com、廃棄基板を無償で引き取り、発生した利益を還元する
業界初「廃棄基板 無料回収サービス」を正式スタート!

  初期費用なし・オンライン自動見積もりで発注できるプリント基板のネット通販サイト「P板.com(ピーバンドットコム)」を運営する株式会社ピーバンドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役:田坂正樹)は、これまで試験的に提供していた「廃棄基板 無料回収サービス」の正式サービスを6月17日に開始します。

 「廃棄基板 無料回収サービス」は、お客様の開発試作品を無償(※1)でお引き取りし、弊社にて廃棄処理を行うサービスで、業界初の取り組みとなります。メールにて簡単に申し込みが可能(※2)で、あとは廃棄基板を送付していただくだけで1台からでも無償でお引き取りします。もちろん弊社でプリント基板をこれまでご購入いただいた方以外からの申し込みも受け付けます。

 さらに、廃棄基板をお引き取りするだけでなく、リサイクル(再資源化)利用によって、廃棄処理の際に発生する費用よりも若干の利益が出た場合は、「廃棄基板 無料回収サービス」をご利用いただいたお客様全員(※3)に対して、弊社の製造・実装サービス利用時に値引き(※4)することで還元いたします。廃棄基板には多くの有用資源が含まれており、それらをリサイクル(再資源化)利用をすることで、地球環境保全に貢献できます。

「廃棄基板 無料回収サービス」を始めるきっかけとなったのは、お客様から試作廃棄物の処分に関するお悩みを数多くお寄せいただいたことでした。試作開発品は作る量が少なく、失敗することも多いため、廃棄コストの負担が大きくなりがちです。それならば同じ悩みをお持ちのお客様の試作廃棄物を集めて一度に処分すれば、低コストでの廃棄が可能となり、むしろ利益が発生する可能性まであることに着目し、同サービスの実現に至りました。

  一般家電製品やスマートフォンなどのデジタル小型家電が廃棄されることによって生じる廃棄物は“都市鉱山”とも呼ばれ、リサイクルでいかに有効活用するかが課題となっています。P板.comはこのような資源を海外に流出させることなく、日本国内で活用できるようにしたいと願っております。
  2003年に国内初のプリント基板専門ネット通販サイトを提供開始し、取引実績12,442社(2013年3月13日現在)と国内シェアNo.1を誇るP板.comは、“開発環境をイノベーションする”という経営方針のもと、貴重な資源を有効活用することで地球環境の保全に貢献したいと考えています。

※1 送料はお客様負担となります。また、筐体部分は回収の対象外です。
※2  「ご登録のメールアドレスまたはご登録のID」、「廃棄基板の数量」、「ご担当者様の連絡先」の3点を明記の上、メールをご送付いただくと、折り返し送り先をご連絡します。
※3 「廃棄基板 無料回収サービス」を申し込み時にユーザーIDをご登録済みのお客様が対象となります。
※4 お客様1人あたりの値引き額は、利益をサービス利用者数で割った額となります。なお、利益は必ず出るとは限りません。利益が出た時点で、その時点までのご利用対象者に値引きについてご案内いたします。
 
■関連リンク
◆P板.com 廃棄基板 無料回収サービス
http://www.p-ban.com/others/recycle.html
 
【会社概要】
会社名          :株式会社ピーバンドットコム
代表者          :代表取締役 田坂正樹
本社所在地      :東京都千代田区五番町14 国際中正会館10F
設立日          :2002年4月
 
<一般のお客様からのお問い合わせ先>
電話番号 0120-439-296
メールアドレス info@p-ban.com
お問い合わせフォーム https://www.p-ban.com/form/contact_form.html
 
<報道関係者の皆様からのお問い合わせ先>
広報担当 山田 
電話番号 03-3261-3431
メールアドレス info@p-ban.com

ジャンル
商品・サービス
業界
IT・通信[コンシューマ]
掲載日
2013年 06月 14日
タグ
リサイクル レアメタル 基板 プリント基板 資源

月別掲載数

お知らせ