無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

震災から10年を迎える岩手県釜石市発。 空想をテーマにしたWEBメディア~まちづくり会社と兼業人材との協業で立ち上げる新たな取り組みを開始~「空想ポスト」がOPEN。

合同会社sofoのプレスリリース2021年 01月 29日

岩手県釜石市に位置する釜石大観音仲見世商店街で、主に遊休不動産の活用を行う合同会社sofo(岩手県釜石市、代表社員:神脇隼人)は、同商店街のコンセプトとなる”空想参道”を基にしたwebメディアを開設し、仲見世商店街にも実際にポストを設置し、オンラインとオフラインの双方でヒトとマチの接点が生まれる取り組みをスタートします。

釜石大観音仲見世商店街のまちづくりに取り組む合同会社sofoと、「愛する地域や共感する事業にプロジェクト単位でコミットできる兼業プラットフォーム」を掲げるふるさと兼業(NPO法人G-net)の利用者がマッチングし、本メディアの立ち上げが実現しました。
新しい生活様式へのシフトとともに、オフラインの活動による新たな交流が生まれにくくなった地方のまちづくりの課題に対して、オンライン上での取り組みを通じて様々な実験を行っていきます。

◼︎空想ポストURL
・公式WEBメディア https://kuusoopost.com / 公式Twitter https://twitter.com/kuusoopost

◼︎会社概要
・名称:合同会社sofo
・所在地 : 〒026-0002 岩手県釜石市大平町3丁目9−1sofo
・設立:2018年12月11日

◼︎メディア運営委託先
・空想企画室(空企)
・神脇隼人、伊藤詩恩

◼︎本リリースについてのお問い合わせ
・Mail : info@kuusoopost.com / TEL : 080-8158-4186(神脇)

WEBメディア「空想ポスト」

空想あつまる、あふれる、かなえる。通りすがりのあの人も、世界を動かすほどの人間も、それぞれの行動や発言の第一歩は空想から始まるのかもしれない。「空想ポスト」はそんな空想にまつわるヒト・モノ・コトの想いが投函されるwebメディアです。全国の空想にまつわるヒト・モノ・コトにフォーカスし、インタビュー記事やコラムを掲載していきます。

コンセプトは空想あつまる、あふれる、かなえる

幾度もの戦災・震災を経験してきた釜石市。立ち上がる度にその原動力となったのは、個々人の強い思いと多くの応援なのではないか。
そんな釜石市の歴史や暮らしのなかでの気づきを基に、本メディアは「○○したい」という1人1人の想い、そして未来を見据える「空想」を学び、後押しすることを目指しています。
また、リアルで密な交流が制限されるなかで、この状況を好機と捉えこれまで以上に地域内外へ広がる接点を生み出すべく、全国の空想が「あつまる、あふれる、かなえる」場所へと育んでいきます。

空想の民
インタビュー記事「空想の民」では、空想を抱いて活動されている方・実際に空想を実現してきた方など、ヒトにフォーカスしてインタビュー形式でご紹介していきます。
起業家やアーティスト、都市や地方、などジャンルを問わず様々な活動をされている方々への取材を行っていく予定です。空想と名前のついた企業・団体・サービスを提供している方々にもお話を伺っていきます。
空想を描くまでの過程や、実現していく上での苦悩や葛藤など、様々な視点でインタビュイーの経験・考えを伺い、「空想」について読者のみなさまとともに学んでいきたいと思います。

こぼれ話
空想ポスト編集室によるコラム「こぼれ話」を掲載していきます。日常でふと思いついた空想にまつわる考えや世の中にまだないアイデアの空想など多様なコラムを掲載予定です。
地方での暮らしや、編集室のミーティング風景などの裏話も公開していきます。

釜石大観音仲見世通りにて、実物のポストも設置

合同会社sofoが拠点を構える釜石大観音仲見世通りでは、実物のポストを設置しています。
webメディアを通して実際に商店街に訪れた方とのつながりや、市内の様々なバックグラウンドをもった方々との新たなコミュニケーションツールとして活用して参ります。
未来の自分へ宛てた手紙や、震災10年目となる東北の未来を空想して投函するワークショプなど、実験を行っていく予定です。

ジャンル
商品・サービス
業界
出版・アート・カルチャー
掲載日
2021年 01月 29日
タグ
震災 地方創生 兼業 空想

月別掲載数

お知らせ