無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

展示「CZECH HEROINES チェコを支えてきた女性たち」が広尾で開催

チェコセンター東京のプレスリリース2021年 03月 04日

東京・広尾のチェコセンター東京(チェコ共和国大使館内)にて、国際女性デーである3月8日より、チェコの女性の偉人たちをご紹介するパネル展示を開催いたします。チェコ共和国は歴史においても現代においても、様々な分野で多くの女性の偉人たちを輩出してきました。それにより、現代の社会における女性の役割と立場についての世界的な議論に積極的に参加することができると考えています。大公夫人ルドミラやマリア・テレジアなどの歴史上の人物、オリンピックの名花として知られるヴィエラ・チャースラフスカー、そして現代を生きるアーティストやスポーツ選手など、チェコが誇る女性たちの活躍を、西ボヘミア大学ラジスラフ・ストナル デザイン・芸術学部によるイラストとともにご覧いただけます。

【開催概要】
CZECH HEROINES チェコを支えてきた女性たち

会期:2021年3月8日(月)~4月28日(水)
会場:チェコセンター東京
150-0012 東京都渋谷区広尾2丁目16-14(チェコ共和国大使館内)
開館日時:平日10:00~19:00
※感染症拡大防止の観点から、状況に応じて開館時間を予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
入場無料

協力:カテジナ・トゥチュコヴァー(作家)、レンカ・クシージョヴァー(歴史家)
パートナー:Radio Prague International

詳細:
https://tokyo.czechcentres.cz/ja/program/ceske-hrdinky-vyznamne-zeny-ceske-historie-a-soucasnosti

本プロジェクトは、西ボヘミア大学およびラジオ・プラハ・インターナショナルの協力のもと、全世界のチェコセンター共通のプロジェクトとして始まりました。プロジェクトでご紹介している全50名の女性のうち、東京では29名の女性についてのパネルを展示いたします。(残りの21名については会場設置のタブレットにて、英語でご紹介予定です)

また、チェコセンター東京のSNSでも、シリーズとして展示内容を少しずつご紹介していく予定です。

パネルのイラストを手掛けたのは、西ボヘミア大学ラジスラフ・ストナル デザイン・芸術学部の若いクリエーターたちです。同大学教授であり、自身もイラストレーターとして活躍するレナータ・フチーコヴァー氏が指導にあたりました。

《ご来館にあたってのお願い》

感染症拡大防止のため、下記の取り組みについてご理解ご協力をいただきますようお願いいたします。なお、今後の状況によっては、臨時休館や展覧会・イベントの中止等の可能性もございますので、最新の情報はチェコセンターのウェブサイト・SNSにてご確認ください。

・マスクの着用をお願いします。スタッフもマスクを着用しご対応いたしますので、ご理解ください。

・入口での手指の消毒にご協力ください。

・発熱、咳等の風邪症状のある方はご入場を遠慮願います。(激しく咳き込まれる等の症状のある方には、スタッフがお声がけし、ご退館をお願いする場合がございます)

・観覧の際は、互いに適切な距離(2m程度)を保つようお願いいたします。

・飛沫拡散防止のため、展示室内等での会話はできるだけお控えください。

ジャンル
イベント
業界
出版・アート・カルチャー
掲載日
2021年 03月 04日
タグ
展覧会 展示 チェコ 国際女性デー 男女平等

月別掲載数

お知らせ