無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

CM制作に特化したリモートプレビューシステム

ENWA株式会社のプレスリリース2020年 09月 25日

ビデオ会議システム「Eyevision(アイビジョン)」の開発及び販売を手がけるENWA株式会社(本社;大阪府、代表取締役;岡田修https://www.enwa.tv TEL:06-4390-3522)は、この度2020年10月1日より、4K画質、ステレオ高音質対応の高品位リモート試写システム「CreatorVision(クリエイタービジョン)」の提供を開始いたしますのでご案内申し上げます。
一般回線を使用する動画共有機能を持ったWEB-TV会議システムで、一つのツールで編集機からのプレビュー画面を見ながら複数拠点の人とのコミュニケーションを実現するというシステムです。従来、編集室にて行っていたCMの試写会を4K画質及びFullHD画質、ステレオ音質のまま、遠隔地で試写会を行うことができるようになります。新型コロナウイルス感染予防の観点からもリモート試写は今後普及が望まれます。
なお、本製品は、幕張メッセで開催される第4回映像伝送EXPO(開催日: 2020年10月28日(水)~30日(金))のブースNO.66-31にて展示いたします。

●システム名:「CreatorVision Ver.2.0」 クラウドサービスによる提供
●料金:6拠点接続用会議室 月額8万円から
●販売開始:2020年10月1日
●販売目標:年間50セット

【背景】
弊社は2006年に映像伝送システム「EyeVision」を発表して、放送・医療・防災の3つの分野を中心に導入してまいりました。その経験を生かして2017年より最先端の技術を採用した映像伝送システムの開発に着手しており、高品質な「ライブ配信システム」「ライブ視聴システム」「TV会議システム」の基本システムを完成させておりました。
このような背景のなか、「CreatorVision」は、CMポストプロダクションの株式会社デジタルエッグからのセキュリティを担保しながらリアルタイムで高画質の映像が共有でき、かつ誰でも使えるようなシステムを作れないかという高い要求仕様のオファーを頂き、約2年の歳月を掛け完成させたものとなります。ポストプロダクション業界でのCM制作・番組制作及び撮影現場からの中継などの高い品質とセキュリティを要求される分野でのリモート試写システムとしての利用だけでなく、コロナ渦で急速に普及したテレワーク業務において多くの需要があるものと考えております。

【主な特長】
■編集機から直接SDIまたはHDMIで出力
低遅延で複数の拠点にて編集画面が共有でき、双方向の会話によるコミュニケーションが行えます。インターネットを通じ、海外のクライアントとも即座に利用できます。

■編集室との画質【1080p/30fps/6Mbps/遅延:600ms 程度】
編集室のクライアントモニターレベルの画質で、合成や肌などの質感・ディテールのチェックが可能です。

■Chromeブラウザで会議に参加、プレビューとTV会議を1ツールで実現
インターネット回線を利用し、お客様のPCにはプログラムのインストール不要。フレームなどの編集画面を共有し、コミュニケーションを1つのツールで実現。
Windows・Mac対応 / スマホ・タブレット端末対応予定。

■セキュリティを重視した管理設計
会議参加には、2重のパスワード認証と主催者からの入室許可が必要で万全のセキュリティを確保。TV会議で参加者を確認できるので、なりすまし参加があった場合、即座に会議を中断可能です。基本データは、SSL/TLS、TV会議映像・音声は、WebRTC、プレビューの映像・音声はWSS通信を採用。

ジャンル
商品・サービス
業界
IT・通信[エンタープライズ]
掲載日
2020年 09月 25日
タグ
テレワーク 映像制作 リモートプレビューシステム 4K画像 ポストプロダクション

月別掲載数

お知らせ