無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

大正浪漫喫茶-秋葉原和堂- グランドオープン中(旧:和Style.Cafe ) -大正浪漫あふれる書斎カフェ-

株式会社アキバラボのプレスリリース2020年 11月 29日

秋葉原のネットカフェ和StyleCafeが開業15周年目に屋号・業態・内装を変更し 再スタート致しました。

2020年11月11日(水) 11時 東京都千代田区外神田6-14-2サカイ末広ビル地下1階に

「大正浪漫と調合」をコンセプトにした書斎カフェ「秋葉原和堂」(あきはばらなごみどう)がオープンいたしました。
前身の和をコンセプトにしたインターネットカフェ和Style.Cafe AKIBAのDNAは継承しつつ、屋号・業態・内装・コンセプトを大きく変更し新たな店舗として生まれ変わりました。店内にはアンティークの家具を随所に使っております。
カフェ機能と書斎機能(個室)を併せ持った24時間営業の店舗です。

■閉店間際からの復活

前身の2005年11月11日に開業した「和」をコンセプトにしたインターネットカフェ和Style.Cafe AKIBAは2020年4月からコロナ禍の影響により休業しておりました。

5月には営業再開が困難な状況に陥り、再開に向けての方法を最後まで模索しつつ閉店準備も同時に進めておりました。

休業している期間中に店舗の存在意義や秋葉原という地域や本当にお客様に必要とされるお店とは、これからの時代に必要なお店は何なのかと考えておりました。

そんな状況の中、様々なご縁から、お力添えを頂き店舗の営業再開が決まりました。

このまま営業再開するのではなく、休業期間中に店舗のメンバーで考えていたことと新たなメンバーで様々な議論を交わし、15年間営業した和Style.cafe AKIBAのDNAは引継ぎ2020年11月11日「大正浪漫と調合」をコンセプトにした書斎カフェ「秋葉原和堂」として復活する事になりました。

■コンセプトは「大正浪漫」と「調合」

入口から背の高いアンティークの扉がお迎え致します。店内に入ると、貴重なステンドグラスがはめ込まれた扉越しに広々としたカフェスペースが広がります。英国からのアンティークの棚や大正時代の古書に囲まれながら飲食が可能です。食器やグラスやカップも一部アンティーク品を使用しています。

コンセプトにある「調合」とはお食事メニューのコンセプトの他コラボレーションも意味しております。

今後様々なコラボレーションを実施していきます。

■カフェスペースと個室スペースがありお選び頂けます。

オープンなCafeスペースではお食事をお召し上がり頂けます。テーブルチャージはございません。お食事のみでもご利用頂けます。カステラなどのちょっとした甘味やカレーなどの軽食のご用意がございます。

個室は区切られたプライベートスペースで1名様~3名様ほどでご利用頂けます。長時間のご滞在や、ちょっとした作業などにもぴったりです。

■コミック・書籍・古書は約1万冊

コミック・書籍・古書を約1万冊取り揃えております。
ご自由にお読み頂けます。

■公式岩下の新生姜ミュージアムショップin秋葉原を併設

旧和Style.Caféから引き続き、栃木県栃木市にある奇抜なピンクな展示で話題の岩下の新生姜ミュージアムの公式アンテナショップ『岩下の新生姜ミュージアムショップin秋葉原』コーナーを併設しており、岩下の新生姜コラボレーション商品やグッズなどをお買い求め頂けます。

店頭に陳列している商品のほかにも、店舗取り扱い商品カタログよりご希望の商品をお選びいただきフロントにて商品をお渡しいたします。お気軽にフロントスタッフへお申しつけ下さい。

また、店内では岩下の新生姜を使用したメニューの提供しております。

※一部取扱いのない商品がございますのでご了承ください。

■秋葉原和堂 概要
所在地 :〒101-0021 東京都千代田区外神田6-14-2サカイ末広ビルB1F(旧:和Style.cafe)
電話番号:03-6284-4369
営業時間:24時間 年中無休

秋葉原和堂に関するお問い合わせ先
担当:長谷・横宮・島津(ナガタニ・ヨコミヤ・シマヅ)
住所:東京都千代田区外神田6-14-2 サカイ末広ビル地下1階
TEL:090-7244-2529
E-MAIL: nagatani@nagomi-cafe.com
公式HP:https://www.nagomi-cafe.com/
写真素材をお求めの場合は上記担当までご連絡ください

ジャンル
商品・サービス
業界
その他
掲載日
2020年 11月 29日
タグ
秋葉原 アンティーク 書斎 大正浪漫 東京カフェ

月別掲載数

お知らせ