無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

中小企業でも在宅勤務は導入できる! 子ども英語教室SUNNY BUNNY、テレワーク制を導入。現在も社員の約半数は在宅勤務中。

サニーバニーランゲージエデュケーション株式会社のプレスリリース2020年 11月 12日

感染症拡大により緊急事態宣言が発令された際、子ども英語教室サニーバニーでは、オンラインレッスンへの切り替えを素早く決定し、社員は基本在宅勤務を行いました。

2020年の緊急事態宣言発令より前から、クラウドを使用し、スタッフの情報共有、業務を効率化を図っていたため、スムーズに在宅勤務へ移行することができました。また、緊急事態宣言の最中にもオンライン面接を行い、1度も対面することなく、社員を採用しました。

働き方の多様性や、在宅勤務の必要性が訴えられる中、中小企業でも在宅勤務を取り入れることができるということを示しました。
オンラインレッスン講師、事務担当員の一部は、現在も在宅勤務を続けています。
当校はこれからも、最良の英語教育を子どもたちに届けるという理念の元、時代に合った柔軟な働き方、レッスンの提供方法など模索していきます。

【SUNNY BUNNYバイリンガル育成スクールとは】
第二言語教育の研究を専門とする羽織愛が運営する英語教室。
インターナショナルスクールに通うことなく、公立小学校に通う子ども達をバイリンガルにすることに成功している。
子ども英語講師養成講座の受講合格者に就職先を紹介、オリジナルオンラインコンテンツを期間限定公開、感染症対策の為少人数でのイベント開催など、時代の動きに迅速に対応するスピーディーな運営手法を取る。
現在は東京都に2教室開講。2021年は新規教室を赤坂に出店予定。

ジャンル
経営情報
業界
教育・資格・人材
掲載日
2020年 11月 12日
タグ
在宅勤務 赤坂 英語教室 働き方改革 バイリンガル育児

月別掲載数

お知らせ