無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

MIYAKO待望のファーストアルバム6月5日リリース!

株式会社大本のプレスリリース2013年 06月 04日

日本の歌謡史100年をスウィートジャズ・テイストで歌う、待望のファーストアルバム完成! 

四季を感じ、人を想い、そよ風のように心地よいMIYAKOワールドが秀逸。
多くの人々が口ずさみ、心を寄せ親しんだ名曲の数々が、今、ここによみがえる。
MIYAKOの可憐な白い花びらのように透き通った歌声を、ジャズ・ピアニストの
小泉宏が“スウィート・ジャズコンボ風”にアレンジし、正統派ヴォーカルグループ
EXCELLANDの絶妙なコーラスワークが彩り、MIYAKOが誘う魅惑の世界が完成した。
【収録曲】
01. 宵待草
02. ゴンドラの唄
03. 君恋し
04. 別れのブルース
05. 蘇州夜曲
06. 港が見える丘
07. 星の流れに
08. 胸の振り子
09. 懐かしのブルース
10. 白い花の咲く頃
11. 星影の小径
12. 雪の降る街を
13. 黄昏のビギン
14. アカシアの雨がやむ時
15. 伊勢佐木町ブルース
16. 雨がやんだら
17. 京都から博多まで
18. 酒場にて
19. 逢いたくて
全19曲(63分13秒)
++++++++++++++++++++++++
MIYAKO 「白い花の咲くころ」
発売日:2013年6月5日
販売元:コロムビア・マーケティング株式会社
発売元:スバック株式会社
価格:3,000円(税込)/2,857円(税抜)
品番:SVCA-16
オフィシャルHP:
http://www.miyako-creative.com/

++++++++++++++++++++++++

【MIYAKOプロフィール】
東京都生まれ。
2009年「逢いたくて」で、アラフォーにしてメジャーデビュー。
幼少期よりその卓越した歌唱力と透きとおった歌声の魅力で数々のコンクールで入賞を果たし、中学時代に作詞作曲を始める。その後、単身渡米。留学先の米国ボストンの大学では、コマーシャルアートを専攻。卒業後はデザイナー、アートディレクター、カウンセラー等、その多彩なる才能を活かし、第一線で活躍。その後、ライフワークである音楽を再開。ヴォイス・トレーナー®、プロデューサーとして、数多くの新人のデビュー・プロジェクトに関わる一方、自らもライブを中心に地道な音楽活動を続けてきた。プロデューサーとして国内外で数々のリサイタルの企画を経験。
1996・1999年ニューヨーク・カーネギーホールで、2度に亘るリサイタルを開催。
2000・2002年には、ホノルルのハワイシアターでもリサイタルを開催。
2005年には、韓国ソウルCOEX ホールで、日韓国交正常化40周年記念事業の大イベントを開催(外務省認定事業)。
2014年には、台湾(台北)でのリサイタルも予定している。

デビュー以来、数々のステージを経験してきたMIYAKOが取り組んできたのは「美しい日本語で唄うこと」。Jazzやゴスペルもこなす幅広さで常に満員御礼のライブだが、メジャーデビュー3年目にして完成したアルバムは、その活動の集大成とも言えよう。
透明感のある伸びやかな歌声はまさに自然体。繊細かつ女性としての包容力に溢れたその艶のある歌唱は、他の誰にも表現する事の出来ない「MIYAKOワールド」であり、ライブでは、会場中が涙で埋もれる。
ビューティー・フリークのMIYAKOらしく、ライブでの衣装センスには定評があり、毎回趣向を凝らして、積極的にセルフプロデュースを楽しんでいるのも魅力のひとつだ。
また、2011年以降、仲間とともに続けている復興支援GOSPELライブ「PRAY FOR JAPAN」では、祈りの歌を唄い続けている。

* アルバム完成記念ライブ6/9(日)artcafe Friends(恵比寿)昼・夜公演 (03-6382-9050/要予約)

ジャンル
商品・サービス
業界
映画・音楽
掲載日
2013年 06月 04日
タグ
ジャズ MIYAKO 白い花の咲くころ EXCELLAND ヴォイス・トレーナーズ・アカデミー

月別掲載数

お知らせ