無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

【岡山大学】文明動態学研究所 キックオフ・シンポジウム「パンデミックと文明 -感染症と向き合う過去から未来へ-」〔4月14日(水)開催〕

国立大学法人岡山大学のプレスリリース2021年 04月 05日

◆概 要
 文明の誕生以来、感染症と人類は切っても切れない関係となっています。幾度となく繰り返されるパンデミックは多くの死者を出し、社会の基盤を揺さぶり、分断や差別も生み出しましたが、大きな社会変革の契機ともなって来ました。世界的な新型コロナウイルスのパンデミックの渦中で、私たちはどこへ向かえばよいのか。文明動態のなかの感染症と人類の関係から、いま大事なことは何か、持続可能な社会をいかに築いていくかを考えます。

【日 時】
 2021年 4月 14日(水) 14:00 ~ 17:00

【場 所】
 岡山大学創立五十周年記念館(金光ホール)+ オンライン
 https://www.okayama-u.ac.jp/tp/profile/50kinenkan02.html

【タイムテーブル】(敬称略)
 13:30~14:00 会場・受付
 14:00~14:30 開会
         学長挨拶、研究所長挨拶・研究所紹介
 14:30~15:30 基調講演「Withコロナ時代の羅針盤」
         山本太郎(長崎大学 熱帯医学研究所)
 15:30~15:40 休憩
 15:40~16:00 報告1「日本古代の疾病と地域社会」
         今津勝紀(岡山大学 文明動態学研究所)
 16:00~16:20 報告2「ハンセン病者と近代日本」
         松岡弘之(岡山大学 社会文化科学研究科)
 16:20~17:00 パネルディスカッション
         山本太郎 × 今津勝紀 × 松岡弘之 × 松本直子
         司会 = 中谷文美

【対 象】
 どなたでもご参加いただけます

【定 員】
 定員100名(先着順)
 オンラインの定員はありません

【参加費】
 無 料

【パンフレット】
 https://www.okayama-u.ac.jp/up_load_files/press_r2/press20210318ridc.pdf

【申込み方法】
 4月12日(月)までに、以下のフォームからお申し込みください
 https://forms.gle/hoWv1kmUCim8YGok6

【主 催】
 岡山大学文明動態学研究所

【共 催】
 新学術領域研究「出ユーラシアの統合的人類史学」

◆本件お問い合わせ先
 岡山大学文明動態学研究所(RIDC)
 〒700-8530 岡山県岡山市北区津島中3丁目1番1号 岡山大学津島キャンパス
 TEL:086-251-7442
 E-mail:ridc◎okayama-u.ac.jp
     ※◎を@に置き換えて下さい。
 https://ridc.okayama-u.ac.jp/

 岡山大学メディア「OTD」:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000072793.html
 岡山大学Image Movie (2020):https://youtu.be/pKMHm4XJLtw
 岡山大学SDGsホームページ:https://sdgs.okayama-u.ac.jp/

ジャンル
イベント
業界
自然・環境
掲載日
2021年 04月 05日
タグ
感染症 SDGs 岡山大学 文明 人類史

月別掲載数

お知らせ