無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

ドイツ・ミュンヘン音楽大学教授による声楽オンラインレッスン

アンドビジョン株式会社のプレスリリース2020年 10月 08日

宮廷歌手の称号を持つ、ドイツ・ミュンヘン音楽大学教授アンドレアス・シュミット先生の声楽オンライン公開レッスン/2020年11月28日(土)

ベルリン国立歌劇場、ロイヤル・オペラ・ハウス、メトロポリタン歌劇場など世界の主要オペラ歌劇場で活躍する教授に、オペラ・歌曲の神髄を学ぼう。

1960年にドイツのデュッセルドルフで生まれたバリトン歌手アンドレアス・シュミットは、彼の世代で最も重要で活躍しているドイツ人歌手の1人です。ピアノ、オルガン、指揮を学んだ後、声楽に転向した彼は、すぐに歌手としての頭角を現します。1983年「DeutscherMusikwettbewerb(ドイツ音楽コンクール)」入賞後、ドイツの主要歌劇場の一つ、ベルリン・ドイツ・オペラで歌手としてキャリアをスタート。
ベルリン・ドイツ・オペラやベルリン国立歌劇場で、グリエルモ(コジ・ファン・トゥッテ)、アルマヴィーヴァ(フィガロの結婚)、ドン・ジョヴァンニなど多くの主要キャストをこなしていきます。その歌声を求める声は、ドイツだけに止まらず、ロンドンのロイヤル・オペラ・ハウス、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場、ミラノ・スカラ座、オランダ国立歌劇場など、目の肥えた世界のオペラファンを魅了していきます。ドイツ歌曲の分野でもコンサート活動は多く、ピアニスト、ルドルフ・ヤンセンと主に活動する他、ウラディーミル・アシュケナージ、エレーナ・バシュキロワ、ダニエル・バレンボイム、イェルク・デムスなどそうそうたるピアニストとコンサートを行っています。録音にも積極的で、テレビやラジオ番組はもとより、ドイツ・グラモフォン、BMG、Deccaなど130枚以上のCDをリリース。彼の長年の功績を称え、1997年、ドイツ・ハンブルグから「宮廷歌手」の称号を授与されます。現在は、現役歌手としてザルツブルク音楽祭など国際的な音楽祭に定期的に出演する他、ドイツ・ミュンヘン音楽大学教授として、ソプラノ、テノール、バリトンと様々な声種の生徒を指導しています。また、オーストリア・モーツァルテウム音楽大学やフィンランド・シベリウス音楽院でも教鞭をとっています。

■ オンライン公開レッスンの募集詳細 ■

【日程】2020年11月28日(土) 17:00〜19:00
【場所】アンドビジョン・インターナショナル・ミュージック・スクール(AIMS・東京/御茶ノ水)
    ※ご自宅などからもご参加可能です。
【曲目】自由曲
【定員】最大2名限定
※外国語が苦手な方も安心の通訳付き!
※カウンセラーによるカウンセリングも可能!
※聴講(オンライン)のみの参加もOK!
https://www.andvision.net/program/masterclass-japan/12971-andreas-schmidt-vocal-online-masterclass.html

ジャンル
イベント
業界
映画・音楽
掲載日
2020年 10月 08日
タグ
ドイツ オンラインレッスン 公開レッスン 声楽 音楽留学

月別掲載数

お知らせ