無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

ナッフム・エアリッヒ/ドイツ・カールスルーエ音楽大学教授/ヴァイオリンオンライン公開レッスン

アンドビジョン株式会社のプレスリリース2021年 01月 27日

ドイツ・カールスルーエ音楽大学教授ナッフム・エアリッヒ先生のヴァイオリンオンライン公開レッスン/2021年4月15日(木)最大3名限定
国際コンクール審査員も歴任し、40年近くに渡る指導法で多くの生徒をプロに育てるカールスルーエ音楽大学教授のヴァイオリンレッスンで今の癖を解決しよう!
著名音楽家を多く生み出すイスラエル出身のヴァイオリニスト、ナッフム・エアリッヒは、音楽一家の生まれだ。幼少期から自然と音楽に触れ、エルサレム交響楽団の父から8歳でヴァイオリンの手ほどきを受けた。父の手を離れ、イスラエルで最も優秀なエルサレム音楽アカデミーで世界的ヴァイオリン教師ヤール・クレスに師事し、16歳でイフラ・ニーマンやイゴール・オジムなど数多くの門弟がいる名教師マックス・ロスタルにベルン芸術大学で学ぶと優秀な成績で卒業した。ソリストとして活動する彼は、モーシェ・アツモン、エサ=ペッカ・サロネンなどの世界的著名指揮者との共演や、アルフォンス・コンタルスキー(pf)、ハルトムート・ローデ(Vla)、グスタフ・リヴィニウス(Vc)など世界の名奏者と共に室内楽を演奏している。数多くの国際的な音楽祭にも招かれ、テレビ・ラジオ放送でも頻繁に彼の音楽が放送されている。教育者としての活動はかなり早く、1981年、大学卒業後すぐにフィンランド・シベリウス音楽院で教鞭を執り始め、1991年にはドイツ・カールスルーエ音楽大学教授となる。指導以外にもパガニーニ・モスクワ国際ヴァイオリン・コンクールなど幾多の国際コンクールにも審査員として招かれている。長い教授生活で得た指導法は、多くの生徒が国際コンクールに出場し、ヨーロッパやアジアでオケ奏者や教育者としても活躍している。世界中の生徒を見てきたその目と耳は、優れた医者のように問題となる癖を発見し解決してくれるレッスンだ。こんなレッスンをドイツに行く事なく、日本で受けられるチャンスを掴んでみてはいかがだろうか。
※現在、バーデン・ヴュルテンベルク州にある銀行L-Bankから貸与で、1724年製のストラディヴァリウスを使用している。

■ オンライン公開レッスンの募集詳細 ■

【日程】2021年4月15日(木) 16:00~19:00
【場所】アンドビジョン・インターナショナル・ミュージック・スクール(AIMS・東京/御茶ノ水)
    ※ご自宅などからもご参加可能です。
【曲目】自由曲
【定員】最大3名限定
※外国語が苦手な方も安心の通訳付き!
※カウンセラーによるカウンセリングも可能!
※聴講(オンライン)のみの参加もOK!
https://www.andvision.net/program/masterclass-japan/13389-nachum-erlich-violin-online-masterclass.html

ジャンル
イベント
業界
映画・音楽
掲載日
2021年 01月 27日
タグ
ヴァイオリン ドイツ留学 オンラインレッスン 公開レッスン 音楽留学

月別掲載数

お知らせ