無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

春です!!旬真っ只中!フェア開催

株式会社スプラウトインベストメントのプレスリリース2021年 04月 06日

春の旬の食材を使った料理を季節限定でご提供!
酒場302、「春です!!旬真っ只中!フェア」開催
4月5日(月)より期間限定で提供開始

日本橋三越前、イタリア料理店酒場302(運営:株式会社スプラウトインベストメント(本社:神奈川県横浜市鶴見区、代表取締役:藤嶋 健作))は、春の旬の食材をふんだんに集めた「春です!!旬真っ只中!フェア」を開催します。この季節でした味わえない新鮮魚介、季節野菜のメニューを多く取り揃え、4月5日より期間限定(4月末までの予定)で提供を開始いたします。

旬の脂ののった桜鯛とぷっくりとまるまるとしたはまぐりのアクアパッツァや国産の香り豊かな竹の子のグリル、国産極太アスパラのビスマルク風グリルなど多くのメニューをご用意。産地直送の特別価格でご提供させて頂きます!
主なメニュー
漁師風!桜鯛と蛤のアクアパッツァ 1780円
どっさり蛤と国産竹の子の白ワイン蒸し 1180円
国産皮つき竹の子のグリル 780円
蛤と生海苔のリゾット 1280円
国産アスパラのビスマルク風グリル 880円
・提供期間:2021年4月5日(月)~4月30日(金)
※その日の仕入れ・買い付け状況により内容が変更となる場合がございます。ご了承ください
※予約なしでもご注文いただけますが、当日ご用意できる数に限りがございますので、
予約をして頂ける様お願い致します。

桜鯛は文字通り桜の咲く頃の春になります。真鯛の産卵期(3月~6月)に内湾の浅瀬の方へやってきます。そして、体が桜色をして尚且つ桜の花びらのような模様に見える斑点があるのでそれを見て桜鯛というようになったという説もあります。産卵期の前は栄養を蓄えようとしますので美味です。ハマグリというと、アサリの大きなもの程度に考えている人も多いですが、味はまったく異なります。アサリと比べると身が甘くてやわらかく、濃厚な味わいが特徴です。旬は産地によって若干違いますが、一般的に産卵期が5月から10月ごろとされますので、身に栄養をたくわえた春先の2月から4月までが、もっともおいしい時期だといわれます。4月は桜鯛、蛤共に最もおいしい時期になります。そこに旬の野菜を加え、4月限定メニューをご用意させて頂きました。春の味を是非この機会にいかがでしょうか。

■酒場302について
酒場302はオフィス街の路地裏にある隠れ家イタリアンになります。誰でも気軽に楽しめる本格シーフードイタリアンをコンセプトに“イタリアの漁師町にある食堂”をイメージしております。新鮮な魚介を使った鮮度抜群の料理と産地にこだわらず、実際に試飲し納得したものだけを厳選したワインが自慢になります。高級魚介がふんだんに入った贅沢アヒージョ、貴重な特大金目鯛をまるごとにアクアパッツァに、観ているだけでも楽しいオープンキッチンで心ゆくまで楽しいひとときをお届けします。

■店舗所在地
店舗名:酒場302(サカバサンマルニ)
住所:東京都中央区日本橋本町3-1-11 繊維会館ビル1階
電話:0362651966
HP:酒場302.com

●この記事に関する問い合わせは、
株式会社スプラウトインベストメント
〒136-0073 東京都江東区北砂7-1-28 TEL:03-6458-6094
営業サポート部 白石まで

ジャンル
商品・サービス
業界
食品・飲料
掲載日
2021年 04月 06日
タグ
シーフード はまぐり 桜鯛 竹の子

月別掲載数

お知らせ