無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

川上奈々美、塩谷瞬ダブル主演映画「レンタルファミリー」製作決定

株式会社アリエルガーデンのプレスリリース2021年 02月 27日

石井裕一著書『人間レンタル屋』の映画化
 レンタル家族サービスなどを展開する株式会社ファミリーロマンスの代表石井裕一の著書『人間レンタル屋』が、実写映画化されることが決定した。
 本作品は、娘の為に父親をレンタルしたシングルマザー家庭の物語をオムニバス形式の連作として描く。元夫が急に家に来てレンタル父親が本当の父親でないと娘にバレてしまった母の物語、レンタルファミリーを何度もリピートして依頼する内に強く依存していく母と子供の物語、依頼者が亡くなりレンタル父親から実の父親ではないと告げられ取り残される少女の3編を映像化。レンタルファミリーのサービスを利用したことによって起こる人間関係の変化を通じ、「DV」「離婚」などの社会問題に一石を投じる。また、かりそめの家族を演じるという特殊な職業が成り立つその背景、見栄や体裁を気にする日本の国民性をもあぶりだしていく。

演技派俳優、注目の若手俳優が共演
 連作第一弾のキャスト陣は、主人公のシングルマザー・河合朋子(カワイ トモコ)役に、「全裸監督」(内田英治監督・武正晴監督)「東京の恋人」(下社敦郎監督)など数々の映画作品などで演技力が高く評価されている川上奈々美。
 同じく主人公のレンタルファミリー・三上健太(ミカミ ケンタ)役には、「パッチギ!」(井筒和幸監督) や「母 小林多喜二の母の物語」(山田火砂子監督)「シーボルト父子伝〜蒼い目のサムライ〜」(演出:木村ひさし)など映画や舞台で存在感を放つ塩谷瞬。
 朋子の元夫・松永将司(マツナガ マサシ)役には劇団ロロ所属、映画「カラオケの夜」(山田佳奈監督)で主演を務めた亀島一徳。
 朋子の娘・河合さくら役には100人の子役オーディションを勝ち抜いた丸﨑琴、しおんが本作でスクリーンデビュー。

「エターナル・マリア」の阪本武仁が監督
 監督は、数々の監督の下で助監督として経験を積み、職業蔑視されるAV女優を描いた初監督作品「エターナル・マリア」(2016)でスマッシュヒットを飛ばした阪本武仁。本作が長編2作目となる。

映画『レンタルファミリー』は、2021年2月から年末にかけて撮影、2022年に全国順次公開の予定。

ジャンル
商品・サービス
業界
映画・音楽
掲載日
2021年 02月 27日
タグ
塩谷瞬 川上奈々美

月別掲載数

お知らせ