無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

英国王立ノーザン音楽大学主任教授による声楽オンライン公開レッスン(学校スタッフ説明会付き)

アンドビジョン株式会社のプレスリリース2020年 10月 22日

英国王立ノーザン音楽大学リン・ドーソン声楽・オペラ主任教授の声楽オンライン公開レッスン/2020年12月16日(水)学校スタッフ説明会付!
憧れのイギリス音楽留学を考えているなら、必見!イギリス音楽留学体験談、学校スタッフによる学校説明会、受験攻略のためのレッスン。本公開レッスンの参加者は、2021年2月の東京オーディション(受験)に参加可能です(2021年9月入学)
ヨーク生まれのイギリスを代表するソプラノ歌手リン・ドーソンは、いわゆる音楽家の家系に生まれ育った音楽エリートではない。その証拠にプロの歌手になる前の最初の仕事は、なんと通訳、翻訳家だった。しかし、歌を愛し、歌をあきらめなかった彼女はその後、ロンドンにあるギルドホール音楽院で声楽を学ぶ。すぐに歌手としての才能を開花させた彼女は、1986年、モーツァルト「フィガロの結婚」伯爵夫人役でオペラデビューを果たし、1997年9月、ダイアナ妃の葬儀で、BBCシンガーズとの共演でヴェルディのレクイエム「リベラ・メ」にソリストとして出演し、イギリスで最も人気で才能のあるソプラノ歌手としての地位を確立した。歌手として、世界中の主要な多くのオーケストラと共演し、特にダニエル・バレンボイム、フランツ・ブリュッゲン、マルク・ミンコフスキ、ズービン・メータ、ジョン・エリオット・ガーディナー、カルロ・マリア・ジュリーニなど第一級の指揮者と共演している。オペラの配役も非常に多く、モーツァルト「魔笛」夜の女王やパミーナ、「ドン・ジョヴァンニ」ドナ・エルヴィーラ、ロッシーニ「タンクレディ」アメナイーデ、ヴェルディ「椿姫」ヴィオレッタなど書き切れない。ザルツブルク音楽祭などの音楽祭や、パリ、ベルリン、アムステルダムなど多くのオペラハウスで公演し、また、バロック音楽への情熱や造詣も非常に深い。BBC、Chandos、ECM、Decca、Sony Classicsなど大手レーベルでは、80を越えるでCDをリリースし、世界中のファンに彼女の歌声を届けている。若手歌手の教育にも積極的で、2010年には、英国王立ノーザン音楽大学声楽・オペラ科の声楽部門主任教授に、そして、2017年には、声楽・オペラ科の主任教授となり、若手歌手育成部門のトップとして指導している。彼女の経歴から分かる通りオペラカンパニーへのコネクションも強く、音楽を、そして歌を本当にやりたいと思う若い歌手に積極的に手をさしのべる。はきはきとた優しいリン・ドーソン、そんな彼女に習ってイギリスでプロの歌手を目指してみないか。

■ オンライン公開レッスンの募集詳細 ■

【日程】2020年12月16日(水)17:00~19:00
【場所】アンドビジョン・インターナショナル・ミュージック・スクール(AIMS・東京/御茶ノ水)
    ※ご自宅などからもご参加可能です。
【曲目】自由曲
【定員】最大2名限定
※外国語が苦手な方も安心の通訳付き!
※カウンセラーによるカウンセリングも可能!
※聴講(オンライン)のみの参加もOK!
https://www.andvision.net/program/masterclass-japan/13014-lynne-dawson-vocal-opera-online-masterclass.html

ジャンル
イベント
業界
映画・音楽
掲載日
2020年 10月 22日
タグ
イギリス オンラインレッスン 公開レッスン 声楽 音楽留学

月別掲載数

お知らせ