無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

ビジネスパーソンの新たな武器として注目の「行動経済学」を学べるオンライン講座! 「ビジネスにいかせる行動経済学」 ~認識と選択にかかわるヒトのクセを知る~

東京理科大学オープンカレッジのプレスリリース2020年 11月 09日

ビジネスパーソンの新たな武器として注目の「行動経済学」を学べるオンライン講座!
「ビジネスにいかせる行動経済学」
~認識と選択にかかわるヒトのクセを知る~

■日  時:2020年11月19日(木)~12月17日(木)
各回19:00~21:00 全3回
■実施形態:オンライン受講(Web会議サービス「Zoom」によるリアルタイム配信)

学校法人東京理科大学が主に社会人向けに行っている「東京理科大学オープンカレッジ」では、来たる11月19日(木)~12月17日(木)にオンラインにて、社会人を対象にしたオープン講座「ビジネスにいかせる行動経済学~認識と選択にかかわるヒトのクセを知る~」を開講。この参加者50名を募集いたします(受講料:10,000円)。

本講座では、3回にわたり、伝統経済学と行動経済学の前提の違いから始めて、合理性を前提とせずにヒトの「行動」に関わる状況の認識、評価、選択に関する諸相を記述する行動経済学のポイントを俯瞰します。
また、後半では、行動ファイナンスに関わるリスクと時間選好についても考察します。理論と実際の違いを日常の経験に照らしながら議論を行い、理解を深めていくことを目指します。

11/19(木) 伝統経済学から行動経済学  
• ヒトはHomo Economicusではない=伝統経済学が前提にする合理性や利己性への疑問
• ヒトはコンピューターではない=人間にある二つの認識・情報処理システム
• 脳の働きとの関係、ほか
12/3(木) 「認識」と「評価」について
•「 認識」におけるさまざまなバイアス:「少数の法則「」連想のワナ」など
•「 評価」に関連して、ユーリスティックス(heuristics)が招く判断のクセ、「過剰な自信」の裏側、ほか
12/17(木) 「評価」と「選択」について
• 不確実性下の選択、リスクに対する態度
• 伝統的な期待効用理論
• 行動経済学におけるプロスペクト理論、確率に対する主観的反応
• 時間に関する選択、ほか

■日  時: 2020年11月19日(木)~12月17日(木) 各回19:00~21:00 全3回
■講  師:岩永泰典 アムンディ・ジャパン株式会社 マネージング・ディレクター チーフ責任投資オフィサー
■実施形態:オンライン受講(Web会議サービス「Zoom」によるリアルタイム配信)
■締  切:2020年11月16日(月)
■募集人数:50名(定員になり次第締め切り)
■受 講 料:10,000円

【お申込方法】
Webサイトからのお申込み(本学オープンカレッジ事務局)
ホームページ https://www.tus.ac.jp/education/lifelong/ からお申込みください。

【講座に関するお問い合わせ先】
東京理科大学オープンカレッジ事務局 E-mail:manabi@admin.tus.ac.jp

ジャンル
イベント
業界
教育・資格・人材
掲載日
2020年 11月 09日
タグ
ビジネス 行動経済学 プロスペクト理論

月別掲載数

お知らせ