無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

ジェローム・ララン/パリモーツァルト音楽院&パリ12区ポール・デュカ音楽院教授/サクソフォンレッスン

アンドビジョン株式会社のプレスリリース2021年 02月 08日

パリモーツァルト音楽院でサクソフォンを教えている教授に学ぶ/2021年5月8日(土) 最大3名限定
フランス音楽・芸術家協会の新人賞を獲得した、実力&実績にあふれるサクソフォン奏者。新しい世界を目指す、一歩先を行く音楽家を目指す方に最適。
ジェローム・ラランは、2004年にフランスの名誉ある新人賞に選出された、若きカリスマである。この年より、若手音楽家が集まるキャプヴェルン音楽祭の芸術監督に就任し、後進の指導を行っている。現在では、パリ郊外のオルネー・スー・ボア音楽院で教授を経て、パリモーツァルト音楽院とパリ12区ポール・デュカ音楽院の二校の教授を努めている、ヨーロッパやアジアのマスタークラスに招かれる人気教授だ。彼自身も才能を磨くことを怠らないため、生徒達からも絶大な支持を得ている。バロックからコンテンポラリー、また得意の即興で、サクソフォンという楽器の限界にチャレンジ。現代作曲家からの信頼も厚く、所属するアンサンブル・ケーンは、巨匠ブーレーズの「二重の影の対話」をはじめ、多くの現代作品を演奏。その艶やかで新しい音色と広い価値観を育んだのは、名門パリ国立高等音楽院で、著名な実力派クロード・ドラングルに師事したことが大きい。卒業後、リュクサンブール国際で優勝、ミュンヘン国際やディナン・アドルフといった著名コンクールで好成績を修め、デビュー。ソロだけでなく、室内楽奏者として、世界中の名ホールやメジャーオーケストラと協演し、各地の音楽祭に招かれている。彼の初アルバム「秋の印象」は、日本のカフアレコードからリリースされ、普段厳しい批評家達にも好評だ。そんな、生徒から作曲家、財団、批評家まで、誰もが認めるジェローム・ララン。現代感覚あふれる彼のレッスンなら、サクソフォンの魅力と可能性を、もっともっと知ることができるだろう。

■ オンライン公開レッスンの募集詳細 ■

【日程】2021年5月8日(土) 17:00~20:00
【場所】アンドビジョン・インターナショナル・ミュージック・スクール(AIMS・東京/御茶ノ水)
    ※ご自宅などからもご参加可能です。
【曲目】自由曲
【定員】最大3名限定
※外国語が苦手な方も安心の通訳付き!
※カウンセラーによるカウンセリングも可能!
※聴講(オンライン)のみの参加もOK!
https://school.andvision.net/course/13438.html

ジャンル
イベント
業界
映画・音楽
掲載日
2021年 02月 08日
タグ
オンラインレッスン 公開レッスン 音楽留学 フランス留学 サクソフォン

月別掲載数

お知らせ