無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

介護リフトのサブスクリプションサービスの営業開始

日本ケアリフトサービス株式会社のプレスリリース2020年 11月 16日

日本ケアリフトサービス株式会社(兵庫県伊丹市、代表取締役:髙橋恒治)は、腰痛リスクやストレスを数値で測定できる新開発Malpos Major(マルポスメジャー)を活用した介護リフトのサブスクリプションサービスを12月1日より営業開始いたします。
本サービスの専用Webサイトは、https://jcls-mis.jp/です。

介護リフトは介護現場の労働環境を改善するものとして期待されていますが、導入効果がわかりにくい、使うのが難しそう、高額の費用がかかりそうという懸念を多くの介護施設からお聞きしていました。
当社はその懸念の解消にむけて、腰痛リスクを測定するMalpos Majorとサブスクリプションを組み合わせた新たなサービスを構築いたしました。
このサービスに使用する介護リフトは、パラマウントベッド株式会社(東京都江東区、代表取締役社長:木村友彦)から供給を受けるhandicare社(スウェーデン)のRiseAtlasを使用いたします。

〇 Malpos Major(マルポスメジャー)
介護スタッフの腰に装着するセンサーベルトと心拍計がセットになった当社独自の「Malpos Major®(マルポスメジャー)」で、移乗介護時に生じる腰痛リスクとストレスを測定します。
介護する時間のどこで腰痛リスクやストレスが高いのか、介護リフトの導入前の実態と導入後の効果を測定することができます。

〇 サブスクリプションサービス
介護リフトを使用しながら導入前後の腰痛リスクの変化を確認するまでの3ヶ月間は、料金が発生しません。
料金は介護リフトの導入効果を納得してから支払うこととなります。
介護リフト導入前のレクチャー、導入後の定着にむけての動画コンテンツ等も提供し、Malpos Majorを使った腰痛リスクの変化の測定を1年に1度実施いたします。
また、契約台数内で使用場所に適した介護リフトの機種交換が可能です。このサービスで1ケアユニットに介護リフトを4台導入した場合の価格は月額120,000円(税別)となります。

ジャンル
商品・サービス
業界
その他
掲載日
2020年 11月 16日
タグ

月別掲載数

お知らせ