無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

元青年海外協力隊の一級建築士が横型キッチン換気扇を提案開始 業界常識を打破「横から吸い込む」方式で臭いや汚れを大幅軽減

株式会社サンオリエントのプレスリリース2020年 10月 07日

 コンクリート住宅の開発・販売を行う株式会社サンオリエント(本社:岡山県岡山市中区、代表取締役:磯﨑慎一)は、従来の天井に取り付けるレンジフードではなく、「横から吸い込む」方式によるIH調理器専用キッチン換気扇「スリムハイキⅡ」(製造元:協立エアテック株式会社)の提案・販売・設置を、2020年10月より、本格的に開始いたしました。

「スリムハイキⅡ 」説明専用ページhttps://kankimaru.com/slimhaiki/

 現在、火を使わないから安全という理由で、 IH調理器を新築やリフォーム時に導入する家庭が増えています。そして、ガスコンロ用と同じ天井タイプのレンジフードを、IH調理器とセットで設置することが、住宅業界の1つの常識となっています。

 しかしIH調理器では、換気扇を天井部分に設置すると排気効率が非常に悪くなる現象が起こります。 その原因は、IH調理器は熱効率が高く、周囲の空気を余分に暖めないので、発生する上昇気流が、ガスコンロより大幅に弱くなるためです。

 一方、換気扇を「横から吸い込む」壁面に設置すると、鍋から出る湯気や油煙などが上昇・拡散する前に、横からスムーズに排出されるので、結果的にキッチンの臭いや油汚れが、大幅に軽減されるという利点があります。

 しかしこのことは、実際に換気の設置を行う住宅業界においては、ほとんど知られていません。

 サンオリエントにおいても、 従来は天井タイプのレンジフードを設置していましたが、数年前に取引先の設計事務所から、この説明を聞いて、 「横から吸い込む」 方式の、IH調理器専用キッチン換気扇「スリムハイキⅡ」を紹介されました。

 もともと、青年海外協力隊でミクロネシアやブータンで、競技場やプレハブ校舎建設の経験があり、革新的な発想を持っ磯﨑社長(一級建築士)は、「住宅業界の多くの不合理な常識を少しでも変たい。」と日頃から強く感じていました。

 そこで、サンオリエントでは、新築でしかも設置可能な場合は、この「スリムハイキⅡ」(機器本体価格のみ198,000円(税別))を積極的に提案して、今までに数件、販売・設置をしてきました。

 「スリムハイキⅡ」は、焼肉店の「無煙ロースター」と同じ様に、空気の流れを理論通りに横から効率よく排気する設計で、しかも設置後に頭上や前面に邪魔なものがなく、すっきりとした空間で調理が可能でした。また、掃除も簡単で、フィルターの交換もないなど、従来のレンジフードより多くのメリリットがありました。

 新築時の設置費用は、従来のレンジフードより5万円程度上がりますが、導入後のお客様の感想は「見事に横から湯気や煙が吸われていく」・「天井部分がスッキリとして気持ちがいい」・「掃除がとてもやりやすい」など、予想以上の高評価で、非常に満足頂くものでした。

 今回、 業界の常識を打破する「スリムハイキⅡ」を、本格的に提案・販売・設置することで、少しでも「住宅業界の不合理なこと」を変革して、より使いやすく家を実現していきたいと考えております。

当社ではマスコミの方の取材を随時お受けしております。是非一度お問い合わせ下さい。 

ジャンル
商品・サービス
業界
建設・住宅・空間デザイン
掲載日
2020年 10月 07日
タグ

月別掲載数

お知らせ