無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

津軽の魅力再発見イベンド「マヅネレツガルンド-津軽酒でだぐつぐ-」開催のお知らせ

弘前⼤学 学⽣有志団体 ドンダレクトのプレスリリース2021年 03月 06日

<津軽の魅力を津軽弁とお酒で伝えるクラフトビール店が城東閣にオープン!>

「弘前・津軽が好きだ!」「弘前にいることを誇りに思う」そう思うひとを増やすため、弘前の魅力を再発見できるイベント「マヅネレツガルンド-津軽酒でだぐつぐ-」を開催いたします。第1弾では、方言・津軽弁に注目しました。今回、注目したのはは弘前・津軽の”酒”です。弘前のおいしい日本酒、弘前で醸造されたクラフトビール、そしてりんごのお酒(シードル)を味わえます。弘前のものを食べ・呑み・触れて、弘前に思いを馳せる。たまにはそんな過ごし方はいかがでしょうか?

■イベント情報
期間:2021年3月12日(金)〜13日(土)
時間:18:00〜22:00
会場:Ripen(⻘森県弘前市鍛冶町11)

【ドリンクメニュー】
・日本酒…加藤酒店がセレクトした津軽地方の日本酒10種
・クラフトビール/Be Easy Brewingのクラフトビール4種
・シードル/もりやま園・GARUTSUのシードル計6種

【コース】
・まんずまんず:普段はお酒を飲まないという方も気軽に楽しめるコース(ドリンク 5杯、フード1品)
・たんげ:まんずじゃ物足りない方におすすめの、”たんげ”楽しめるコース(ドリンク 10杯、フード2品)
・ほいど:もう、全部飲みたい。そんな”ほいだがれ”な方のためのコース(ドリンク 15杯、フード2品)

■プロジェクト立ち上げの背景
桜・城・りんごなど、弘前に住んでいる方にとっては当たり前になってしまっている弘前の魅力を再発見してほしいという想いから、本企画を発案しました。2020年12月には、方言で飲食店をリパッケージするイベント「マヅネレツガルンド-ツガルベンデネバトチゲルメヘヤッコ-」を開催しており、本企画はその第2弾となります。

今回は「弘前のものを食べ・飲み・触れて、弘前を感じ、弘前に思いを馳せる。月に1度くらいそんな日があってもいいのではないか?」と考え、弘前の酒に注目し、お酒を交えながら弘前の魅力を再発見するイベント「マヅネレツガルンド-津軽酒でだぐつぐ-」を開催します。

企画を実現するため、弘前市鍛冶町の城東閣でクラフトビール店Ripenを営んでいる中野渡卓也さん、弘前・禅林街の加藤酒店さん、津軽地方で酒の醸造に関わる方々にご協力いただきました。

■今後の展望について
イベントに参加いただいた方々との交流を通し、次の企画を構想し、参加者とともに弘前の新しい魅力となるようなイベントを作り出します。また、地元が弘前でない方が、自身の地元を振り返るきっかけをとなり、参加された方々の地元にもイベントを拡大してきます。

■Ripenについて
2020年4月2日に弘前市鍛冶町の城東閣にオープンしたカフェバーです。北東北3県を中心としたクラフトビールと、Tシャツを販売しています。店主の中野渡卓也さんがつくりだす温かみのある雰囲気により、その場に偶然居合わせたお客同士にコミュニケーションが生まれます。

場所:⻘森県弘前市大字鍛冶町11
営業時間:18:00〜23:00
定休日:不定休
Web サイト・SNS: https://ripen-beer-tshirt.business.site、 Instagram(ripen.hirosaki)、 Facebook(Ripen)

■加藤酒店について
弘前市⻄茂森、禅林街の入り口で酒類を販売する歴史ある酒屋です。
2020年12月に移転リニューアルし、女性や若者など、より多くのひとに日本酒に親しんでほしいという思いから、イベントスペースや日本酒の量り売りサービスを設けています。

場所:⻘森県弘前市⻄茂森
営業時間:9:00〜18:30
定休日:なし
SNS: Instagram(katou_saketen)、 Facebook(加藤酒店 弘前)

■学生有志団体「ドンダレクト」について
学生有志団体ドンダレクトは、弘前・津軽を誇りに思い、「どんだ!」と自慢できるひとを増やすことを目的に活動する団体です。弘前大学人文社会科学部社会調査実習ぷしけ班volanteでの活動を経て、さらに広く強い活動をするために2020年10月に結成されました。同年12月に飲食店を方言でリパッケージするイベント「マヅネレツガルンド-ツガルベンデネバトチゲルメヘヤッコ-」を開催。

ジャンル
イベント
業界
食品・飲料
掲載日
2021年 03月 06日
タグ
日本酒 クラフトビール 弘前 津軽 鍛冶町

月別掲載数

お知らせ